mixiユーザー(id:67324210)

2020年03月27日22:37

217 view

mixiに再入会して

退会して3年以上 いや4年かな?経つから
mixiもだいぶ変わっただろうとは思っていたけど、


それは仕方ないとは思ってだけど正直、ガッカリした。
まず、出会い系目的のメッセが来た。
以前もあったんだろうけど、やたら多い。
運営側は自己責任でやって下さい、ってことなんだろ。

以前参加してたコミュにまた参加してみたものの、
何年も前の日付の書き込みとかで止まったまま。

以前の勢いを知ってる分、さびしさを感じる。
2 29

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月28日 07:00
    同じです。前みたいに意見をワイワイとかなくなって。楽しく日記を書く人もいない。深く問題を書いても無視。ただ、身体の疲れた、痛いとかだと反応してくれる。それか、イイねだけ。前が懐かしい
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月28日 09:19
    再入会したばっかなのに、
    何で入会したんやろ、とか思う今日この頃(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 14:28
    はじめましてこんにちは俺も出戻りで良くしてくれたマイミクさんに挨拶もなく退会して一から出直しmixiです。マイミクさんも量より質を大事に楽しもうと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 14:30
    > mixiユーザー 

    コメント有り難うございます(^o^)
    私もmixiの過去を懐かしがってばかりいずに、
    楽しめる様にします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 14:38
    いえいえこちらこそ僕も昨日から再開して以前から仲良くしてくれたマイミクさんと繋がり始めました以前は男なんで女性中心のマイミクさんでしたが何故か今は男性中心になってます。十人十色で変わった人も良い人も以前に比べて利用者は減ったみたいですけど今は気軽にストレスを感じないよう楽しみたいと思います.見かけたら気軽に絡んでください
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 14:49
    そうですか。
    私は以前と違う名前で登録してるので。

    絡ませていただきます(^o^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 15:10
    そうなんですね
    僕は以前も同じ本名で登録してます。
    気軽によろしくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月29日 15:26
    > mixiユーザー よろしくお願いします顔(願)バッド(下向き矢印)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 01:02
    ハッキリ言って、ここって病人の暇潰しでしょ?もう倒産すると思うよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 06:16
    おはようございます曇り
    こちらこそよろしくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月30日 07:35
    月曜になり
    お仕事、始まりますね。
    良い1日を
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月23日 12:25
    おっしゃるとおりmixiは変わりました。
    がっかりなさるのが正常だと思います。

    以前は活発な議論がありました。
    その活発な議論を書き込んだ方々も今はすっかり大人しく日常的なことか些細なことを書いておられるのがむしろ普通です。

    私は敬遠されてしまった印象を持っています。
    どうしてなのかな、と思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月23日 12:36
    > mixiユーザー そうなんですね。
    色んなことを考えて意見を発信しても所詮世の中は良い方向に進まないという諦めからなのか
    という気持ちもあるからかも知れません。
    以前の様に招待制で無くなってから、変な風になったのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月23日 15:51
    > mixiユーザー 
    書き過ぎたと思って訂正しようとしたところでした。
    mixiの使い方は人それぞれ、お茶飲み話や井戸端会議、愚痴のこぼし合い、趣味など多様であっていいと思います。他者は干渉できません。
    私は時間の関係で最低限に抑制しているので固い話ばかりで申し訳ないと思っています。

    ただ、せっかくのコミュニケーションの場ですのでもったいないなと思います。

    このところ専門外の社会学の本をいろいろ調べていますが、諦めが増えていることは多くの方が指摘しています。世の中変わらないからというのもそうですね。
    ご存じかと思われますが、世界や資本主義経済が数世紀振りの巨大な構造変化を起こしていることが背景にあると思います。然るべき地位にある人たちはこの変化を敏感に察知し踏まえて権力を強化し、かつその指導力を発揮させるために国民の諦めモードを組織的に醸成しています。

    国民がこれに気付いていません。日本はそれが顕著です。極めて深刻です。

    招待性は殆ど影響していないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月23日 16:57
    > mixiユーザー 後ほど、コメントいたします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 15:43
    > mixiユーザー 日本人は諦めるという国民性があると、何かで読んだことがあります。それは自然豊かな国土である反面、幾多の自然災害に見舞われてきた歴史がそうせたと。狭い島国であるため他所に移り住むというのも叶わず、酷い目に遭っても代々その土地に住み続けて来ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 15:50
    > mixiユーザー 陸続きに他国があればそこを侵略して新たな住みかとしていたかも知れません。
    災害も運命として受け入れて来たのでは、と思います。アメリカの公民権運動に、最近のフランスのジレ・ジョーヌ運動の様なことは日本人はしないのでは、起こり得ないのではと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 15:52
    > mixiユーザー ヒロキさんが仰る様に気づかずにいること、それが1番恐ろしいと
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 15:55
    > mixiユーザー それは今、1番大事であると思います。まずは今回のコロナウイルス蔓延に対するあの人の対応の不味さ、そこから多くの人が気付いて行くと思われます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 19:02
    > mixiユーザー 
    詳しいコメントをいただきありがとうございます。諦めについて、そうだと思います。日本人は自然界の恵みを感謝するとともに、その容赦ない厳しさを受け入れざるを得ませんでした。受け入れるということは我が力の及ばぬものについては諦めるということだと思います。仏教や自然神道の思想はこれを反映していると思います。

