mixiユーザー(id:6736953)

2018年04月28日09:43

143 view

■ 病原が常識論の中にある …[♯SST]【Ε罐泪縫船紂璽稗.■ SST   信頼 】無理解18- □

城島は… 被害者、そしてその家族に謝罪の言葉を並べつつ「山口達也の犯した行為は例え示談が成立したとしても、大人として、そして離婚したと言えども二児の父親である以上、決して許されることではありません。これまで山口達也と言う人間を信頼してくださったファンの皆様、共演者の皆様、そして関係者の皆様、本当に申し訳ございません。グループをまとめるリーダーとして、男として情けない限りです。同じメンバーとして山口達也には今回のことを誠心誠意償うことを望みます」と
強い口調で非難した。
■■■■■■■■

しっかりした対応…だと思う。50近い男たちがアイドルグループ感覚のままだったら話にならない。
.
しかし 俺自身も含めて アル中・嗜癖=アディクト気質の者達は ACや共依存も多いせいか…良し悪し別として 子供じみた性格の者が多い気がする。
.
問題を起こしてしまったあと そうした事を自覚して どう成長していくかが課題だ。
.

城島茂、山口達也のTOKIO復帰について「ありえない」と否定
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=5090382

.
.
【Ε罐泪縫船紂璽稗. ■ SST  信頼 】無理解18- □
.
.
.

【 SST=social skill training 】
ソーシャルスキル トレーニング…社会対応ノウハウの訓練…。
.
■ SST ■■
.
.螢廛蹈札 リトリート
SST ソーシャルスキル トレーニング
クラフト
ぅ罐泪縫船紂璽稗.
SST 2.

Ε罐泪縫船紂璽稗.
Ъ助グループ
当事者研究
マインド・フルネス
 mind fullness
オープン・ダイアログ
 open dialogue
.
問題縁
認知・行動療法
.
.
■■■■■■

´きΝЛ┃…は他者と或いは 群れの中で学習・改善・育成してゆくスキル。
.
↓ - Л┃…には 個人が独りの時間で行う事ができる事 独りで自立的にやった方が効果的な部分が大きいものを含んでいると云える。
.
.
  ……
.
■人権と 擁護・養護・養育・支援・看護・介護 ■
.
■■■■■■■■
発覚したのは今年1月。父親が妻の介護について三田市に相談した際に長男を檻に入れていると説明したことから、同市が家庭訪問し、高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約0・9メートルの木製の檻の中にいる長男を確認した。「体育座り」の姿勢で、床にペット用のトイレシートが敷かれていた状態だったという。
 三田市は会見で、県警への通報が監禁確認の1カ月後だったことについて「体や命に危機は迫っていないと判断したが、別の方法があった」と話したというが、その状態は人権の危機だという認識はなかったのだろうか。自由を奪われた状態だった上に光からも遮断されてしまっていたならば、なぜいち早く解放しなかったのか、やはり疑問だ。
.
■寝屋川・三田の監禁現場の風景 「閉じ込める」思想は私たちの中に | 精神科向けポータルサイト - サイキュレ □ http://psycure.jp/column/81/ □2018/04/26(木)□
■■■■■■■■
.
.
  ……
.
俺の主治医の精神科医・石川達Dr.は アル中患者達に
.
■「… 感情は【 言葉にして 】伝えましょう。…」
.
…と言っている。
.
当然の事ながら 人間同士のコミニケーションに於いて【 言葉 】が果たす役割は 計り知れないと云えるほど大きい。
.
だから その【 言葉 】が伝え合えなくなってしまうと適切で良好な人間関係が結べなくなってしまうのは 当然の話だと 思える。
.
三重苦と言われたヘレン・ケラーとサリヴァン女史の物語の中でも もっとも大きな転機として語られるのは…
【 言葉の獲得・相互確認・伝達 】による…相互理解の共有・意志疎通…の獲得だったと思う。
.
しかし ここで見落としてはいけない事があると思う。
.
それは ヘレン・ケラーとサリヴァン女史が こうした意志疎通・コミュニケーション・相互理解のノウハウを獲得するまでの経過・経緯の問題がある情況の中でも ふたりの関係が ギリギリ繋がり・破綻せずに維持・継続されていた事だろう…と云う点だ。
.
こうした関係の場合 おそらく 意志・意欲・積極性・根気…などの主体性が…関係者のどちらか一方( 1部 )にではなく 関係者の双方( 全体 )に 維持・持続・継続されている事が大切な事なのだろうと 思われる。
.
「奇跡の人」ヘレン・ケラーを作り・育てたのは サリヴァン女史ではなく 他ならぬ彼女自身の意志と意欲・努力だったのだと云う観方は 大切なポイントだと思う。
.
更に 本来 物事は 多様な要素の総合的関係の有機的な干渉の関係の結果としてその情況を産み出しているものであるから その1部分の要因や働きなどに偏向して 決定論的に評価したりせずに常に 全体の営み⇒関係情況の正常性・健全バランス…に眼を向けてゆくようにすべきなのだろうとも云える。
.
ここの話で言えば
ヘレン・ケラー本人と サリヴァン女史…そして その周辺の人々や社会情況の全てが…「奇跡の人」の誕生を支えているのだという観方が大事だと云う事だろう。
.
  ……
.
ヘレン・ケラーなどのような 当事者や 周辺の人々の実践・実証が拓いてきた【 障がい福祉概念 】の拡がりは 目覚ましいものがある。
.
10代でヘレン・ケラーの話やニュースを耳にして 20代の頃…「典子は今」や「ケニー」などの映画を観た。
4〜50年前の話だが
.
あの頃の社会の認識からみたら たぶん 今は まさに雲泥の差 障がいに対する認識は 全く違った方向へと舵を取り直している筈だと思える。
.
…なのに

