mixiユーザー(id:689360)

2021年02月24日19:33

23 view

「父 渋沢栄一」 渋沢秀雄著

渋沢栄一の子供が、父親のことを書いた伝記本を読みました。
さすがに栄一の活躍ぶりの資料も良く残っていたようです。渋沢家に残った資料を調べて伝記本を書いています。
この本は、非常に面白かった。

ところどころの思い出話 が実際の家庭にいなければ書けないエピソードです。
秀雄が書いた本が出版されたのが1959年。
それを再編集された文庫本になっています。
読み応えがあります。
渋沢栄一氏が書いた文章は、若干の引用程度ですが、現代語と違い読むのも非常に骨が折れます。

ところで、先に読んだ本。
玄孫がまとめた100の訓言から。
自分には、力不足で全然できなかったこと。やらなかったこと。
を抜き出してみました。人間の器が違い過ぎますが・・・

1,信用は信念から生まれる。
 私の現実では、借入は担保力などで評価される。自分が全面的に信頼される。との自信も無かった故、無理はしなかった。

2,人は理想を持たねばならぬ。
 少々の目標はあったが、理想と言うには・・・おこがましい(笑)。

3,やれるところまでとことんやれ。しかし悔やむな。
 とことんやったか? 自問自答。結果的にほどほどの結果。
これが人生の幸せかもしれません。

4,目的通りにいかないときは勇気を持って耐えよう。
 大きい目的にチャレンジする怖さがあった気がする。

5,弱者の自立をうながすような救済策が必要だ。
 自分の身の回りの範囲で助けることはあっても、全体の救済策までは考えが広がっていない。

6,多くの人に多くの幸福を与えよう。
 これも自分の身の回りだけがせいぜいでした。

こういうことに少しでもチャレンジしていたら、私ももっと大きくなれたかもしれません(笑)。
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

最近の日記