mixiユーザー(id:6757975)

2020年07月14日07:53

24 view

嫌なことを言う人からは離れなさい

私は不幸な人生を歩んできたのだが、

なぜそれほど不幸だったのだろうかと考えた時、

「私は自分ではないものにあこがれ、自分のことを嫌う人に焦点をあててきたからだ」

と気づいた。


つらいことを言われるたびに「何か自分が間違っているのではないか?」と悩み、

人から嫌われると、その人に嫌われたことで心を痛めた。


本来大切にすべき「自分の気持ち」ではなく「他人の気持ち」を考え、

それで消耗してしまっていた。


人は十人十色だし、だいたい自分にケチをつけるのは、自分に好意を持っている人ではなく、好意を持っていない人。

欠点があっても、それが許せるのが「好き」であり、

欠点が許せないのは「嫌い」なのである。


「他人の言うことは聞かないといけない」と言う人もいるが、

愛情のない叱責は、自分に気づきを与えてくれるものであっても、心にとっては毒である。

そんな毒をストレートで飲んでいれば、心が壊れてしまう。

自分のことを嫌う人とはそれなりに距離を保ち、彼の言うことは真に受けない方がよい。

「この人は俺のこと嫌いだな」そう思えばそくさと距離をとる。

たったそれだけのことで、不幸な人生が幸福な人生になる。


本来、こういうことは親が子に教えるべきこと。

でも親自身、ありのままの子供を受け入れられず、欠点をあげては「こうあって欲しい」「あああって欲しい」と文句ばかりつける。

だから子供も他人から言われたことを真に受けるようになる。

もし子供の将来を思うなら「自分を嫌う人の言葉は真に受けず、そういう人から離れること」を教える方が、勉強の強要よりはるかにためになる。

でも世の親の大半は「子供のため」とは言いながら、そんな些細なことすら労を惜しむ。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031