■寝屋川・三田の監禁現場の風景 「閉じ込める」思想は私たちの中に | 精神科向けポータルサイト - サイキュレ □ http://psycure.jp/column/81/ □2018/04/26(木)□
■■■■
.
↑のニュースのような時代錯誤的な実態は 家庭・家族のような 小さな単位の密室ばかりか 精神病院や 介護施設・企業などの 合法的に社会に認可された組織の中にも常に産み出され続けている。
.
これ (… 問題情況への 認識的な 錯誤と それに基づいた現実対処。… ) …は
云わば…身体で言うところの
■【 病気⇒病理症状 】なのであって たぶん 生き物・息もの・活き物には付き物の 無くなる事のない恒常的な必然なのだろうと云える。
.
自分にとって大切な相手( 家族・親子・仲間など )に何らかの問題が起きて それに対して自分に適切な対応力が足りない時… 当事者の問題が 二次災害的に 関係者に感染してゆくような状況は多い。
.
これは心理的な【 感染症 】みたいなものだと考えれば解り易い。
.
つまり 人間の精神や心理 あるいは
感情や理性 脳生理 あるいは 意味や価値などの概念世界などへの認識・知識的な 認識不足や無理解に因って
■ 様々な 妄想・偏見・思い込み・迷信的な 常識や価値観・感性反射・反応 理性判断…などが
感染症ウィルスのように 個人や集団の行動・判断を 支配してしまい 問題を拡げて行ってしまい…そのような【 病気 】だと云えるのだ。

■ 病気は【 悪 】ではない。
.
【 不可抗力 】や【 運命 】
【 不運 】や【 不注意 】などの類いだ。
.
それは いつ どんな人に どういう形で訪れ・襲うかも知れないものだ。…という認識・理解が 大切なのだ。
.
そして その普及・常識化が 大切だろう。
.
.
そうした時…最も大切なものが
.
■ 過去の間違った( 問題の元になる )認識⇒偏見・勘違い・錯誤・ローカル( 密室・地域エゴ的な )常識。
…などへの
.
■ 自覚・理解と 認知の修正・理解⇒認識更新・成長。
…なのだと云える。
.
.
  ……
.
.
.
■ユマニチュード ■■■
※検索

■2014/見つめて 触れて 語りかけて 〜認知症ケア“ユマニチュード”〜 - NHK クローズアップ現代+ http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3464/1.html □2018/04/26(木)□
 ■認知症ケア / ユマニチュード - 動画 Dailymotion http://www.dailymotion.com/video/x1c5bt0 □2018/04/26(木)□
 ■2014/第1回親睦会 ユマニチュード委員会 - YouTube https://m.youtube.com/watch?v=7mJPY2XrVnI □2018/04/26(木)□ □
■■■■■■
.
■■■■■■■■
.


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年04月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930