mixiユーザー(id:6736953)

2020年07月15日11:07

93 view

GOTOで 弱い者から あの世行き

.
.
議事堂に群れて 血税食い散らす サルに1票入れるサルたち
.
民主主義を 教えない国策は 誰が得する
.
奪い合い 蹴落とし技の 成り上がり
.
譲り合い 分かち合っては 利用され
.
GOTOで 弱い者から あの世行き
.
.
■■■■■■■■
日記■2020/0715(水)
.
.
.
  https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1976306520&owner_id=6736953
https://m.facebook.com/groups/373479182847388?view=permalink&id=1415986818596614&ref
↑ <【代議員制…政治】選挙とは?>
ー 民主主義は、人道社会の方向だろうか? ー
.
政治とは?、政治家とは?、何か?
↑こんな風な事に就て、今の日本の殆どの大衆は… 今晩の晩メシは何か?ほどにも考えた事もないだろうと思う。
.
.
■■■■■■
<衆愚量産の 社会規範>
 ー できる病 できない病 ー
.
.
俺が生まれる8年前…太平洋戦争が終わり、【帝国日本】が 終わった。日本の近代史に関しても、俺は詳しく知らないけど、大雑把にいうと、【明治維新】を観ると…
.
 ■明治維新 □ https://www.ch-ginga.jp/lp/meijiishin150/about/ □ 明治維新とは?|明治維新150年 特設サイト | チャンネル銀河 ■ 江戸時代の終焉を象徴した事件が「大政奉還」( 1867 )です。これは、徳川幕府の最後の将軍(15代)徳川慶喜(よしのぶ)が、政権を朝廷に返上した政治事件のことです。

★ … よく知られる「ペリー来航」(1853年)から「大政奉還」(1867年)までの15年間のことです。
.
…と書いてある。今年 2020年から観て、153年前の事になる。
.
シロウト目から見ても、ちょんまげを付けて、和装で刀を差した侍中心の社会から、和装帯刀ちょんまげを辞めた維新以降との変革は、確かに国家的な大転換・文化革命的変化だったのだろうと思う。
.
俺の場合、こうした事の意識化・認知認識に至るには、かなり自覚的な学習意識と根気強い継続的な検証が、必要だったような気がする。
.
ともかく、約150年前…15年間の社会・文化の大変革騒動の結果、日本という国が…【鎖国】から【開国・欧米化⇒ グローバル化】の流れへと、大転換された。…のだと云えるのだろうと思う。
.
その後、150年の流れもまた、欧米の市民社会の潮流の影響を受けて、天皇制・大日本帝国…から、民主主義・市民社会国家…日本国へと、転換してきたのだろうと思う。
.
つまり、この約150年の日本の近代史は…
1867〜1945…までの 78年間…の【帝政国家】と
1945〜2020…現在までの75年間…の【民主主義国家】との、大きな【国家体制の転換】に分割して捉えられるのだと思う。
.
その認識が、大きな的外れでないとして、日本の開国以降の、この150年の近代化・グローバル化の後半…75年ほどを、民主主義化の社会の中で、生身で現実体感体験として生きて来た自分自身の観察・認知の視点から診てきた現実・実態的な社会実相に就て、少し俯瞰視的・そして凝視的、双方から多角的に立体視したビジョンとして、考え分析して観たいと思う。
.
 ……
.
2015年の6月頃、ネットで、菅野完さんの「草の根保守の蠢動」という文章に出遭って興味を惹かれた。
…そこには、まさに、俺が生きて来た時代、大戦直後から現在までの日本の政治や社会状況の流れが、シロウト目にも、割と解り易く、しかも信憑性のある形で俯瞰・検証分析されて記されていると感じられて、俺にしては珍しいくらい、面白い感覚で次回の発表を待ちながら読んだ記憶がある。

 ■菅野完「草の根保守の蠢動」□ https://hbol.jp/25122?display=b □ 安倍内閣を支配する日本会議の面々――シリーズ【草の根保守の蠢動】
菅野完□ バックナンバー
2015.02.14
当然の前提となってしまった改憲議論
.
↑たぶん、コレが最初なのかもしれない。とすれば、俺が出遭ったのは、3〜4ヶ月後だった訳だから、俺の場合としては、かなりタイムリーでラッキーな遭遇だったと云える。(笑)
.
ともかく、そんな訳で、彼のこの分析によって、俺が漠然と生やテレビや風聞の情報によって観て来た、日本の戦後史の俯瞰的な流れが、割とハッキリと診える感じがして来たのだ。
.
あれから…また5年の月日が流れて、相変わらず、安倍麻生、自公、日本会議カルト…無法・違憲政権も、万年グダグダ野党も、潰れもせず、変わりもしないまま、国も国民も、認知障害・感覚麻痺症状的に…壊死して行ってる。
.
民主的・人権擁護的な、法も、議会も、司法も、選挙制度も、世界標準的に観ればそこそこに、まともな制度・システム…道具は、揃っている筈なのかも知れないとも診える。
.
しかし、どんなに優れた道具が有ったととしても、それを使う人材が居なければ、活かせないものなのだと云う現実が有る。
.
日本には、民主主義制度はあるけれど、肝心の、民主主義的な国民・市民が居ない…のだ。
.
…と、診れば、全ての問題点が、解り易く、診えてくるだろうと云える。
.
.
.
.
.
.
■■■■■■■■
.


.
.
議事堂に群れて 血税食い散らす サルに1票入れるサルたち
.
.
無能無策、無為の…国会議員たちが、この期に及んで、高額のボーナスやら定額の経費・政治活動費を貰ったまま、非常事態対応の国会も開かずに、のうのうと愚策や、空論無策を続けていて、現場で心身共にクタクタになってる医療スタッフたちに何の褒賞課金政策もしない…し、訳の分からないGOTOキャンペーンなんかやって、感染拡大を招いたら、医療崩壊は…まさに人災として、目に見えている。


■ボーナスなく看護師数百人退職の恐れ 東京女子医大病院
(朝日新聞デジタル - 07月14日 19:53)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6157617
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031