mixiユーザー(id:67238120)

2020年06月02日04:54

27 view

●アスカ●明日香●飛鳥 ●大和時代

●アスカ●明日香●飛鳥 ●大和時代
◆反地球 - Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/反地球
反地球(はんちきゅう)とは、太陽を挟んだ地球の反対側にあると空想された架空の惑星。対地球(たいちきゅう)ともいう。
太陽を挟んで地球のちょうど反対側となる位置に地球そっくりの惑星があり、その惑星の公転周期や軌道は位置が違うほかは地球とまったく同じなので、常に太陽の向こう側に位置して決して地球からは見ることはできない、という考えは「反地球」などと呼ばれ、昔から人気のあるものだった。

★曲尺(かねじゃく)利用に潜む数学
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kokufu/math/kanejaku.html
曲尺(かねじゃく)利用に潜む数学
 皆さん,「曲尺」って知っていますか?
 大工さんが使っている物差しです。右の図のような金属製の直角に曲がった定規で,表と裏に目盛りが刻まれています。別名を「差金(さしがね)」,「かねざし」,「かね」などとも言います。(注:図のように短いほうが右に向くようにした時見える目盛りが「表目」で,逆に短いほうが左に向くと「裏目(角目)」が見えます)
 曲尺を使って簡単に丸太の直径を知ることも,その直径から,その丸太からとれる正四角柱(角材)の1辺の長さを知ることができます。

★保食神 - Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/保食神
保食神(うけもちのかみ)は、日本神話に登場する神である。『古事記』には登場せず、『日本書紀』の神産みの段の第十一の一書にのみ登場する。神話での記述内容から、女神と考えられる。

★狛犬 - Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/
狛犬(こまいぬ)とは、獅子や犬に似た日本の獣で、想像上の生物とされる。 像として神社や寺院の入口の両脇、あるいは本殿・本堂の正面左右などに一対で向き合う形、または守るべき寺社に背を向け、参拝者と正対する形で置かれる事が多く、またその際には無角の獅子と有角の狛犬とが一対とされる。
飛鳥時代に日本に伝わった当初は獅子で、左右の姿に差異はなかったが、平安時代になってそれぞれ異なる外見を持つ獅子と狛犬の像が対で置かれるようになり、狭義には後者のみを「狛犬」と称すが、現在では両者を併せて狛犬と呼ぶのが一般化している。

★法隆寺は太子の怨霊を沈めるために藤原氏の思惑によって建てたもの
・日出処の天子 - https://ja.wikipedia.org/wiki/日出処の天子  抜粋
厩戸王子(聖徳太子)と蘇我毛人(蘇我蝦夷)を中心に、主人公である厩戸王子が少年時代を経て、摂政になるまでを描く。
聖と俗、男と女という矛盾を抱える厩戸王子の圧倒的な存在感に加え、
厩戸王子を天才・超能力者・同性愛者として描く斬新さが特徴。
厩戸王子には超能力を持っているとでもしなければ説明できないような逸話が
『聖徳太子伝暦』などに残っており、これはこうした伝承・伝説を積極的に採用したものである。
1984年1月24日付けの『毎日新聞』全国版夕刊社会面に、
「え、これが聖徳太子!?」
「法隆寺カンカン」などの見出しで、本作品を法隆寺が遺憾に思っているという記事が
掲載された。
しかし、後に奈良支局の記者による捏造記事であることがわかり、
同年2月4日付け紙面に謝罪文が掲載された
(虚偽報道#1984年 「日出処の天子」事件 (毎日新聞))。

★大祓詞(おおはらえことば)とは?原文・現代語訳・意味・効果を解説 ...
https://shinto-bukkyo.net/shinto/神道の知識・作法/大祓詞-おおはらえことば/
2018/09/01
大祓詞(おおはらえことば)とは、神道の神様に奏上する祝詞の中の一つです。
その原文となる典型は平安時代に編纂された「延喜式」に「六月晦大祓」として入っています。
大祓詞は中臣祓詞とも呼ばれます。
その理由は、大祓詞の起源が中臣氏が平城京の朱雀門で奏上をしたことだと言われているからです。
御祈祷を受ける際に、神主さんが唱えていたり、信心深い方が神社で唱えているのを見たことがあると思いますが、今では、様々な儀礼・日常の神棚に唱えるといった様々な場面で利用されます。

