mixiユーザー(id:6829918)

2020年12月16日23:20

41 view

250年

今日はベートーベンの誕生日。生誕250年です。
記念YEARなので、さまざまなコンサートや催しが企画済みだったはず。
でも新型コロナで多くが中止に。
この時期恒例の第九も、飛沫の最たる合唱付き。
合唱専用のマスクとか、アラブの人みたいに布を垂らしたマスクとか。
工夫して決行?するケースもあるようですが。
去年、魂がゆさぶられるほど感動した2台ピアノの第九も、早々中止を発表。
これは本当に残念でした。
今日は「ピアノを弾きたい」と、ずっと思っていました。
気付けば1カ月弾いていない。電子ピアノは弾いているけど。
ベートーベンを弾きたい。何がいいかな。
ずっと弾いていないと、弾くのに躊躇します。
どれだけ指が動かないか、想定内だし、驚きません。
まっすぐ帰ってきたのに、弾ける時間が少しあるのに、やっぱり躊躇しました。
でも、今日は弾こうと決めたから。
エリーゼのために? エコセーズ? さらばピアノよ?
小品もよいけれど、やっぱりソナタかな。
29と32以外は仕上げたけど、ベートーベンソナタのピークは20年前。
そのころは集中してソナタに取り組んでいました。
奥が深いので、ここ数年また、1番から勉強し直しているところ。
今は15番「田園」だけど、今日はその気分ではありません。
とっかかりはスムーズにいきたい。20番を弾いてみました。
ソナチネアルバムにも出ている、小学生でも弾ける小品のようなソナタ。
でも無駄なく実によくまとまっていて、さすがとしかいいようがありません。
20番でも、指が滑るというか、なんだか覚束ない。
次に何を弾こうか考えながら、指を動かしていました。
17番「テンペスト」 21番「ワルトシュタイン」 26番「告別」あたり?
でも結局、23番「熱情」にしました。
いわゆる普通のテンポよりずっと遅く、たどたどしく、不器用に。
初見でひろっていく時より、ひどいかも。それでも音の再現にほっとする。
あと1週間で合唱本番です。なんとか今年も機会をいただけました。
それが終わったら、またピアノを弾く習慣を取り戻したい。
別に困難ではありません。自然な生活に戻すだけ。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する