ホーム > mixiユーザー(id:6791256) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:6791256)

日記一覧

全然知らない作家だったので2008年に国立西洋美術館で行われた「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展を見逃した。見に行ったマイミクさんたちはみな口を揃えて「すごく良かった」と言ってたっけ。その後「ピアノを弾く妻イーダのいる室内1910年」

続きを読む

田舎に行くときは食堂があるかどうかもわからない。そういう時にお世話になったセブンイレブンやファミリーマート。日本のようなおにぎりやサンドイッチがあるけど微妙に台湾味。台北の朝ご飯は老蔡水煎包の肉包が定番。店が増えていた。釈迦頭、結局2個食べ

続きを読む

ホテルの近くにあった台東の名店「林臭豆腐」の臭豆腐。カリッとしてほとんど臭くない。この店はすべてセルフ。いつも大賑わい。ホテル近くの羊料理専門店。青菜と羊にく炒め、ナントカ(名前忘れた)羊肉。羊の骨の髄の炒め物台東市中央市場の食堂の豚足麺。

続きを読む

華西街観光夜市。台東観光夜市 焼き牡蠣がおいしかった。臭豆腐もクセが少なく食べやすい。南機場夜市、「来来水餃子店」の水餃子、酸辣湯、小皿も多彩。

続きを読む

朝ご飯に行ったついでに果物屋で釈迦頭買う。日本ではなかなか食べられないからいまのうち。宜蘭より高くて70元。今すぐ食べられるモノを店員に選んでもらう。今日の天候は雨時々曇り。見晴らしが悪いので猫空をやめて動物園に行くことにする。そうだ!パンダ

続きを読む

チェックアウトは12時だと言うことなので時間まで宜蘭の街を散策。街の中央に台湾最古、日本統治時代に立てられた宜蘭酒造がある。そのころ宜蘭の治水に貢献した西郷菊次郎さんも関係していたのかもしれないなぁ。場内はちょっとした展示場とお土産屋さんがあ

続きを読む

朝が早いのでセブンのサンドイッチと味付け卵購入。ホテルで呼んでもらったタクシーで台東駅へ(220元くらい)。7時53分のプユマ号でに宜蘭向かう。10時42分着。観光案内でマップをもらい歩いてホテルへ。大きな果物店が1階にあるビルの7階にあった。ロビー

続きを読む

朝ご飯を食べに近くの中央市場に行ってみる。市場の中の肉屋がどこも凄惨というか血まみれというかスプラッタというか・・・さすが肉を食ってきた民族。丸ごとの心臓、肝臓・・・の束がつり下げられ、豚足は足の付け根から切り取られたモノが積み重なっている

続きを読む

朝6時くらいに朝ご飯を買いに出かける。あちこちブラブラしてから老蔡水煎包で肉包と韮包、ともに15元と温かい豆乳、隣の店で葱爪餅、セブンイレブンでヨーグルトを買って部屋でいただく。朝8時48分発のプユマ号は30分遅れの出発。途中花蓮駅で予約していた弁

続きを読む

羽田10時35分発のエバー航空で台北松山空港に13時30分着。MRT(地下鉄)で台北駅。徒歩10分でホテル着。ホテルに荷物を置いてとりあえず龍山寺へ。龍山寺駅に到着したら福州元祖胡椒餅 に寄って胡椒持ちを予約。20分後だと言われる。1個50元。予約の番号カー

続きを読む

去年の11月、桐生の大川美術館で「松本竣介 街歩きの時間」展を見た。なんとなく頭に残っているとき日曜美術館のアートシーンをボーッと見ていたら神奈川県立近代美術館 鎌倉別館がリニューアルオープンしていて松本 竣介の「立てる像」を展示しているとい

続きを読む

1月国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展  Bunkamuraザ・ミュージアム国宝 雪松図屏風と動物アート  三井記念美術館終わりのむこうへ : 廃墟の美術史  渋谷区立松濤美術館明治150年記念 日本を変えた千の技術博 国立科学博物館「

