mixiユーザー(id:67699040)

2021年02月27日21:03

189 view

自分の誕生日は本当は母の日。

美容院に行って置いてある雑誌を読んでたら、少し考えさせられるエピソードが書いてました。

皆さん、誕生日はどうしてます?

私は友達からプレゼント頂いたり、家でケーキとローソクでお祝いしてもらったり。

ごく当たり前にさわいでます。

淀川長治さんって知ってますか?もう亡くなっていませんけど、日曜ロードショーて映画番組の司会を何十年としてた映画解説者です。

私もお顔や独特の話し方は、少し記憶に有ります。

そして永六助さん。

誰でも知ってますよね、テレビの創世記に脚本家で活躍され、つい最近亡くなられました。

このお二人の30年以上前のエピソードです。

永六助さんの全盛期、なんでも自分と同じ誕生日の芸能人や作家が多い事を知り、4月10日会となるものを作ったそうです。

そして毎年、会の皆さんで一同に集まり、派手にパーティーを開き楽しんでいたそうです。

有名人ばかりだから、さぞかし楽しかったと思います。

そんなある日、永六助さんは淀川長治さんも4月10日生まれだということを知りました。

永六助さんはさっそく淀川長治さんにお声を掛けました。

「淀川さん、僕達は4月10日生まれの人達で、誕生会を作って皆でパーティーを開いてます。淀川さんも同じ誕生日ですよね?一緒に祝いませんか?」

すると淀川さんは。

「お誘いくれてありがとう、でも僕は誕生日は母と二人でお祝いすることに決まってますから。」

すると永六助さんは。

「いえ、みんなお忙しい方ばかりですからパーティーは4月10日と決まってる訳ではないんです、日にちの都合を合わせて行います。楽しいですよ、ご一緒にいかがですか?」

すると淀川さんは申し訳なさそうに言ったそうです。

「実は、日にちの問題でわないんです。私は私の誕生日を母の日だと思っており自分を祝う気には成れないのです。」

「え?それはどうしてですか?」と六助さん。

「私は産まれた日の記憶も有りません。しかし母は淀川家の跡取りを作るため、30も離れた父と結婚させられ、長男である私を産むことを義務づけられました。そして5年後やっと私を産んでその責任を果たしたのです。

母は激しい痛みのなか私を産んでくれました。
母には忘れられない日であり、母の大事な人生の1ページなのだと、私は勝手に思ってるのです。」

「せっかく誘って頂いたのに、まことに失礼なお断りで申し訳ないのですが。」と、丁重に詫びる淀川さん。

その当時、淀川さんは60そこそこで、永六助さんは40そこそこだと書いてました。

大先輩のその言葉を聞いて、永六助さんは頭をハンマーで殴られたよう衝撃を受けたそうです。

俺はなんと浅はかな男なんだ!

この歳まで、そんな当たり前のことも気が付かなかった。

そんなことも分からず、おれはなにをばか騒ぎしてるんだ!

そう思った永六助さんは、10年ちかく続けていた誕生会をきっぱり、やめてしまったそうです。



この話し聞いて皆さんどう思います?

私は誕生日を、どう考えるかは人それぞれ。

気持ちよく楽しめば良いと思います。

私が感動したのは、まず淀川さんの母を思いやる気持です。

自分の母親が、自分を生む為に、すごく苦労したことを知ってしまった淀川さん。

後に淀川長治さんは、この母に対する淀川家に、恨みを晴らすため、自分は一生独身で過ごし、淀川家を終わらそうと決めたそうです。

淀川長治さんが一生独身だったのは、そういう理由があったわけです。

そして何より永六助さんです。

上を向いて歩こう。などの歌詞を作っている、自分の感性がそれに気付かなかったことに、おそらく怒りを覚えたのでしょう。

何年も続けてた誕生会を止めるのは、会の人に説明するのも大変だったと思います。

素直に聞き。

直ぐに改める。

私は淀川長治さんも素敵ですが、永六助さんは、もっと素晴らしい人に思います。



私はこれからも、自分の誕生日は祝ってもらうし、誕生プレゼントもありがたく頂きます(笑)

でも、本とは母の日なんだと、心に秘めておきます。

お母さん。

この世に生を授けてくれてありがとうね。

それでは、このへんで。



さよなら、さよなら、さよなら。
21 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 21:35
    淀川さんの過去は、知りませんでした。独身を通した、という記憶はあります。
    それが不思議でした。
    永さんも面白い人でした。素晴らしい才能でしたね。
    テレビが全盛期だったから、二人の活躍があった、のかな・・・?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 22:00
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。淀川長治さんは、本当に映画が好きで、チャップリンやいろんなハリウッドの有名俳優と実際に合ってる人ですから、映画解説者として選ばれたのだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 22:32
    > mixiユーザー 素敵な紹介文を書いてくれてありがとうございます。なぜか今時の話には興味がなく、昭和から平成にかけての話が大好きです。これからもよろしくお願いいたします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 23:21
    母親を思いやる気持ちは大切ですね(*´∇`*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 23:26
    よく、淀川さんとか知ってるね。俺の年代は日曜洋画劇場で親しみあるから。確かに当日、誕生日は母親と2人でレストランでお祝いするって言ってたよ。でも、理由まで知らなかったね、君、文章の組み立てが上手なので読みやすいし、最後に淀川さんの名台詞のサヨナラ。サヨナラ。サヨナラ。ってお見事です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 23:30
    > mixiユーザー そうですね。私もいつか赤ちゃんを産む日が来ると思いますけど、絶対その日は忘れない日になると思います。男性なのにその辺のことが分かっているところが淀川長治さんってすごいなって思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 23:32
    > mixiユーザー そうですか、その通りテレビでおっしゃってたんですね。週刊誌の内容を読んだら母親と誕生日を祝う理由はこういうことだったらしいですよ。面白いエピソードですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月27日 23:41
    確かに、赤ちゃんを産んだ日は忘れない日になると思いますね( ´∀`)SHIORIさんは赤ちゃんを大切に育てそうです(*´∇`*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月28日 15:08
    今頃ごめんね。
    良い話でした。
    私は母を憎んでました。
    いつも自分勝手で周りの人のことを考えない人。
    でも 私を生んだ時は 一番下だから やれやれ。
    一休みして 30分したら また 陣痛。
    女の子が生まれました。
    産婆さんも双子とはわからなかったそうです。
    その場に居た人たちもなんとも言えない顔してたそうです。
    今ならはじめから全部わかっていただろうね。
    私は 最近 考えを改めるようにしていましたが この話で決心しました。
    今は私は75。今からでよいだろう。
    10年前に 母は92で行きました。
    喪主は 兄に譲りましたが 15年間跡取りをしていたので
    来た人は全員 私が喪主だとして私に挨拶しました。
    兄と私は色々有って言いにくいのでこのへんで。
    良い話をありがとうございました。
    12年前に発症して12年後に死ぬところをこの世へ帰還しました。
    大動脈解離という病気で5%も助かることはないそうです。
    12年前は薬でそのまま 今回はステンのアミで心臓の補強。
    こんな事かけるようになったのは 周りのすべての人達のおかげ。
    私の大好きな言葉で お陰様です。
    ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月28日 15:21
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。読ませて頂いて私も胸が熱くなりました私より遥かにご年配の方にそんな風におっしゃっていただいて感無量ですこれからもよろしくお願いいたします
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年02月28日 16:00
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。たまたま週刊誌に載っていた内容ですので、ほとんどの方はご存じないと思います。興味を持ってもらえたなら書いた甲斐がありました。これからもよろしくお願いします。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

過去の日記

2021年