ホーム > mixiユーザー(id:6785066) > mixiユーザーの日記一覧 > 18951201  NO2710  王后閔氏 変乱中の昇遐(*死去)の件

mixiユーザー(id:6785066)

2019年01月12日10:40

22 view

18951201  NO2710  王后閔氏 変乱中の昇遐(*死去)の件

18951201  NO2710  王后閔氏 変乱中の昇遐(*死去)の件
http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&pre_page=1&setId=-1&prevPage=0&prevLimit=&itemId=jh&types=o&synonym=off&chinessChar=on&brokerPagingInfo=&levelId=jh_006_0030_0070&position=-1
駐韓日本公使館記録 6巻   参. 全羅民擾報告•宮闕内騒擾の件 参<第1巻 第3章の 後半部    (7) [王后閔氏 変乱中 昇遐(*死去)の件]

文書題目 (7) [王后閔氏 変乱中 昇遐(*死去)の件]
文書番号 照会第三十号
発信日 開国五百四年十月十五日 ( 1895年 12月 01日 )
発信者 外部之印 (*朝鮮政府外部)
受信者 大日本弁理公使 小村

(7) [王后閔氏 変乱中 昇遐(*死去)の件]
照会第三十号
大朝鮮外部大臣金為照会 事 照得現 由宮内府 奉有 我大君主陛下勅旨 向者 変乱之際不知王后所在 已経数月 今始探得 於当日 崩逝的確有拠 玆定以本年八月二十日卯時 王后昇遐于景福宮之坤寧閤頒布中 外欽 此企望之余 哀音 遽下臣民之情 普切罔極諒
貴公使体友睦之誼亦為同戚也為此備文照会請煩
貴公使査照可也須至照会者
右照会
開国五百四年十月十五日( *1895年 12月 01日 )
外部之印
大日本弁理公使 小村



〈*私訳〉
(7) [王后閔氏 変乱中 昇遐(*死去)の件]
照会第30号
大朝鮮 外部大臣 金(*金充植)が照会します。ただいま宮内部より受けた我が大君主陛下の勅旨において、 先日の変乱の時(*新暦10月8日)王后の所在を確認できなかったが、その時からすでに数ヵ月を経過した現在で初めてあの当日に崩御された正確な根拠を見出し理解できるようになりました。
ここに今年の八月二十日卯時(*新暦10月9日午前六時)に王后が景福宮・坤寧閣で崩御されたことを認め『京各地に勅命を頒布せよ』とおっしゃったお言葉があった。
この間もしかしてと願っていたあげくにこのような痛ましい消息が急に下達され、臣民たちの痛ましい心は悲しみ にあふれています。
貴公使におかれても両国間の仲睦まじい友誼にしたがって、やはりともに悲しんでおられることと思います。
ここに書信にて照会いたしますので、願わくば貴公使におかれてはお察しいただけるよう願いこの照会が貴下に届くことを祈ります。
以上照会いたします。
開国 五百四年十月十五日( *1895年 12月 01日 )

大日本 弁理公使 小村



*事件から三か月後の手紙である。
*「乙未事変(いつびじへん ウルミサビョン)」は「高宗の王妃であった閔妃が1895年10月8日に暗殺された事変である。朝鮮訓錬隊、朝鮮警務使などに開化派や大院君派など真霊君に心酔し、大院君の貯めた国庫浪費するなど閔妃の国政壟断に不満を持つ朝鮮人たちに加えて、日本軍守備隊、領事館警察官、大陸浪人によって、景福宮・乾清宮内で禹範善に暗殺された。死後、親族や相手派を暗殺し合うなど対立していた興宣大院君によって平民に降格された。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/乙未事変






0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する