続きを読む

江戸博訪問は年内最終開館日。これで今年の美術館博物館訪問も終わり。同じような人が多いのかけっこうな混み具合。入場してすぐの作品はなかなか近くに寄れない。大浮世絵展ってたしか2014年の1月に開催されていた。あの時は浮世絵の成り立ちや展開などの展

続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生メリー・ポピンズ リターンズファースト・マン女王陛下のお気に入りグリーンブックふたりの女王 メアリーとエリザベス翔んで埼玉ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえダンボアベンジャーズ/エンドゲー

続きを読む

この美術展、正しくは「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念 ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」と長い。映画「グランド・ブタペスト・ホテル」に感動してハンガリ

続きを読む

何年か前に山形の天童を旅行したときに山形美術館に寄り吉野石膏のコレクションの素晴らしさに仰天したことがある。そういえばいろいろな番組の宣伝で見かけるタイガーボード、恐るべし・・・。その山形に行けないと見られなかった吉野石膏コレクションが70点

続きを読む

鏑木清方(1878-1972)。近代美術館は今年6月に三部作「築地明石町」、「新富町」、「浜町河岸」を新所蔵。その値段、5億4千万円。すごっ・・・でもこれが高いのか安いのか??バスキアの絵が123億円だったし・・・。今回は常設展示に「墨田河舟遊」もあり

続きを読む

最近廃墟や遺跡にハマっている。図書館で関連本を調べると一昔前からブームだったよう。世界各国、国内、秘境・・・様々な写真集が出ている。そういえば「カメトメ」もどこかの廃墟で撮影してたっけ。その中で東京近郊、手軽に行けそうな廃墟の宝庫、足尾鉱山

続きを読む

初めて桐生に来た。東京から日帰りで行ける距離なのに今まで全く縁がなかった。駅の観光案内に行くと自転車を無料で貸してくれるという。自転車に乗るのは10年ぶり。やっぱり歩くよりずっと行動範囲が広がるし便利。絹織物で栄えた桐生にはのこぎり屋根の工場

続きを読む

誰が見ても、どの部屋に飾っても明るく楽しい気分にしてくれる絵・・・デュフィはそんなイメージ。あのセンス抜群の色彩感覚、あっさりとした描き込まない画風の謎が解けたような気がした。第1章で彼の明るく幸せな絵を堪能した後はテキスタイル・デザイナー

続きを読む

齋藤芽生さん!?誰?・・・全くノーマークだったけど複数のマイミクさんが絶賛しているので行ってみた。久しぶりに目黒駅近くの「とんかつかつ壱」に行きたいとツレが言う。昨日の血液検査でLDLコレストロールの数値が高かったのが気になるけど・・・ま、い

続きを読む

遙か昔、何千年も前に生きていた人々が目の前にあることの不思議さ。43体のミイラ。形があると生きているときのことを想像してしまう。この人たちはどんな生活をしてどんな思いで死んでいったのだろうとか。でもその反面、科学的な目でも見ている自分がいる。

続きを読む

黄瀬戸・瀬戸黒というけど瀬戸焼きじゃなくて美濃焼き。焼き物関係は苦手だけどサントリー美術館で岐阜の陶芸が取り上げられているので行ってみた。岐阜県美濃地方といっても広い。西濃、中濃、東濃に分かれ、とくに愛知県に近い東濃地区は陶芸が盛ん。あたし

続きを読む

Jean-Michel Basquiat(1960年12月22日 - 1988年8月12日)前々から気になっていた展示会。混んでいるというので平日朝イチに行ってみる。チケット売り場で数人の列に並ぶ。中もさほど混雑していない。入場すると無料で音声ガイドを貸してくれる。音声ガイドは

続きを読む

5年ほど前に旅行したウィーンでは今だシシー(エリザベト)が超人気アイドル。土産物屋ではシシーの肖像画がパッケージに印刷されたお菓子が山積み。有名な肖像画でシシーが身につけているアクセサリーのイミテーション・・・(思わず買ってしまったが、いま

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。