mixiユーザー(id:67426790)

2021年03月27日07:19

8 view

玉川上水を歩く

 3月24日(水)、前回東京都立野川公園が良かったことより、その時入手したパンフより今回、都立武蔵国分寺公園と玉川上水緑道に行くこととした。西武・武蔵野パートナーズ指定管理の公園である。
 いつもの時間に家を出て、今回は南武線府中本町から武蔵野線で西国分寺まで移動。徒歩で武蔵国分寺公園に向かったが途中、東京都立多摩図書館があった。とても立派な図書館でやはり東京はすごいと思った。調べたら都立図書館はここと港区の2か所だけであとは区立図書館である。神奈川もついでに調べたら県立は横浜と川崎のみだった。ところで、神奈川県立図書館はやっていたが都立図書館はコロナで休館となっていた。東京はより厳しい状況となっていた。その後、公園を少し散策、やはりたいしたことはなく、野川公園がいかに素晴らしいのか、そこだけであることを認識した。それでも桜の木から花びらが舞い落ちる風景は素晴らしく少し見入っていた。
 国分寺まで歩き、駅前は前に一度見た風景であった。西武多摩湖線で一橋学園駅まで移動し商店街を抜け玉川上水緑道にとりついた。左の上水は谷が深く水面が見えないが右手の新堀用水は豊かな水が流れていた。粘土質の土の上を歩くこととなるが遠い。ようやく一橋大学(分校?本来は国立市、ここは小平市)が見えてきた。さらに津田塾大学の立派な境界林も見え、西武国分寺線鷹の台駅が見えた。この時点で約3km歩きずいぶん時間がたち疲れていたので昼食休憩のため駅前でサンドイッチを購入した。駅前の小平中央公園は落ち着かなかったのでさらに1km先に進み上水公園で昼食休憩となった。
 足の疲れは取れなかったが元気は取り戻し歩いた。上水の水面は見えるようになったが基本景色と足元は変わらず通しでまた歩こうとは思わない。さらに2km進み小川橋から緑道を外れ西武拝島線東大和駅を目指した。駅前の東京都薬用植物園に行くもここもコロナで休館であった。緑道に戻る元気はなく西武線で隣の玉川上水駅に移動した。ここから又、玉川上水遊歩道を小平監視所と上水小橋まで周回した。ここが玉川上水のツボである。小橋から上水の景色は良く写真に収めた。
 玉川上水駅に戻り今度は多摩モノレールに乗り立川を目指す。10分間隔だがかなりの乗客がいた。景色は良く楽しい移動時間であった。立川駅周辺は素晴らしく、東京都の西の拠点だ。南武線で帰路に就いた。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2021年
2020年