ホーム > mixiユーザー(id:6775810) > mixiユーザーの日記一覧 > 植物図鑑572

mixiユーザー(id:6775810)

2019年10月21日16:40

50 view

植物図鑑572

テキサスアメフリユリ(ヒガンバナ科)

いつもの散歩道で、これまで眼にしたことの無いような花が多数開いていた。
ピンクがかった黄色にちょっと茶をまぶしたような明るい色の花だ。花弁が3弁一組で二重になり、6弁となっている。この基本構造は、水仙に近い。手元の図鑑で、この花を見出すことは出来なかった。こんな時は致し方ない、ググる以外ない。
そしてたどり着いたのがヒガンバナ科。中にタマスダレ属と分類される一群がある。よく見馴れた白いタマスダレが投稿写真として続く中に、黄橙色のタマスダレがあり、これが最も近縁種ではないか、と惹かれた。
タマスダレは学名 Zephyranthes 。その中の黄橙色の花の説明に、Zephyranthes arbiella という種名を見つけた。これが散歩道で見つけたあの花の種名なのだろうか。
とちとちとアルファベットで種名を打ち込み、再びググる。
すると、出てきたのが、私の知る白花のタマスダレそのものであった。
つまり‘arbiella’は想像通り、白を意味するのだ。「白い西風」が神話的原義であろう。
調査は振り出しに戻ってしまった。たしかに、花の様子はタマスダレによく似てはいるのだが…

結局判明しない。タマスダレの多数の写真が並んだ中に、よく似た黄橙色の花が混じっていた。クリックすると、英名で、Rainy lily とあった。その名をググってみた。
どっと表示された花は、まさに散歩道で会ったあの花ではないか。
学名は Habranthus tubispathus var. texensis
残念ながら和名を見出すことは出来なかった。
この花自体は、熱帯アメリカが原産でテキサス州で品種改良された栽培種であるらしい。ネット販売の広告が何種類か確認できた。品の良い落ちついた色合いが人気なのだろう。花壇の周縁や、草地などに植え付けるのがよい、というような記載も見えた。
タマスダレを追っていって、いわば偶然、この花にたどり着いたのだが、同じヒガンバナ科ではあるがタマスダレ属ではなく、ハブラントゥス属と属は異なっている。見た目の大きな違いは、花の色ばかりでなく、花の付き方、つまりタマスダレは花茎の上に水平に花が咲くが、こちらは花茎の上にやや傾斜して花が開く。首をかしげた花が一斉に陽光の方を向いている、そんな風景である。それにタマスダレはめいっぱい花弁を開ききりパッチリした印象であるが、ハブラントゥスは、花弁を開ききらない。そんな様子に、ちょっと内気そうな姿を見る。
和名が見あたらないので、ちなみに「テキサスアメフリユリ」という名を提案してみる。学名の末尾に「テキサスの」とあるので、馴染みのある州名なので採用してみた。

5 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 16:48
    黄色いお花は何かしら周囲をつなぐような気がします。
    arbiella 白い西風とはいかなるものなのでしょう。
    幾重にも想像を掻き立てるお花の話をありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月21日 19:32
    ゼフィルスが西風の神、arbiellaが白い,の意。で強引に白い西風、としましたが、草花の名としては、馴染みませんね。ただ単に、白い風の精、とでも言えばよかった。反省です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 01:36
    私は白が大好きです。 白い風の精 詩や音楽に出てきそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 13:51
    私の近間では、見かけない花なんですが。鉢植えとかから、逃げ出したというか、野生化したんでしょうかね。写真の撮り方のせいもあるでしょうが、優雅な風情はうれしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:49
    テキサスといえば西部劇が連想される私ですが、ユリとは結び付かず、あれ?と思いましたが、確かにタマスダレの雰囲気ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 17:57
    いつもの散歩道、見慣れた場所でも日々、新たな発見があるものですね。
    久しぶりにのぞいてみましたが、ツルリンドウさんから「ググる」のワードが発せられていることが軽く驚きでした。ググれば何かしらわかる、特徴を捉えていらっしゃるからこそ出会えるひとつの答えですね。
    内気そうな姿、の表現が植物への愛情を感じ、ほっこりしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 17:34
    > mixiユーザー 
    近所の、高台にある小学校の擁壁の松の根方に生え始めたものです。
    これまで、何度も通ってきた道なのですが、今年初めて気づきました。
    2週間後にまた訪ねて、種を少々採取しました。家の門前に撒いたので、運がよければ来年は間近に見られることでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 17:37
    > mixiユーザー 
    テキサスの名は、学名の中にあったので、即採用というわけです。
    人目を惹くには、カタカナ名でもよいか、とかなり阿った名付けになりました。恥じ入ります。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 17:42
    > あらさち様
    コメントありがとうございます。
    ググる,ネットで調べる、とするより字数も少ないし、自分の行動の実態に近いところもあり、家庭内会話でも用います。
    大抵、キーワードが絞り込み不足で、とんちんかんな答えしか返ってきません。調査が始まると、少しでも絞り込みの目的に近づくために、執拗に時間を費やします。
    時間経過は、結局、脳の衰え故なのでしょうが。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する