mixiユーザー(id:67324210)

2020年08月06日12:34

58 view

赤トンボ

毎年の今頃、近所の人工クリークの上で赤トンボが群れをなしている。
赤トンボは暑さが苦手だ。でも周辺は海からの涼風が吹くため快適なのだろう。しばらくすると群れはいなくなり、初秋になるといつの間にか姿を現す。暑い時期は涼しい森の中で過ごすらしい。涼しい森の中で過ごす赤トンボも見てみたい。

こどもの頃はお盆の3日間は「精進料理」で その間は川や海に近づかない様にきつく言われ、セミやトンボ採りも禁止
今はそういう話は聞かない様だけど。
溺死した亡者に水中に引き込まれるとか、生き物を亡きもにしないという理由だった。

母は亡くなった人は赤トンボに乗って帰って来ると言ってて、それを信じていた。
あるお盆の日仏壇の上の方に買って貰った子ども用の提灯を弟の分も一緒に2個ぶら下げて貰っていたのですが、それぞれの提灯に一匹ずつ赤トンボが留まっていて、偶然とは言え印象深い体験でお盆の度に思い出します。
2 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 12:54
    地方独特な話しですね。実家はお盆はお墓に提灯を持って行って、お墓につけた蝋燭の火を提灯にうつして家まで先祖様を連れて帰ってました。家、家で独特ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:07
    > mixiユーザー 赤トンボに乗っては
    母親の創作(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:25
    > mixiユーザー 
    赤トンボは暑い夏の間高い山の上で過ごすということ情見たことがあります。
    現に私は1300メートルほどの山の上でキャンプした時、おびただしい赤トンボの群れが揺蕩っているのを見たことがあります。
    お盆ごろになると繁殖のために山から下りてくるのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 13:35
    > mixiユーザー 春に産まれた子たちだと思います。種類はアキアカネでしょうか?。
    産卵は秋なのでなぜ毎年ここにいるのか?
    それともナツアカネ?
    ここはコンクリート造りでほとんど海水なので産卵は無いと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 15:26
    > mixiユーザー 私はトンボが苦手、、、。小さい頃は好きだったのにいつからだろう、、、。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 16:44
    > mixiユーザー 私は虫はあらかた大丈夫です(^_^ゞ
    蜘蛛とかムカデとかはムリです。
    トンボはホバリングも出来ますが後ろ向きに飛べないので(後退しない)「勝ち虫」として戦国武将の兜のモチーフになってますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 18:11
    > mixiユーザー 今は関係なく人で溢れてますね。昔は多分大人たちはお盆で法事客を迎えて多忙。そうなると普段は会わない親類の子とはしゃいで大人の目が届かないから危険なことをする。
    という理由もあったのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 19:04
    > mixiユーザー 
    こんな記事もありました。
    http://www.tatsuno.info/ak/akatonbo/akiakane.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月06日 19:14
    > mixiユーザー 一旦いなくなるのでアキアカネかもですね。毎年見るのでいて当たり前ですが、数が減ってますね。
    郷愁を誘う「赤トンボ」の童謡は好きな童謡の1位に何度も選ばれてますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2021年
2020年