★難波 - Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/難波
難波は大阪の2大繁華街の一つであるミナミに包含され、一般的にはその玄関口となる南海難波駅や大阪難波駅(近鉄・阪神)周辺の繁華街を指す。梅田周辺のキタと並んで大阪における商業の中心地である。ミナミが島之内の西半(心斎橋駅界隈)から難波駅界隈までの広範な地域を指すのに対し、難波は概ね道頓堀以南・千日前以西の地域を指し、老舗や高級ブランド店が多い心斎橋と比べ、ミナミの玄関口でもある難波は多種多様な商店が混在し、道頓堀や各商店街は非常に活気のある街並みとなっている。また、南海難波駅は関西国際空港からの訪日外国人客の玄関口の役割を果たしており、そのため難波や隣接する心斎橋は多種多様な人種の通行客で賑わっている。大阪の食文化である粉物料理を味わうことができる飲食店が多く立ち並び、また大阪を象徴する景色で有名な難波・道頓堀はインバウンド客のみならず国内の観光客からも人気の観光スポットである。
区‎: ‎中央区
市町村‎: ‎大阪市
市外局番‎: ‎06(大阪MA)
都道府県‎: ‎大阪府

★鎮魂(タマシズメ)とは - コトバンク
大辞林 第三版の解説
遊離した、また遊離しようとする魂を鎮め、肉体につなぎ止める祭儀。広義には「たまふり(魂振) 」の意にもいう。みたましずめ。 → 鎮魂ちんこん
「鎮魂祭たましずめのまつり」の略。
( 名 ) スル
死者の魂をなぐさめ、しずめること。
「たましずめ(鎮魂) 」に同じ。
⇒ たましずめ(鎮魂)

★『●ようめいてんのう 【用明天皇】●聖徳太子の父にあたる』
[生]?
[没]用明2(587).4.9.
第 31代の天皇 (在位 585〜587) 。欽明天皇の第4皇子。母は蘇我稲目の娘堅塩 (きたし) 媛。名,橘豊日尊 (たちばなのとよひのみこと) 。大和磐余池辺雙槻宮 (いわれいけのべのなみつきのみや) に都した。穴穂部間人 (はしひと) 皇女を立てて皇后とし,聖徳太子をもうけた。在位は2年で短く,仏教問題で大連物部守屋,大臣蘇我馬子の対立が激しくなっていった。陵墓は大阪府南河内郡太子町の河内磯長原陵。

★ しろ【代】 の解説
1 代わりをするもの。代用。「霊 (たま) 代」
「丹がついたり、金銀の箔がついたりした木を、道ばたにつみ重ねて、薪の―に売っていた」〈芥川・羅生門〉
2 ある物の代わりとして出される品や金銭。「飲み―」「身の―」
「これを―に言訳して、と結構な御宝を」〈鏡花・草迷宮〉
3 材料となるもの。「雪―水」
4 何かをするための部分や場所。「糊 (のり) ―」「縫い―」
5 田。田地。「―をかく」「苗―」
6 上代・中世、田地の面積を測るのに用いた単位。1段の50分の1。

★木魚(もくぎょ)とは | 仏壇・仏具のことなら「いい仏壇」
https://www.e-butsudan.com/guide/475/
2018/04/27
木魚とは、主に仏教で使われる仏具で、形は丸く中は空洞になっており外面に彫刻が施されています。楽器としても使われます。
読経時に「ばい」や「しもく」と呼ばれる棒で叩いて鳴らします。眠るときも目を閉じない魚がかつて眠らないものだと信じられていた由来があるため、魚を模して作られます。リズムを整えたり、眠気覚ましの意味もあり、叩くと「ぽくぽく」と沈む音を出します。

