mixiユーザー(id:67811147)

2021年07月30日09:38

40 view

ワスレグサ

里山にヤブカンゾウ、別名をワスレグサが咲いていました
この名前にあやかり万葉集ではいくつもの和歌が詠まれています

忘れ草 垣も繁みに植えたれど 醜の醜草 なお恋にけり

醜草(シコクサ)とは雑草や悪い草、ダメダメな草ということですね
忘れようと思いワスレグサを植えたけど、この草ときたらぜんぜんダメダメでいっこうに忘れられない
そんな感じでしょうか

忘れようと努力することすら忘れられたとき、
その恋からほんとうにさよならできるのでしょう

恋の行方にジタバタするのは、千数百年経たいまでも
まったく変わらないですね^^

1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月31日 12:28
    こんにちは。
    別名が ワスレグサだったのですか?ちょっとせつない感じを思わせる名前ですね。
    和歌を楽しむ時代と現代 時代変われど、花は変わらず すてきです。(^^;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月31日 13:13
    > mixiユーザー こんにちは!
    現代に「令和」を授けてくれた万葉集には、ほんとに恋の歌が多いです
    時代は変わっても花を愛でる文化はずっと続いてほしいですね^^
    コメントありがとうございますexclamation

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2021年