mixiユーザー(id:6864704)

2020年01月21日22:41

104 view

ボーカロイドについて思ったこと

今回は、ボーカロイドについて思ったことを書こうと思います。

2016年に発売された音街ウナですが、これは本当に遅れて来たボーカロイド
だなと思いました。音街ウナと言えば、オンリーイベントが開催されるなど
そこそこ人気はありますが、もう少し早くに出ていれば、せめて2010年あたり、
歌手音ピコや可愛ユキあたりが出てきたあたりに出ていれば、GUMIには負ける
だろうけどもっと人気のあるボーカロイドになっていたのではないだろうか。
そんな気がします。なので、その点が惜しまれるかなと思います。
キャラは好きですけどね。

ボーカロイドの同人誌についてですが、色々なものが出ていますが、
鏡音レンがKAITOに当たり散らしているものもあれば、ちょっかいを出すKAITO
がうざいと感じで当たり散らしている鏡音レンもあればで、さらに鏡音リンが
鏡音レンをいじめているものもあればと、色々なものがあるのですが、
僕としては、やはりボーカロイド同士仲良くしてもらいたいというのが正直な
気持ちです。やはりそれが見ていて一番良いですかね。もちろんそのような
本もありますし、KAITOがリンやレンを引っ張っていっているような感じの
内容のものもありますので、こういう本に出会えると嬉しいかなという
思いです。もちろん、表現するものは自由なので、そこは人それぞれ
なのですがね。もちろん、僕にも僕なりのイメージするボーカロイド像が
あったりします。

あと、独自に考えられたボーカロイドの亜種だったり、色々な衣装の派生
だったりボーカロイドも色々と考えられて、そのあたりは面白かったですし、
その点でも可能性はあるものなのかなという思いです。僕は、コスプレでは、
亜種も派生もやりませんでしたが。こうやって、これからもボーカロイドが
発展していってもらえればと思います。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する