mixiユーザー(id:67271340)

2020年05月31日01:31

39 view

コロナによって救われている人もいるのではないかと思う。

最近コロナによって世界はどこに向かうのだろうか、考えても答えはわからないが、なぜかよく考える。
ただこれがもし、
神の意思、
神様の試練、
あるいは人間の過ちによって引き起こされた
神様からの怒り、天罰なら
『今まで当たり前にしてきた事』に対して見つめ直さないといけない機会を与えてくれたのかなと思う。

コロナによって多数の感染者や死者、犠牲者は出ているし、経済や医療体制にまで影響が出て、
これから生きていく上でこれらと向き合い、考え、抱えていかないといけない問題で
つまりはこの世界で生きている人達全員
=人類にとって死活問題という事になる。

今まで以上に人と関わる時や密集しやすい時間、場所などは密集しないように
なるべく人がいない時間帯や場所を選んだり、
距離をとる事に対して神経質にならなければいけなくなる。
これはどんな時、どんな場所であろうと守らなくてはいけない『暗黙のルール』になるだろうと思う。

だが俺はこの状況を客観的に見て、
意図的に人と人との距離を置くことで
空間的に『分断』する流れるができていると考えている。
そしてこの『分断』によって『人間は孤独』という事実を突きつけられているとも感じる。
もちろんその弊害によって、
『何気ない日常の中でいろんな職種の人達に支えられてきた』という事を改めて認識し、
『人は独りのようで独りでは生きられない』という事も再認識するきっかけとなり、
今までの日々を送れてきた事や支えられてきた事に対して感謝の気持ちを忘れないように、大事にしたいという気持ちも強くなったのも事実だがそれだけではない気がする。

この世界は常に平等ではない。
友達がたくさんいる人。全く友達がいない人。
コミュニケーションが得意な人。そうでない人。
何の悩みもなく学校生活を送れる人。
毎日いじめにあい、いじめに悩まされている人。
助けが必要な時に素直に求める事ができる人。
それができない人。
人に相談できず悩んだ末、自殺を選んだ人。
裕福な家庭で生まれ育った人。
貧しい家庭で生まれ育った人。
虐待で心に傷を負った人。
夢が叶えられる人。夢が叶えられない人。

…世の中にはいろんな人がいる。
独りが嫌で友達を作りたいと思っても作れない人とか。
友達がいても自分をよく見せようと相手に合わせてばかりで自分の本心を言えない人とか。
過去に人と関わる事で傷ついて距離を置くようになったとか。
そういった事があって人と関わるのが、コミュニケーションをとるのが苦手な人がいる。

そういう人達がいる事を考えると、
人と人との距離を置くことに対して平等になれたという意味でコロナの影響はそういった人達にとっては、
救われた部分や助かった部分でもあったのではないかと思う。


コロナで経済が危ぶまれ、亡くなった人もいる事を考えれば、素直に喜ぶ事はできないが。
最初に言った通り、コロナが神の意思、神様の試練、神様の怒り、天罰によるものならば、
必ず意味のある事だと思っている。
ただ乗り越えたらいいやという問題ではなく、
むしろコロナによって、今まで目を向けてやらなかった事に対して向き合っていく事の方が大事だと俺は思う。

それに…コロナがあってもなくてもこの世に生まれてきた以上、『人は必ず死ぬ。』遅かれ早かれな。

コロナに対して一般人ができる事は
『死についてじっくり考え、向き合う事』
『何のために生き、何のために死ぬのかを考える事』
『あの世に行く前に現世で勉強する事』
『いつ死んでもいいように心の準備をする事』
『後悔しないように未練ないように今を大事に生きる事』

コロナの『分断』によって争いがなくなるといいなと思う。
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月04日 17:32
    コロナについてまた生き方について、よく考えてはりますね^^私もユーリさんのお考えに似た事を考えましたが、文章力が無く書く事が出来ません。一気に読ませて頂き、何だか代弁して頂いた様です。ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月04日 21:32
    > ユーリさんの仰る通りだと思います簡単に言う様ですが、ピンチがチャンス、この困難から、日本人の良い所も見ました。コロナ終息し新しい日本に導かれることを、切に願うばかりです

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

過去の日記

2020年