★鈴 (仏具) - Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴_(仏具)
鈴(りん、れい、英: Singing bowl)とは、仏具の1つである。
りん
「鈴」(りん)とは、仏具の1つ。「お鈴」(おりん)ということもある。
「錀」とも書く。「鈴台」などとともに用いる。

★※最強祝詞:ひふみ祝詞をマスターし、1日3回唱えよう!!(ひふみ祝詞➀)
https://ameblo.jp/skmhirai/entry-12293466163.html
2020/01/31
❸岡本天明さんの『日月神示』に登場するこの「ひふみ祝詞」ですが、キの巻 第11帖 (268)には、下記のように書かれています。
一二三(ひふみ)とは【限りなき神の弥栄】であるぞ、
一(ひ)は始めなき始[ミクロ(極小)]であるぞ、ケは終りなき終り[マイクロ(極大)]であるぞ、
【神の能(はたらき)】が一二三であるぞ、始なく終なく弥栄の中今(なかいま)ぞ。一二三は【神の息吹】であるぞ、一二三唱えよ、神人共に一二三唱へて岩戸開けるのざぞ、一二三にとけよ、一二三と息せよ、 一二三着よ、一二三食(お)せよ、 始め一二三あり、一二三は神ぞ、一二三は道ぞ、 一二三は祓ひ清めぞ、 祓ひ清めとは弥栄ぞ、神の息ぞ、てんし様の息ぞ、臣民の息ぞ、けもの、草木の息ぞ。 一であるぞ、二であるぞ、三であるぞ、ケであるぞ、レであるぞ、ホであるぞ、(渦巻)であるぞ、 (渦巻)であるぞ。 皆の者に一二三唱へさせよ、五柱 御働きぞ、八柱 十柱 御働きぞ、五十連(いつら)ぞ、 意露波(いろは)ぞ、 判りたか。 三月十四日、ひつ九ノか三。
★巫女舞 - Wikipedia   https://ja.wikipedia.org/wiki/巫女舞
巫女舞(みこまい・神子舞)とは、巫女によって舞われる神楽の舞の一つ。巫女神楽(みこかぐら)・八乙女舞(やおとめまい)とも。.
古代日本において、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神がかりの儀式のために行われた舞がもととなり、それが様式化して祈祷や奉納の舞となった。前者(「神がかり系」)においては古来の神がかりや託宣の儀式の形式に則って回っては回り返すという動作を繰り返しながら舞うことなどでその身を清めてからその身に神を降すという、その古態を残すところもあるが、現在では優雅な神楽歌にあわせた舞の優美さを重んじた後者(「八乙女系」)がほとんどである。千早・水干・緋袴・白足袋の装いに身を包んだ巫女が太鼓や笛、銅拍子などの囃子にあわせて鈴・扇・笹・榊・幣など依り代となる採物を手にした巫女が舞い踊る。また、関東地方の一部などでは巫女が仮面を嵌める場合もある。処女が巫女(八乙女)として舞を務める例が多いが、近年では神職の妻女や老女が舞う場合もある。

★床几(しょうぎ)とは - コトバンク
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 床几の用語解説
肘掛けのない坐具。平安時代には胡床 (あぐら) ,床子 (しょうじ) と呼ばれ,公事に際して官人が用いた。大中小の3種があり,その形状は,「大さうじは其のてい,上は箕 (み) の子にて長さ三尺ばかり,脚の高さ二尺ばかりなるを,二つさしあはせて据ゑて,上に高麗を唯半帖のやうに打裏を付けて敷きて,其の上に菅円座を敷きたり」 (『雅亮装束抄』) とある。戦国時代には,軍陣や狩場などで休息のために用いられる床几が案出された。4本の脚を互いに打違えに組み,坐部に革または布を張り,折りたたんで携帯に便利なようにした。一名摺畳椅 (すりたたみあぐら) ともいう。

