mixiユーザー(id:6757975)

2019年12月01日08:23

114 view

相手があるものは自分の思いだけではなんともならない

昨年、通勤途中の路上で、親しくしていた20代後半の女性から話しかけられた。

私は彼女のことが好きだったので「これはもしや」と期待し、さっそく「LINE交換をしよう」と言ったところ「携帯電話を忘れてしまった」と言われてしまった。

その後も彼女は職場内で話しかけてくれるし、彼女とは悪い関係ではない。

私にとって彼女はどうしても交際したい人だ。でも彼女にとって私は対象外なのである。

人は自分の中に「自分はどのレベルまで手が出せるのか?」の上限はないが「自分はどのレベルの人からまでなら求められるから、ここまでは妥協しなくてもよい」という基準はある。


私の課の課長は独身女性(50歳)であるが、もし課長が私に好意を抱いていたとして、私がその気持ちに応えるか?

答えはノーである。

たとえ課長がデートに誘って来ても、私はおそらく彼女と同じ態度をとるだろう。

そしてそれでも積極的にこられたら、それはセクハラになってしまう。


うちの課に48歳の子持ちの離婚妻がいるが、彼女は常々セクハラ行為をしてくる。

具体的に言えば、卑猥な言葉を発し「さとじゅんさんはうぶなのね(うふ)」と微笑んだり、背中を触ったりお腹をさわったり手を握ったりしてくる。

さすがの私も「触らないでください」と本人に伝えたが、そしたら逆ギレしてきた。

恋愛攻略本に「気のある相手にはボディータッチをすることで相手をその気にさせる」みたいなことが書いてあるが、それをされる相手がどのように不愉快な気分を味わうかよく分かった。

ボディータッチが悪いわけでない。私にしても、もし先述の20代後半の女性にされたらうれしいし、そのままデートに誘ってしまうだろう。

ただたいてい恋愛攻略本など読んで攻略しようとしている相手は自分を許容範囲にしていないぐらいレベルの高い異性であり、だから悩むのであり、またそんな攻略本を読まないといけない時点ですでに勝負はついている。

努力しても、セクハラで訴えられるだけである。


誰でも、自分の手が出せる上限は考えないが、妥協しなくてもよい下限は自覚している。

努力は実るというのはウソであり、もし相手にとって自分が相手の許容範囲からはずれていれば、いくらがんばっても、どんなに積極的にいっても、お互い気まずい関係になるだけで、夢がかなうことはない。

だから、好きな人に自分の気持ちを伝えるべきか悩んでいる人に「悩むぐらいなら伝えた方がよい」と言うのは間違っている。

「言わなきゃ伝わらない」と言う人もいるが、実際は言わなくてもとっくに好意は伝わっている。ただ相手はその人を妥協しなくてもよいレベルの人(許容範囲外の人)とみなし、のらりくらりと逃げているにすぎない。

告白を悩むってことは、たいてい相手は自分を許容範囲外においているのだろう。

もし相手が自分を許容範囲内においているなら、悩む前に告白できてしまっている。

だから私は「告白すべきか悩んでいる」と言われたら「悩むぐらいの相手なら告白しないほうがよい。もしかなう恋なら悩む前に相手の女性から告白できるような状況を用意しており、すでに告白してしまっているだろう」と答えることにしている。

もしその女性と親しい間柄なら、彼女はあなたと今の関係を続けたいがため、わざと告白する機会をつくらないようにしているのだ。


たとえば、もしその48歳の女性が私に恋心を抱いており、告白したがっていたとする。

彼女は意を決して私に告白してきた。私は考えるふりをして意味深長にお断りを述べる。

さて彼女と私の関係は、彼女が私に告白する前と後では同じでいられるだろうか?


一度なされた行為は取り返しがつかない。また一度行われたことで変化してしまった状況は元に戻らない。

何か行動しなければ始まらないが、自分の欲望のままやみくもに行動してよいものではない。何か行動する時は必ず相手からその行動を促す反応があるものだ。

相手からのサイン。たとえば好きな女性がなぜか最近親密に話しかけてくるとか、2人きりになれるようさりげなく女友達から離れてくれるなどあれば、そこは勇気を持って告白すべきだろう。

でもそれらがないのに自分の気持ちだけで行動しては、ただ恋の空回りをしてしまうだけ。それで熱くなった感情が暴走すれば、セクハラやらストーカー、暴行、殺人となってしまう。


相手があるものは自分の思いだけではなんともならない。

いや。相手から反応がないのは、相手が俺の気持ちに気づいていないだけだ。

いえいえ、あなたがそう思いたいだけです・・・。


ただ相手にも問題があるケースがある。

この許容範囲は第三者から見て妥当なものではければならない。

しかしこの許容範囲が自分の思いだけで設定している人、とりわけ女性に多いのだが、そういう人もいる。

例えば私が50歳の課長や48歳の子持ち離婚妻を許容範囲外にしていることは、私と同じ歳、同じ条件の男性を考えれば、客観的に見て妥当なところだろう。

一方、私が同年齢の女性を許容範囲外にしていたら、妥当とは言えない。


およそ人からの紹介は参考になる。

他人は自分とは違い、客観的に2人がつり合うかどうかを見ている。

42歳の私に、50歳の課長は紹介できないし、48歳の子持ち離婚妻も紹介できない。

一方、20代後半の彼女に私を紹介することもない。

私に紹介してくれるのは、おおよそ30代中頃から後半の女性であり、30代前半なら、容姿はあまりよくないだろう。


許容範囲も自分の思いだけで決めてはいけない。

こちらもやはり他人目線が必要である。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の日記

もっと見る