ホーム > mixiユーザー(id:7021890) > mixiユーザーの日記一覧 > 【日記】 吉田茂首相 防衛大学校の第一回卒業式での訓示

mixiユーザー(id:7021890)

2015年03月24日22:05

72 view

【日記】 吉田茂首相 防衛大学校の第一回卒業式での訓示


防大の卒業式だぁ〜?

・・・・・入りたかったな、もう四半世紀前だけどさ・・・・・昔、第二志望だったんだぁ〜

うちの大学のさぁ〜うちの学科の同期ってさ、腕試しで結構受かった奴多いんだよね

蹴った奴ら、お前ら、なんでここにいるの?

オイラは落ちてここにいるのによっ・・・・・orz

ちな、第一志望は、航空保安大学校の航空管制でしたwwwww



 昭和32年(1957年)3月26日に挙行された防衛大学校の第一回卒業式での訓示


「君たちは自衛隊在職中決して国民から感謝されたり、

歓迎されたりすることなく自衛隊を終わるかも知れない。

非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。ご苦労なことだと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎される事態とは、

外国から攻撃されて国家存亡のときとか、災害派遣のときとか、

国民が困窮し国家が混乱に直面しているときだけなのだ。

言葉を換えれば、君たちが日陰者であるときのほうが、国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。自衛隊の将来は君たちの双肩にかかっている。

しっかり頼むよ」












■安倍首相「不戦のために行動を」 防衛大学卒業式
(朝日新聞デジタル - 03月22日 20:51)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3332716
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年03月25日 09:52
    この訓示はどこかで聞いた気がします。
    ウスぼんやりな記憶ですけど。

    吉田茂の言葉でしたか。

    練りに練った言葉なのか、吉田茂の普段からの考えなのか。
    本質を言い表した素晴らしい訓示ですよね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する