mixiユーザー(id:67426790)

2021年03月27日07:51

6 view

江ノ島はやはり良い

 土木・建築施工2級の勉強が予定より早く進んだので気晴らしに久しぶりに江ノ島に行った。片道1時間480円で手ごろな大事な息抜きの場である。いつものように鵠沼海岸駅で下車し海岸を江ノ島を望みながら歩く。緊急事態宣言が解除されたせいか人は平日にもかかわらず多かった。3月26日(金)、春休みか、学生が多かった。サーフィンやビーチバレーなどを眺めゆっくりすればよいのに、私は歩きづくめであった。故郷の白山市美川では徒歩5分で海でありこっちはもう少しゆっくりできるが。
 途中、偶然、かなテクカレッジの同窓生で江ノ島ヨット仲間のT氏と会った。彼は鎌倉腰越に住んでおりランニングの最中であった。M氏も交えまた飲みたいとするも、コロナ禍でありオリンピックでヨットが一時退避しておりなかなか実現できない。ヨットハーバーを確認し、今回初めて、ハーバー直下のがけ下から住宅街の階段を上り江ノ島のメインストリートにとりついた。こんな生活道があり実際普通の住人が暮らしていることを再確認した。いつものように江ノ島内を歩き、富士山をいつもの店でビールを飲みながら眺めて、帰りは弁天丸で帰ろうとの考えはあったが。大きく狂った。
 富士山が見えないのでいつもの店のテラスに固執する必要はなく、行きに見つけた「男はつらいよ」ロケ地の江ノ島亭に行くこととした。ので弁天丸も乗らない。
 江ノ島亭は人気のレストランでいつも混んでいたが、さすがに平日の午前11時であり席はより取り見取りであった。テラス席の方が景色は良かったが、「あじさいの恋」と同じく窓際お座敷の席を選んだ。おすすめの江ノ島御前にサービスで生シラスがついていたこともありごはんとみそ汁は後にしてそれ以外と生ビールを一緒にとお願いしたら、最初はできないといったが頑張りますと了解されたので至福の昼食タイムとなった。
 タイとマグロのお刺身とサザエのつぼ焼き、キュウリとシラスの酢の物、キノコの和え物で生ビール。海と寅さんを思いながら、なぜかしら、前のテーブルの女性一人客が鶏のから揚げを食べるのを見ながら、良い時間を過ごすことができた。テラス席は人気で何回か入れ替わりがあったがカップル、女二人組、男一人などであった。ごはんとみそ汁がきて、イカ塩辛丼、メインの生シラス丼、最後にアジのたたき丼の三食丼をダイコンつまときざみ高菜で口直ししながら食した。完璧であった。御前2,200円、生ビール600円。
 小田急片瀬江ノ島駅まで歩き、帰路に行いた。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2021年
2020年