mixiユーザー(id:6770143)

2020年04月05日16:48

11 view

持って生まれた 健康 なのか 素晴らしい 生き方の 賜物か

■スペイン風邪と世界大戦を乗り越えた104歳男性 新型コロナを克服「やったぜ」
(しらべぇ - 04月05日 10:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=6035280


個体差 とゆ〜ものは ほんとに
すごいもんだ

生き物は 決して 平等には
生まれつかない

それが 種の保存に 繋がる
個性


この人にも きっと 弱点は
ある たまたま 人生の中で
それが 命取りになる 場面
に 出くわさなかった だけ。


人生、棺桶に ケツを
突っ込むまで わからん


あやかりたい





以下引用:

スペイン風邪と世界大戦を乗り越えた104歳男性 新型コロナを克服「やったぜ」 13
2020年04月05日 10:31 しらべぇ

つぶやきを見る( 5 )限定公開( 8 )
チェックするつぶやく日記を書くfacebookでシェアする
しらべぇ
写真(mykeyruna/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(mykeyruna/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
新型コロナウイルスに感染すると、とりわけ高齢者と基礎疾患のある人は重症化しやすいと言われている。そんな中、100歳を超える超高齢男性が感染し発症。多くの人が「このまま亡くなるのだろう」と覚悟したというが、男性は見事に回復し、104歳の誕生日を家族と祝うことができた。

■超高齢男性が感染
米国・オレゴン州にある退役軍人用のホームで暮らすビル・ラプシースさんは、3月上旬に新型コロナウイルスに感染していると医師に聞かされた。

ビルさんは、1916年に誕生。スペインかぜ(1918年パンデミック)を乗り越え大人になったビルさんは、第二次世界大戦期には軍人として国に尽くし帰国。運がとても良いビルさんだが新型コロナ感染は避けられず、家族も「今回ばかりはだめだろう」とあきらめかけていたという。

関連記事:イタリア・新型コロナ医療現場が大荒れ 「助かる若い患者優先」も現実的に

■回復までの道のり
ビルさんの治療にあたった医師団は、抗マラリア薬を使用するなどして回復を待ったとのこと。

するとタイミングも良かったのかビルさんの症状は重症化せず、人工呼吸器をつけることもなく回復に至ったという。治療にあたった医師もビルさんの回復に驚き、「亡くなってもおかしくないと思っていました」とコメントしている。

■「やったぜ」と喜んだビルさん
新型コロナウイルスに打ち勝ち104歳の誕生日を迎えたビルさんは、メディアの取材に応じ「すごく良い気分だよ、やったぜ」と元気に回答。

またビルさんの家族もインタビューに応じ、「苦しい思いをしている方々の励みになれば幸いです」「104歳という年齢で克服する人もいるのですから、みなさんもどうか頑張ってください」と感染者に向けエールを送った。

■104歳の誕生日は家族と
ビルさんの回復と誕生日を祝おうと、家族が続々とホームを訪れた。その際、ビルさんは家族とホームの外で対面。ビルさんを含む全員がマスクをつけ、しっかりと距離をとったうえでの交流に徹した。

このホームの住人のうち、16人が新型コロナウイルスに感染。8人は回復したが2人は今も重体で、残念ながら2人が死亡したという。

感染の拡大はまだ続きそうだが、多くの人たちがビルさんの回復と誕生日を祝福。「本当に良いニュース」「希望が持てた」というコメントがインターネットに多く書き込まれている。

・合わせて読みたい→体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

しらべぇ

イタリア・新型コロナ医療現場が大荒れ 「助かる若い患者優先」も現実的に
新型コロナ陽性の看護師 「周りに感染させたかも」と思い悩み自殺
体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する