mixiユーザー(id:6829918)

2021年01月09日18:17

40 view

峠の釜めし

木曜の仕事帰り、乗り換え駅の臨時店舗で販売していました。
「峠の釜めし、食べたい?」主人にLINE。
少し探し物をして戻ると、もう売り切れみたい。
電車に乗ってから「食べたい! もう間に合わないよね?」 うん(笑)

金曜の仕事帰り、同じ場所でまた販売していました。
帰宅ラッシュ時間なので、先に買いました。
益子焼の釜が重いだろうな・・・と思ったら、和紙風合いの器!

釜なら温めるの無理かな、なんて前日話してました。
でも、説明してくれて、温め方も書いてあります。
漬物と杏子と紅生姜を取り出して、600wレンチン2分。
果たして! ほかほかの釜めし♪ いただきます!

創業明治18年、おぎのや。
信越本線横川駅で買ったことは、たぶんないかも。
今まで買ったのはすべて、横川サービスエリア。

横川SAもだいぶ変わったなあ。新しくきれいになって。
釜を持ち帰っても結局使わなかったりするけど、旅情たっぷりで。
釜めしのぬいぐるみも見たことあります。

久しぶりで、すごくおいしかったです。
さまざまな具も、ご飯も、漬物も。どこか懐かしく、ほっとします。
サラダとお吸い物を作って、お腹いっぱいになりました♪
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 13:53
    和紙の入れ物の釜飯!
    軽くてお持ち帰りも苦にならないので、都会で販売するのにはとっても良いアイデアですね。
    バスツアーのスキーの帰り道、国道沿いのドライブインで買ったなぁ。
    最近は近所のスーパーにも来ることがあり、おぎのやさんも頑張っているんだなぁと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月17日 19:05
    > mixiユーザー 
    パット見、発砲スチロールのようなんですが、サトウキビの粉を入れた紙製容器だそうです。なんといってもレンチンしやすいのが魅力! 冷めていてもおいしいだろうけど、やっぱり少し温めたくて♪

    JR柏駅はよく全国で有名な駅弁を販売するんです。今回のおぎのやさんは意外と長い期間いたので、次の日行ったらなかった〜ということなく買えました。ちなみに牛飯も売ってました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する