mixiユーザー(id:6805487)

2020年06月07日07:54

20 view

無縁俳句墓地群 第二句

俳句界ではこのところ,コロナ詠がウイルス並みに蔓延している.

素材としては,不自由な卒業式,リモートワーク,見る人のない桜,
マスク関連(これが多いのはマスクが冬の季語ゆえ),手指消毒,などなど.
大いに辟易していたところに,今月号は主宰の巻頭15句のうち14句がコロナ詠…….

日曜日の早朝,例によって何気なくEテレを見ていたら,
辺見庸がコロナ禍について喋っていた.
「NHKがこんなの流して大丈夫かよ,ディレクター飛ばされるぞ」的な内容.
アーカイブでの視聴を強くお勧めしたい.

「コロナ禍にマスク美人の憚りぬ」

コロナより「美人」重視の句ではあるが,こういうのは埋葬すべき.
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する