mixiユーザー(id:6770143)

2020年04月10日20:28

6 view

ちぃ〜っちゃぁ〜〜〜!

■なぜ看板屋が「飛沫防止カバー」を発売?…「ウチにある素材でできるじゃないか、と」
(まいどなニュース - 04月10日 17:20)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=262&from=diary&id=6042366


こんなもん 回り込む
やろ?



以下引用:

なぜ看板屋が「飛沫防止カバー」を発売?…「ウチにある素材でできるじゃないか、と」 41
2020年04月10日 17:20 まいどなニュース

つぶやきを見る( 29 )日記を読む( 1 )限定公開( 11 )
チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアする
まいどなニュース
写真飛沫防止カバー透明自立型
飛沫防止カバー透明自立型
いまだ手に入りくいマスク。1世帯2枚の「アベノマスク」が順次、配布されるというが…。マスク不足で悩む接客業者のためにある看板屋が立ち上がった。10日、透明の飛沫防止カバーの販売をスタートさせた。

【写真】ブラジャー屋が本気を出して作った「ブラジャー過ぎる!」と話題のマスク

この商品はアクリル製で、カウンターの上や机の上に簡単に設置できるように底面を両面テープで固定することができる。大きさは2種類あり、中(幅430ミリ、高さ850ミリ、奥行103ミリ)は税込みで9900円、大(幅570ミリ、高さ850ミリ、奥行103ミリ)は税込みで1万3200円となっている。

手掛けたのは兵庫県高砂市にある株式会社 匠工芸で、本業はプラスチック加工、ディスプレイ、看板を製作する会社だ。なぜ看板屋が飛沫防止カバーを作ったのか。同社社長の折井匠さんに聞いた。

――飛沫防止カバーを作ったきっかけは?

「プラスチック加工を始めて11年になりますが、こういう大変な状況になって、何か社会に役に立つことはないか考えていました。マスクが少ないということ、ウイルスが飛沫感染するということで、ウチにある素材(アクリル)でカバーができるじゃないか、と」

――どういう使われ方を想定していますか?

「やはり接客業の方々をイメージしました。ホームセンターやスーパーなどのレジで使っていただきたいと思います」

――在庫はあるのですか?

「今日から販売させていただいていますが、さっそく2件の注文をいただきました。現在の在庫は200個ですが、在庫がなくなっても作っていきたいと思います」

(まいどなニュース・佐藤 利幸)

動画・画像が表示されない場合はこちら

まいどなニュース

なぜ町のカメラ店が? 手作りマスクを販売、診療所から「全部買いたい」と申し出も
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930