mixiユーザー(id:7049076)

2014年04月30日14:31

64 view

はい、毎度おなじみステマ記事でございます。

 どう見てもフレンチトーストじゃないし。甘味液たっぷりかけフルーツで飾りたてた准ケーキだろ。多量の甘味液の味に支配され、ベースとなる『フレンチトースト』の味など、すっ飛んでるはず〔笑。
 それにしても、1800円は高いよな。アホなかっぺが騙される類のもの。これで、ゲロマズだったら、暴動もんだぜ。
 
 ステマ記事を書いている記者も、渋谷知らずのかっぺかと。
目的地があるのは、『公園通り』かなり登ったところ。渋谷駅JRハチ公口からなら距離500mだけれど、雑踏で歩行スピードが出せないので、とても7分でたどりつけるところではない。
他の路線だと、これにさらに数分〜十数分が加算されるんだけれどね。

 確かに、西武の先だが、『西武のすぐ先の三叉路を左に曲がらないと永遠にたどりつけ無いのだが。「公園通り、パルコの先、ファミマの手前」と書くべきでございましょ(爆笑。
言葉の意味を理解せずに、かっこよさげに羅列した駄文。誰でもライターになれる時代のなせる技。sanctuary(サンクチュアリ)もきっと雰囲気で理解しているんでしょうね、あはは。

 それにしても、毎年、この時期はお上りさんで渋谷はいっぱい。大した街じゃないんですけどね。ウロウロきょろきょろが多くて、日毎大混雑です。5月になれば、少しは落ち着くでしょう。
 
 で、超長期大改造進行中の渋谷駅は、巨大立体迷路なんですが、迷って文句ぶ〜たらの方々がたくさん。「なによこれ、道がわかんない」なんて喚くなら、こなきゃいいのに。
 この立体迷路、体でおぼえるしかありません。スマホの画面じゃ絶対に把握は困難でございます。



------リンク元記事:えん食べ - 2014年04月29日
オープンから1週間!サクふわフレンチトーストの行列店「Ivorish 渋谷店」は何分待ち?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=143&from=diary&id=2863496

福岡からやって来た行列のできるフレンチトースト店「Ivorish(アイボリッシュ)」が、4月20日、東京・渋谷に上陸しました!オープンから1週間が経ちましたが、未だにお客さんの列が絶えないというウワサ。

いったい何分並べば、あの魅惑のあつあつフレンチトーストが食べられるの?ということで、筆者もお店に行ってみました!

Ivorish 渋谷店があるのは、渋谷駅から西武方面へ歩いて7分ほどのところ。パルコを通り過ぎ、ファミリーマート手前の建物の地下にありますので見過ごさないよう。

かなりの行列を覚悟していた筆者は、入り口手前で拍子抜け!あれ?全然並んでない...ラッキー!と、階段を下りていくと…

いました行列。女性同士やカップルのみなさんがズラリと並んでいらっしゃいました。その数、ざっと20人ほど。お店が地下にあるのも、まるで階段に沿って並ぶこの長い行列を想定していたかのよう。

そりゃそうですよね…並びますよね。というわけで筆者もおとなしく最後尾に。果たして何分で中に入れるでしょうか?計測開始です!

このために朝食を抜いてきたわたくし(筆者)。立ったり座ったり壁にもたれたりしながらひたすら心を無にして待っていると、ついに店内へと案内されました!

さて、席についた時間はというと…なんと15時40分!つまり待ち時間は68分でした。ランチタイムを外したにもかかわらず1時間以上も並ぶとは…恐るべし、Ivorish!

筆者の目当てはもちろん、同店オリジナルのフレンチトースト。本当はエッグベネディクトも食べたかったのですが、ひとりだったためカロリーの都合上、今回はフレンチトーストに集中することにしました。

渋谷店限定の「クリスピー ブルーベリー」など6種のラインナップから、店員さんもオススメという初夏にぴったりな「エキゾチック」のレギュラーサイズ(1,800円)をオーダー!...正直、エキゾチックっていう響きに惹かれて選びましたけどね。

店内の写真をぱちぱち撮りつつ待つこと10分、ついにフレンチトーストが運ばれてきました!ここまで長い道のりだった…!

パンの耳にココナッツをまぶしてカリッと焼き上げられたフレンチトーストに、マンゴーとパッションフルーツのソースがたっぷりとかけられ、アップルマンゴー、パイナップル、レッドグローブ(ぶどう)がこんもりと、それはもうこんもりと盛られています。

ナイフを入れてみると、パンがふわふわながらも意外にしっかりとした生地であることがわかります!パンの味わいが、卵に負けていないのです。ひとくち食べれば、こんがりと香ばしい甘さがお口の中を完全占拠!バターの風味もリッチで、程よい塩気が甘さを引き立てています。

よく見ると、フレンチトーストは1枚ではなく2枚のパンを重ねて、あいだにクリームをサンドして焼き上げられていました!これは、クリームチーズ??

トロピカルフルーツといっしょに味わえば、濃厚な卵とバターの旨みとジューシーな果実の甘みが重なって…ここは誰からも侵されることのないサンクチュアリ…!(つまりめっちゃおいしいってことです)

ちなみに、プレートには生クリームとミルクアイスが添えられています。クリームをのせればコクがプラスされ、さっぱりとしたアイスをのせれば、ほかほか×ひんやりのマジカル食感も楽しめます。

待ち時間は決して短くありませんが、並んでも一食の価値あり!なフレンチトーストでした。“Ivory”(フレンチトースト色のアイボリー)と “Cherish”(愛する)の2語を掛け合わせたという店名のとおり、フレンチトーストへの愛情がたっぷりと感じられるお味、とっても美味しゅうございました!
----------------------------

 

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年04月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930