ホーム > mixiユーザー(id:6785066) > mixiユーザーの日記一覧 > 18950710 NO3124  朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報  3

mixiユーザー(id:6785066)

2019年10月22日09:50

5 view

18950710 NO3124  朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報  3

18950710 NO3124  朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報  3
http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&pre_page=1&setId=-1&prevPage=0&prevLimit=&itemId=jh&types=o&synonym=off&chinessChar=on&brokerPagingInfo=&levelId=jh_007_0020_1360_0030&position=-1
駐韓日本公使館記録 7巻五. 機密通常和文電報往復 一•二 第1冊 (136) [朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報] 3) [朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報] 3
文書題目 3) [朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報] 3
文書番号
発信日 同 十日午前六時 発 ( 1895年 07月 10日 )
発信者 代理公使 杉村
受信者 外務大臣代理 西園寺 (*「明治28年に親友の陸奥宗光外相が病気のため、外務大臣臨時代理をつとめ、乙未事変=閔妃殺戮事件などの朝鮮半島問題への対応に当たった」)

3) [朴泳孝事件収拾策についての指示とこれに関する回報] 3
同 十日午前六時 発
----------------------------------------------------------------------杉村 代理公使
西園寺 外務大臣代理(*宛)

朴泳孝(パギョンヒョ)隱謀発覚事件についてその後の探偵調査によれば、兪吉濬(ユギルチュン)はその事を予知し、密書を金弘集の許に飛ばし二三の同志と計画を立て、沈相癲淵轡爛汽鵐侫鵝砲忘粥耕數燭良談書を国王に差し上げさせ、ついに金弘集を呼び入れて処分を担当させられた事と信じられている。兪吉濬の前後の挙動について考えると彼等の計画に間違いないようだ。
○本月八日私は御機嫌伺いのため参内し、また金弘集を尋ねた。同氏は再勤の意志はあるようだが、朴定陽(パクチョンヤン)は依然として出勤し、国王にも急にこれを代えることは好んでおられないようだ。
同日王妃より閔氏で地方にいるものを呼び寄せられ、また昨九日の御前会議において国王より「今後勅任官は朕一人の随意で任免する」と御沙汰があったのだが、魚允中の外には一人も抗議するものもなく「謹んで御受けした」と言っており将来の事が甚だ心配される。
昨日鄭秉夏(チョンビョンハ)、安駉壽(アンギョンス)が来訪し、この際井上公使が早く帰任されないときは再び昨年以前の状態に復するだろう、といって深く恐れを懐いていた。






0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する