mixiユーザー(id:67324210)

2020年11月21日20:41

119 view

人の命

■「痛い思いさせればいなくなる」 渋谷の路上で女性死亡、容疑者供述
(朝日新聞デジタル - 11月21日 18:45)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6315285


被害者の女性はそこで亡くなってしまったのだろうか、
搬送された病院では医療従事者の方たちが掌を合わせてくれたのだろう。
所持していた運転免許証から氏名が判り、
近親者とも連絡が取れて良かったと思います。
どんな事情で路上で生活をすることになったのか判りませんが、安らかに。
数年前の夏、長年最寄り駅にいた路上生活者の男性が救急車で搬送され、亡くなった。
駅ビルのテナントのお店に勤務している人たちは、彼の死を悼んだと聞いた。バス停のゴミを拾ったり、周りに迷惑をかけることは無かったとか。
この人は最期に身元が判ったのだろうか?
なくなった原因は全く異なるが、このニュースで思い出しました。
5 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 20:52
    首都圏の友人と夜間、段ボールハウスの路上生活者への声掛けや、炊き出しのサービスに同行したことがあります。
    相手の立場を考え、人間の尊厳に思いを至らせたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 20:57
    時計仕掛けのオレンジ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 21:12
    > mixiユーザー 
    よくご存じですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 21:27
    > mixiユーザー 
    実は私もあの矯正プログラムを受けた最後の人間ですから、、、政治家ですけど、あっ間違えた嘘ですけど。 シンギングザレイン♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 21:54
    > mixiユーザー 
    「シンギングザレイン」、「雨に歌えば」の名前は聞いたことがありますが、観ていないです。
    映画にお詳しいのですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 21:57
    東京都旧山谷の近くの路上生活者(多い年で最大約700人)に夜の9時前後にお握りとみそ汁を10数人で何回か配布していた時がありました。路上生活者にはいろいろな人たちがいました。「俺の隣で寝ていた奴が今朝起きたら死んでいた。おめーら、俺たちのことを分かっているふりしているけど分かってねーな」と一言。そうだよね。無人称とでもいう存在同士の関係にときとして誰でもなりうるのが東京のような大都会の底にあると感じました。本件の犠牲者と暴行した方との関係もそうかもしれません。暴行した方もある意味路上生活者の匂いが漂っているふうに感じます。

    今年も行きたいと思いながら怠けていたら夜はもう寒くなってしまいましたが、配る人、配られる人のいのちの移り変わりに接したいと思っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:00
    > mixiユーザー 
    一緒に行動した友人は、「冬には寒さで亡くなる方がいるから」と話してくれました。
    ヒロキさんも理論家だけでなく、実践家でもあることを感じさせられました。

    私も学生時分から退職後の北海道など、あちこちの街角や道路ばたで野宿をしましたから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:01
    > mixiユーザー 
    一度見た映画はだいたいセリフも覚えてますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:12
    > mixiユーザー 
    恐ろしいほどの記憶力ですね。
    私の場合は十代でそういう能力を失いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:14
    > mixiユーザー 
    浪速のレインマンと呼ばれてます、

    それも嘘ですけど 

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:18
    > mixiユーザー 
    それはレイモンド、見ました。
    嘘というのは嘘なのではないですか。
    「浪速のレインマン」は自称ではないかと感じますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:24
    > mixiユーザー 
    映画「レインマン」

    自閉症の アル・パチーノ の演技を
    見た人しかわからんかもです。


    日記主さん 横スレ ばっかで申し訳ないっす。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:28
    > mixiユーザー 
    「私の基本は実践です」感じます。
    理解ある人たちはカトリックかプロテスタントかムスリムかよく知りませんが、いずれも真摯に向き合っていると感じます。
    献身という言葉は多くの日本人には理解も実践もされていないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:28
    > mixiユーザー 
    私の基本は実践です。高校までの農業で事実と実践をたたき込みました。農業を継ごうと思っていたこともあります。理論は空しいところがありますが、事実はウソをつきません。
    事実や実践を土台にしない観念論が増えてきたような気がします。つぶやきの多くも。

    冬季のコンクリートの上で路上者は凍死もしていますね。昔は寺の土の庭で寝ている人が多かったです。土は温かく地球のぬくもりを伝えてくれますから。
    今は門を閉ざして締め出す寺が殆どです。冷たくなりました。
    今一番理解あるのはカトリックでしょう。温水シャワー施設を作って夜無料で解放したりしています。

    喘息を患っていなければホームレスの支援に行けるのに、無念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:33
    > mixiユーザー 
    見た人しかわからない、というのは半分わかります。
    自閉症スペクトラム障害については今も毎月定例会で勉強中です。
    「レインマン」を深く理解するためには、自閉症について知る必要もありそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月21日 22:38
    > mixiユーザー 
    「喘息を患っていなければホームレスの支援に行けるのに、無念です。」
    すごい言葉だと受け取りました。
    ご自分より他者のことを考えられていられるのがわかります。
    私も他者の幸せを自分の幸せと感じる人間です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月22日 07:14
    > mixiユーザー こんな行為が出来ること自体が解せません。自分の鬱積したものをこの女性にぶつけたのでしょうか。本当に許せないことです。
    防犯カメラにはこの女性を殴るシーンが映っているとか。想像しただけで具合悪くなりそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月22日 07:22
    > mixiユーザー コロナで失職し、住むところを無くして路上生活をしなければならない人が増えているそうですね。だんだんと寒さが増す中、頼るところも無い人はどうなるのだろう、と思います。山谷や西成区のあいりん地区のことはTVで取り上げられて知っています。こちらにはそういう場所は無いと思います。博多区の公園では炊き出しをされているようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月22日 07:24
    > mixiユーザー どうぞお気遣いなく。
    ご訪問、有難うございます。
    読ませて頂いてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月22日 14:03
    路上生活者の問題は大変複雑だと思います。複数の支援団体に関与していますが、路上生活者を見ていると、個々人の個性の問題もさることながら一般の市民から反感を受けるのもやむを得ない状況もあるように思われます。その潜在的な能力を生かす努力をすべきだと思う団体もあり、行政の姿勢も含めて社会全体で考えたい問題です。

    必要な支援はする、同時に自立が基本でありその責任を果たすような支援もするというのが私の立場です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月22日 14:16
    > mixiユーザー 周囲から助けられるだけでは問題の解決にはなりませんね。
    以前は私の居住する区内の公園などでも路上生活をする人たちを見かけていましたが、今はそんなことは無くなりました。
    自立支援は路上生活をする人たちのためだけでなく、社会全体のためでもあると思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

過去の日記