mixiユーザー(id:68043480)

2022年05月13日21:03

165 view

指のにおい

小学校六年時に一部の男子間で指浣腸遊びが流行りました。何人もの女子が不快な思いをしたため、クラス委員長だった私はクラス会で「品性が疑われるような幼稚な遊びはどうか慎んでください」と事務的な口調で釘を刺しました。教室内はシンと静まり返り、私の発言は十分効果があったと思ったのですが…
その日の昼休みに教室の隅で立ち話をしていた私は隙だらけだったに違いありません。スカート越しに恥ずかしい箇所を二本指に急襲され、思わず「あひんっ」と滑稽な悲鳴を上げてしまいました。無遠慮な指はそのままグイグイと奥まで穿つ勢いで、私は「やめてっ」と口にしましたが、初めて味わう刺激は決して不快なものではありませんでした。それどころか言葉とは裏腹に括約筋と尻たぶが相手の二本指をギュゥッと食い締めていたのです。
「指、抜けねー!委員長、慎んでくださいとか言いながら感じてんじゃん!」
聞き覚えのある声は私が常日頃から軽蔑している角田くんでした。
私は我に返り、お尻を振り立てるようにして指から逃れましたが、ショーツは少し濡れてしまいました。
悔しい
成績一番でクラス委員長の私が、こともあろうに落ちこぼれの角田くんの悪ふざけで濡れるなんて
角田くんは私のアナルから引き抜いたばかりの右手人差し指と左手人差し指を鼻の穴に近づけるとクンクン音をたてて嗅ぎ、「くっせー!委員長のケツの穴、まじ、くっせー!」と大袈裟に喚きました。男子一同から歓声が上がり、私は「いやらしい!いやらしいこと言わないで!」と抗議しましたが、あそこはさらに濡れてしまいました。
「委員長、今朝うんこしたろ」
「してません!」
誰かが調子に乗って「美人の委員長でもうんこするんだ!絶対ぶっというんこしてそう」と口を挟み、角田くんは再び二本指のにおいを嗅ぐと、「委員長、うんこしたあとよく拭いてないだろ。それに昨日の夜何食ったんだよ。こんなに臭いにおい、俺、嗅いだことないぜ」と意地悪く呟きました。
「だめー!そんなこと言ったら、だめなんだから!」
ふいに腰がガクンガクンと前後に揺れ、股間から生温かいものが噴き出しました。生まれて初めて被虐の中で果てることを覚えた瞬間でした。
「だめぇー!だめぇー!」
同じ言葉をうわ言のように繰り返しながら、私は度を超えた妖美な感覚の余韻に鼻水まで垂らして咽び泣きました。
端からは私がひどく傷ついて泣いているように見えたのでしょう、見かねた一部の男子が角田くんを非難し、彼もばつが悪そうに「ごめんね」と言って引き下がりました。
そのあと女子たちが一斉に私を取り囲み、「大丈夫?あやちゃん、大丈夫?」と言葉をかけてくれました。中にはポケットティッシュを取り出して鼻水を拭ってくれる子までいました。その私の姿をつい一時間前の誇り高い私が見たら、あまりの屈辱に卒倒したかもしれません。

三十過ぎてもあの時のことを思い出すと、前と後ろの穴が熱くなります。
夜毎自分の指で自分の尻穴を穿ち、その指を鼻に近づけて、角田くんが嗅いだ神秘のにおいを堪能しています。

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

2022年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月