mixiユーザー(id:6757975)

2020年04月05日09:58

46 view

感染者の増加は検査できる環境が整っただけかもしれない

中国で肺炎の原因が新型コロナウィルスと判明する前に、新型コロナウィルスは世界各地に飛散し世界中にウィルスが広まってしまっていた。

人が病気になるのは普通のことであり、それで死ぬ人がでるのも普通のこと。

病気だからといってパンデミックになるわけではない。

それがなぜパンデミックになるかと言えば、新型コロナウィルスはまったく未知の病気だから。

危険度が未知数だから「これは大変なことだ」となっている。

未知の病気と判明する前は、本当は新型コロナウィルスによる発症であっても、毎年流行するインフルエンザや風邪とみなされてしまっていたため、問題にならなかった。

今世界で広まっていると言うのは、検査が広まり新型コロナウィルスに感染していることが判明する人数が増えただけ。

また新型コロナウィルスがここまで大変な状況をもたらしたのは、人々が大変だ大変だと騒ぎ医療機関に殺到したのと、相次ぐイベント中止や経済封鎖で社会全体が麻痺しつつあるから。

つまり新型コロナウィルスによる天災より人間の恐怖が引き起こした人災。

新型コロナウィルス自体はインフルエンザや風邪と変わらない。

そんな説がある。


私自身、今年の1月、立て続けに2度も風邪をひいてしまった。

毎年、一度は風邪をひくのだが、今年は2度。

一度目は元旦の晩に発病し、5日、治ったと思ったら、7日の晩に二度目の風邪を発症。

8日は出勤したのだが体がつらく9日は仕事を休み病院へ。10日にようやく完治した。

結局2つ合わせ10日間も風邪をひきつづける最悪の年明けとなった。

9日の晩、風邪の症状が落ち着き、食欲も出てきたので、自分へのご褒美としておいしいものでも食べようと思い、ちょっと値段が高い肉を買って来て焼き肉をした。

しかし、おいしい肉のはずなのに、おいしく感じられない。

いつもとは肉の味が違う。

風邪で味覚がおかしくなっている時においしい肉はもったいなかったと後悔したものだ。

それが、後から新型コロナウィルスの記事を読み、このウィルスに感染すると味覚異常が起こると聞いて驚いた。

医者に行き診療を受けたが、インフルエンザ検査で陰性だったので安心していたのだが・・・。

もしやと思うこともある。

1月は、まだ日本に新型ウィルスが来る前だから、それはありえなかったことにしておこう。


新聞で地元初の新型コロナウィルスの患者が出た記事があった。

その記事を読むと、3月下旬、一緒に飲み会をした友人の中に新型コロナウィルスにかかった人がいて、そのため感染してしまったらしいとのこと。

しかし、その人は病院でただの風邪として診断され、1日、仕事を休んで快癒し、翌日から日常の生活に戻っていた。

それが、彼に新型コロナウィルスをうつした友人の方が受診した病院で新型コロナウィルスの検査を受けさせられ陽性と判明してしまったため、その友人との濃厚接触者全員に検査が命じられ、彼も検査してみたところ、2週間以内に新型コロナウィルスにかかっていたことが判明し、地元で初の感染者となってしまった。

彼は今は元気なのに強制隔離させられ、職場や病院は大騒ぎ。

でもこれって、友達が検査を受けなければ判明しなかったケースだよね。

こんなことだらけであり、本当はどれだけ感染しているのか分かったものではない。


スペイン風邪では世界人口の4分の1の人が感染し、当時、20億人いた世界人口の内、1億人もの死者を出したと言われている。

これは悲惨な虐殺戦争と言われた第一次世界大戦の死者4千万人の倍以上。

いくら病気が広まっているからと言って、人々を家に引きこもらせたら、社会はまわらず、人々は死んでしまう。

戦争中であっても、戦場に住む人たちは、銃弾の飛び交う中、外に出て日々の営みを続けるしかない。銃弾が当たって死ぬ人はいるが、家にこもっていればみんな飢えて死ぬ。

それと同じで、いくら感染症が怖いからといって、人を隔離し完全に病気を封じ込めることはできない。

今も昔も感染症に対しては打つ手がないんだよね。

ただ神様の意志か、強烈な感染症が今まで広まらなかったのが不幸中の幸い。


一つ忘れてはいけないことは、こういう感染症はなぜ発生するのか?ということ。

感染症の病原菌やウィルスはほとんどが家畜に由来する。

もともと豚や鶏などの家畜は、自然に近い状況でなければ飼育できなかった。

それは檻に入れ効率的に生産しようとすれば、家畜は体内に病原菌を発達させ、それを人にうつすことで、とてつもない災害をもたらしたからだ。

それが抗生物質の発達により、家畜を密集して飼っても、病原菌が発達しないよう病原菌の発達を抑えることができるようになった。

それが動物の商品化を起こし、残酷な飼育環境へとつながった。

感染症はいわば、動物から人類への逆襲である。

感染症のパンデミックを機に、動物に対する本物の愛護の精神と、培養肉の研究が進むことを願ってやまない。


■首都迫る「感染爆発」=5日で感染者倍増―新型コロナ
(時事通信社 - 04月05日 07:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6035156
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930