mixiユーザー(id:6785066)

2021年06月18日07:49

4 view

18960318 NO4745 平壌・中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求

18960318 NO4745 平壌・中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求
한국사데이터베이스 (history.go.kr)
011_0010_0250 駐韓日本公使館記録 11巻 一. 外部往来 (25) [平壌 中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求]
文書題目 (25) [平壌 中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求]
文書番号
発信日 建陽元年三月十八日 ( 1896年 03月 18日 )
発信者 李完用
受信者

(25) [平壌 中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求]
逕啓者卽據我平壌府中和郡居尹斗炳訴稱内小的甲午八月埋置葉銭十五萬兩擧家入山自日本兵站知得該銭埋處遣兵輸去補用軍需該日本人甲耄実旋寫成信票作為後據出給該里頭民転給小的於乙未十一月小的持票往推該銭於甲耄実旋該人稱此銭係是軍需公用業経転達我政府仍請償還現自我政府移飭駐漢公使館使卽償羆庄硝小的卽往控訴日本公使館該公館要有外部確據認眞協弁等語玆庸仰訴伏乞諒此事状照会日館俾得推索實為便等情據此査貴軍隊票文的確理應還償外邑殘民緣此多日滯留情實怜憫玆將該票據一紙備文奉佈務望貴公使査照將該款十五萬兩迅卽擲還以便転給盼切禱切耑此順頌
台祉
三月十八日
李完用 頓




〈*私訳〉
(25) [平壌府中和郡に住む尹斗炳が埋めておいた金の返還要求]
先ず申し上げます。わが平壌(ピョンヤン)府中和(チュンファ)郡に住む尹斗炳(ユンドゥピョン)が訴えていることは、「私が甲午(一八九四)年八月に葉銭(ヨプチョン) 十五万両を埋めておき一族の全ての家族が山へ入ったのだが、その後日本兵站でその葉銭埋蔵地に気付いて兵士たちを送り軍需用として入手し、その日本人・甲斐亮太がその信票を作成し後日の証拠としておき、その村(マウル)の頭民に渡し本人(*私)に伝達しました。 乙未(一八九五)年 十一月に本人(*私)がこの票をもって金を取り返すために甲斐亮太のもとに行ったのだが、彼が言うには、『この金は、軍需公用に使用した(*二字推定)関係で既に日本政府にこの事実を伝達し償還してくれるよう要請し、現在日本政府が駐韓日本公使館に訓令したので即時召喚し清算されるだろう』と述べました。また本人(*私)は直ちに日本公使館へ行って訴えたのだが、公使館では要するに外部(*朝鮮の政府機関)で確実な証拠になるように事実として認定できる適切な措置がなければならないと述べました。身を伏せて謹んでお願いするのだが、このような事情を注意深くお調べ頂き、日本公使館に照会されこの金を取り戻すのに徳を施して頂くことを願います」という内容でした。
これを根拠にして調査してみたが、貴軍隊の信標と文件に間違いはなく(*七字推量)、同じくその地方に残っている人民たちがこの事実を知り何日も滞在して訴えているのでありこれをかわいそうに思ってもらいたい。ここにその信標と文件を整えお送りするので、願わくは貴公使におかれてはこの金十五万両を直ちに返還してもらうように伝達するよう切にお願いしここに照会します。
台祉
三月 十八日
李完用(イワニョン) 頓



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年06月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930