    他所に移住するということは2つに分けて私は考えております。

    即ち、縄文時代までの狩猟採集民時代は、従来言われてきたこととことなり、採集の側面が大きく、従って一か所での収穫が限界になると移動して生活していたという学説が多数になったと思います。するとこれは、自然界による限界の一つとしてそれに順応して移動してきました。

    このことと、他の人間集団が居住している場所を奪って移動することは別の次元の問題になるというのが歴史学であり、文化人類学の知見だと思います。場所を奪うことは抵抗を排除する暴力の行使を意味し、外国との関係では侵略になります。

    私はご存じのとおり満州国で生まれました。政府は当時「移民」と称していました。関東軍が中国人と闘て土地をうばいました。これは明治維新の元勲たちが江戸時代の平和共存政策では欧米に侵略されるという信念から欧米「先進国」から学んだ「近代的」な政策でした。自然の災害等の「我が力の及ばぬもの」とは区別されます。

    その結果日本は失敗し、経験知として得たものが憲法9条と前文です。
    少々脱線しますが、日本は欧米一神教に由来する支配する対象としての自然界思想を採用するのではなく自然と和解し調和する思想と9条の思想という2点でこれからの世界の羅針盤となれる日本しか立てない絶好のポジションにあります。

    反面、ご指摘のように米仏のような市民主体の運動は経験していませんし、当分は無理だと思います。
    それは、これもご指摘のように自然界に対する諦めの思想が影響していると思います。

    明治政府は巧妙でした。自然神道のこの思想を利用したうえで、自然神道を排して国家神道を創設しました。
    利用というのは天皇の祖先を自然界と関わった太古の神に由来させたことです。
    今も象徴天皇制を支持する国民の深層心理として「力の及ばない日本の伝統文化」として所与のもの的な教育を強化しようとしています。

    日本は自立した市民による下からの近代市民革命のようなものが絶対に必要だと思います。
    そうでないと、ご覧いただいた日記で書いたように4つの集団による支配下に置かれたままであり、今後は更に軍事力の大きな力が加わると思います。
    これに耐えられないならば、文字通り国民が主権者とならなければなりません。
    国民性故できないという見方はしておりません。人間は変われるというのが本性としてあると思います。

    ご案内しましたスウェーデンの教育は、幼児段階から、あなたという人も社会も国家も変わるものでありかつ変えられるということを繰り返し徹底させています。それ故、学業成績は悪い子どもでも胸を張っています。帰られるということは共に生きている他者の信頼と密接に関係しています。甚だ不十分な日記ですがもしまだでしたらご覧ください。

    言い換えれば、何事も諦めるな、諦めたらお終いだよ、という教育です。

    教育は最高の政治でしょう。

    日本の教育は支配する側から見ると大変良く考えられています。頭がいいと感心するばかりです。

    でも、これが人間と人間社会、更には国家を崩壊させるでしょうし、既に崩壊しつつあると思います。非大卒非正規の若者の状況は極めて深刻です。

    諦めることなく仝朕佑自立すること、そのうえで∀帯することがこれからの国際社会に伍していう上で不可欠だと思います。

    このことはコロナ禍で大きく変わるであろう世界と日本を考慮すると益々緊急の課題になっているのでしょう。

    最新の日記は、このような問題意識に立っております。

    コメントでかっぱさんともう一人と対話をしました。
    ご覧いただいたと思われるコメントの下につい今ほど新しいコメントをさせていただきました。

    しかめっ面でなく楽しく能動的な毎日でありたいと思います。

    書き始めるととまらない悪癖がまた出ました。
    失礼しました。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    追伸
    フランス語とフランスの事情にお詳しいですね。
    色々教えてください。
    蛇足ですが、エリュアールやアポリネール、アラゴンなどの多様な詩人が好きです。
    絵画もいいですし、フランスの思想にも関心があります。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 19:32
    > mixiユーザー ありがとうございます。
    私の拙いコメントに真摯に向かい合って下さり、嬉しいです。お時間を割いて下さり、申し訳ないです。アメリカ、ヨーロッパは子どもでも自分の意見を持ち、堂々と主張できます。何故日本人の子どもはおろか大人さえ自分の考えが持てず、意見を言えないか、良く解りました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 20:29
    いただいたコメントに即して記載しましたので、異なった重要な視点からの説明を省いております。
    例えば、日本は一口で言えば「企業国家」と言われています。その企業がおかしくなっているようです。
    別の機会にさせてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月24日 20:46
    > mixiユーザー ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 08:08
    mixiでエネルギーが湧くような対話がなくなったということは、日本の民主主義の衰退の一つの表れかもしれません。

