mixiユーザー(id:6736953)

2017年12月25日06:02

99 view

■ ちっぽけな命と命 みつめあい …【猫モンロー ■ 入間の米軍ハウス 】動物記17- □

全体の半数を負け扱いして…差別化するような社会風潮では 弱いものいじめの…ストレスのはけ口の…たらい回しのような情況は変わらない。

いじめ連鎖か 17歳適応障害に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4917681

.
.
【猫モンロー ■ 入間の米軍ハウス 】動物記17-
.
.
.
.
1975年の3月…入谷のアパートを出て
美学校の木彫刻工房が移転した 西武池袋線の入間に引っ越した。
谷さんの部屋に間借りから ピカソと云う名前
の雑貨屋が大屋さんのアバートに入り 半年ぐらいで 谷さん 鈴木君 森岡君…と 米軍ハウスを借りて シェアした。
.
その頃 確か みんなで秩父の祭りか何か観に行った時に 向こうで子猫を貰って来て飼う事になった。その子猫が…鼻の脇に マリリン・モンローみたいに 色っぽいホクロがある美人だったので モンローと名前をつける事にして 飼い始めた。
.
確か 暮れ正月時期の頃だったのだろうと思うが 実家の母が お歳暮で届いたもので日持ちのいい 缶詰めや乾物 ハム・ソーセージの詰め合わせなどを送ってきてくれたので 丁度都合がいいと それをモンローのエサにして 毎日やっていたら…
.
同居人の谷さんや鈴木君から クレームがあった事を思い出した。
みんな バイトをしながら彫刻の道具や材料などで ギリギリの貧しい暮らしをしていたので
もと調理人の谷さんなどは 安値の大根などを買ってきて…千切りにして干して 煮物用の切り干し大根などを自前で手作りして保存食にしたりしていたり…していた。
.
俺も 大袋で一杯送られてきた出汁用の煮干しの乾物を コトコトと…柔らかくにてから 佃煮にして 食べたりしていたのだが 何しろ子猫には 食べ易い動物タンパクのものが いいのだろう…ということで缶詰めのランチョンミートやら ソーセージやハムなどを食べさせていたのだが…
.
彼等は それは おかしいと言うのだった。
そういう高価な食材は どうせなら 俺達…人間に分け合って食べて 子猫にはそれように売っているもっと易いエサをやった方がいい…とか 彼等は主張していたのだ。
.
その件に関して そのごどうなったかの記憶は定かではない。…ただ そのあと 年は明けたと思うけど たぶん春になる前の頃に モンローは
油断した隙に 玄関から飛び出して行ってしまったのだ。慌てて 外に出て何度も呼び声をあげて捜し回ってみたけれど…
結局 見付かる事も…戻って来る事も無かった。
.
…モンローとの別れは そんな感じだった。
.
.
.
.
.
.
.
■■■■■■■■
.

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年12月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31