mixiユーザー(id:6757975)

2021年04月24日11:33

93 view

マスクは鼻がかくれていないと意味がない

私は話しているとマスクがずり落ちてしまい、マスクから鼻が出てしまうことがたびたびあり、その都度、上司から注意を受けてきた。

そして先日、とうとうキレた上司からこんなことを言われた。

「マスクは鼻にもかぶさっていなければ意味がない」

私は新型コロナなど風邪の一種だと知っているし、日常生活ではマスクなどつけてはいないのだが、職場ではマスク必着にされてしまっているので、しかたなくつけている。

迷惑な話であるが、ルールなのでしかたない。

もしマスクが感染症予防に有効だとして、

”アゴ・マスクは、マスクをしていないのと同じだから意味がない”と言うのは分かる。

しかし鼻は関係ないだろう。

しかし有効性云々ではなく、形としてマスクをはめていることが大事なので、鼻が出てしまうとマスクを完璧にしているとはならない。

”完璧にマスクをしています”ピーアールが大事。

なるほど、だから鼻が出たら意味がないのか。


人間には2種類のタイプがある。

私のように”人がどう思うかより科学的な事実を重視するタイプ”と、

上司のように”科学的な事実はどうでもよく、ただ人がどう思うかを重視するタイプ”。


黒いカラスがいたとして、扇動者がそれを「白いカラスだ」と言ったとする。

扇動された大衆は黒いカラスだと知りながらも、「黒いカラス」と言えば、他人から非難されると思えば、「白いカラスだ」と言うようになる。

私のような人間は、それでもカラスは黒いという事実を見て、「黒いカラス」と言う。

でも上司のような人間は、他人から非難されることこそが悪であり、ただそれを避けるためだけに「白いカラス」と言い張る。

事実などどうでもよいのだ。


今回のコロナ騒動。相当、頭が悪い人でない限り、コロナがただの風邪であることを知っている。

でも、黒いカラスも「黒い」と言えば非難されるなら、白くなってしまう。

科学やら人間の英知やらは、実はどうでもよいものであり、ただ人から非難されないことが大事。


昔、人は民主主義社会で生きていた。

そうしたところ、黒いカラスも白くなり、それを基礎に政治をするものだから、社会はどんどん悪くなり、にっちもさっちもいかなくなった。

そこでしかたなく、他人から非難されることなく、ただ現実を述べることができる特別な人をたてた。それが王様だ。

王様だけは黒いカラスを「黒い」と言っても非難されず、また他人が怖くて「白いカラス」と言っていた大衆を科学的な事実へ戻すことができた。


もし本当にコロナが怖いと思い、またマスクの有効性を信じているなら、こんなことは言わない。

「マスクは鼻までつけなければ、完全には感染症の拡散を抑えることが困難です」

そう言うだろう。


本当はみんな知っているのに、バカになったふりをして生きている。

これが民主主義下の狂った国の現状である。

そろそろ日本も王様をたてる時なのだろう。


そしてまたの緊急事態宣言。

バカもここまでくるとつきあいきれない。

仕事中は職場のルールで縛られるが、それを離れたら、私はコロナ禍前と同じ生活をする予定である。

もちろん、マスクは引き出しの中に入れ、連休中はつけることもないだろう。


■菅首相、東京、大阪、京都、兵庫への緊急事態宣言を決定
(朝日新聞デジタル - 04月23日 19:27)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6495052
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の日記