    あるマイミクさんの追悼日記です。
    この頃が懐かしいです。
    信じ、信じられる関係ができていたように思います。

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1968082913&owner_id=8012673&org_id=1968687841

    スウェーデンの拙日記をご覧になられるお時間を取れましたでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 08:43
    > mixiユーザー 今さっき、読ませて頂きました。
    お書きになったらおられるようにグレタさんの様な若い人が出てきても何の不思議も無い国なんですね。何もかも教育のシステムが日本と違いすぎて、驚くばかりです。
    日本でこの様な教育を可能にしたいですね。
    名ばかりの民主主義に踊らされて、真の自由を知らない、知らなかった私たちには衝撃的でもありますが、内容に納得するばかりで何の非難もありません。今からでも遅くなく、今だからこそ真の民主主義を実行しているこの国に習うべき、と思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 10:31
    どうもありがとうございました。
    日本国憲法は国民を主権者とし、一人一人の人間の尊厳の実現を国家の最高の目的としています(13条)。憲法の条文はこの13条が最上位にあり他はその具体化です。
    これを教育についてみると26条は教育権を規定しますが、その基礎には国民の学習権、人格を完成させる自由とそれを可能にする国家の教育システムの構築を予定しています。

    これを具体化したのが教育基本法で、憲法に準じた最高クラスの法律です。

    すると、日本でもスウェーデンのような主権者教育を憲法は保障しています。

    ですから、同国の教育は驚くまでもない普通の教育だと思います。

    同国に限らず北西欧ではこれに近いものがあるようです。アメリカは州によって違いがあります。

    日本では戦後の一時期を除いて主権者教育を政治が敵視しており、権力に従順な国民を巧妙に育てています。これは憲法学や教育学のほぼ一致した見方です。

    同国の教育システムは日記でも記載しましたが、国家百年の計で作りました。
    日本でこれをやるには野党が政権を取ること、その前に野党が憲法をきちんと知ることが必要です。

    この日記に書いたことは私は数個の他団体に紹介しています。一つの団体が勉強会を企画しましたがコロナ問題で延期になりました。

    私は教育は門外漢です。
    専門の研究者や教員OB、民間の教育団体が強力に動いて欲しいのです。
    同国のこのシステムをとっくの昔から知っているにもかかわらず大変鈍い動きです。

    ここにも日本の人権感覚や民主主義の後退を感じます。

    教育問題に時間をかけるゆとりは全くありません。
    こうやって少しずつ対話の場を作る程度です。

    日記で紹介した同国の小学校の教科書(正確には明大教授と同大学生による紹介本)はお薦めです。
    小学生に対するSNSの利用法の教育その他具体例が豊富です。

    私はアマゾンで取り寄せました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 10:35
    > mixiユーザー 考える、物を言う国民にしないために、ということでしょうか。
    恐ろしいことですね。
    私の拙いコメントにお時間をかけてお応えを賜り、どうも有難うございます。
    色々と考えるべきことに気がつきました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 11:00
    そうですね。
    孫たちを見ていると、幼児からそれなりに何で?と考え、言いたいことを言います。
    この芽を摘んでいるのは大人たちです。
    考え、発言する国民に育てる、作るという発想それ自体が180度間違っています。子ども自身が欲している学ぶ権利をそのまま大人や国家が横にいて支援するという、人間自身の発達権から出発するのが教育の本質です。

    同国は保育園や幼稚園からこの発想で教育しています。

    孫に限らず伸びようとしている子どもたちを見ているとほんとうにいたたまれません。

    テレビ類も政府やスポンサーの影響で考え、発信する国民を警戒しています。
    最近は芸能人やその中でもお笑い芸人を多く登場させて受身の消費的な国民を育てる方針を政府と財界が強化していますね。子どもたち今家にいてこのようなテレビに付き合う時間が多くなっています。

    mixiにもこのテレビ類の影響を色濃く感じます。

    何度もおじゃまして恐縮でした。ラストにします。
    お付き合いいただき感謝します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月25日 11:59
    > mixiユーザー いえ、どうも有難うございます。
    私にもまだ幼い男の子の孫が3人います。これから先どんな世の中になっているか、本当に心配しています。
    やはり教育の面は特に気にしているところです。いずれ二人の未婚の子どもも結婚して家庭を持つと思いますが、正直こんな世の中で子どもをもうけるというのはどうなのか、と考えることもあります。若いお母さんが連れている小さなお子さんを見かけると複雑な気持ちになることもあります。
    いろいろと気づかせて頂き、助言・情報を有難うございます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年03月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2021年
2020年