★戸籍を持たない「日本国民」〜日本のジプシー「サンカ」
http://teikoku-denmo.jp/history/honbun/sanka.html
戸籍を持たない日本人。「サンカ」(「山窩」、「山家」等と表記)と呼ばれる「彼ら」は街場(里)に住む我々(里人)とは違い、北は青森の下北半島から、南は鹿児島の大隅半島に至る日本列島の脊梁山脈や高地を移動し、「山」を生活の場として、何と二千年もの間、里人と共存してきました。「彼ら」は日本人でありながら、「主食」の米を食さず(非農耕)、「せぶり」と呼ばれる天幕で雨露をしのぎ、山野を自由に漂泊し(非定住)、常に体制(国家)に所属しません(非服属)でした。言わば、日本版「ジプシー」とでも言いましょうか。こんな「もう一つの日本人」がいたなんて・・・と驚かれた方もおありでしょうが、正真正銘、「彼ら」は「実在」したのです。

★日本人にとって「君が代」とは何か? ネットにあふれるトンデモ解釈 ...
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48225?page=3  2018/2/23
劣化する論争に終止符を!
さて、歴史を振り返れば明らかなように、自民党(の特に「タカ派」とされる)政権はこれまで「君が代」斉唱を熱心に推進してきた。その結果、2002年に公立の小中高校の卒業式における「君が代」斉唱の実施率は、ほぼ100%に達した。
それゆえ、国会質疑の発端こそ他党の議員とはいえ、現在の安倍政権が、次なる目標として国立大学に狙いを定めてきたのもそれほどふしぎではない(もちろん、「大学の自治」の原則があるため、小中高校の事例はそのまま大学に当てはめることはできないが)。
ただ、ここで問題にしたいのは、ネット上の乱暴な議論である。こちらは、歴史的に見てかなり異様な様相を呈している。

★聖徳太子「十七条憲法」を徹底解説。現代語訳を読んでみたい!
https://intojapanwaraku.com/culture/10397/
2019/09/02
目次
聖徳太子の制定した十七条憲法ってなに?
誰のために十七条憲法がつくられたのか
聖徳太子ってどんな人?
聖徳太子の出生は?
名前が10個を超えていた!?
したたかな一面も持っていた聖徳太子!
十七条憲法の条文・訳文
第一条、和を以って貴しと爲し忤ふこと無きを宗と爲す……。
第二条、篤く三寶を敬へ、三寶とは佛と法と僧となり……。
第三条、詔を承けては必ず謹め……。
第四条、羣卿百寮體を以て本とせよ……。
第五条、餮を絶ち欲を棄てゝ明かに訴訟を辧へよ……。
第六条、惡を懲し善を勸むるは古の良典なり……。
第七条、人各任し掌ることあり宜しく濫れざるべし……。
第八条、羣卿百寮早く朝りて晏く退れよ……。
第九条、信は是れ義の本なり事每に信あれ……。
第十条、忿を絶ち瞋を棄て人の違ふを怒らざれ……。
第十一条、明かに功過を察して賞罸必ず當てよ……。
第十二条、國司國造百姓に歛ること勿れ……。
第十三条、蹐隆韻貿い擦者同じく職掌を知れ……。
第十四条、羣臣百寮嫉妬あること無れ……。
第十五条、私に背き公に向くは是れ臣の道なり……。
第十六条、民を使ふに時を以てするは古の良典なり……。
第十七条、夫れ事は獨り斷むべからず必ず衆と與に論ふべし……。

★ あおば‐もの〔あをば‐〕【青葉者/▽白歯者】 の解説
雑兵 (ぞうひょう) 。歩卒。こっぱ武者。また、具足を着けたことのない中間・小者の類。
「―を一人討っては槍先に血をつけ」〈甲陽軍鑑・二四〉

★越前和紙なら紙和匠。フォト和紙、インクジェット対応和紙、封筒 ...
https://www.echizenwashi.net/
紙和匠は、越前和紙、フォト和紙、インクジェット対応の和紙、クラフト和紙、名刺や封筒など種類豊富な和紙を取り揃え、越前和紙で潤う暮らしをご提案しているネットショップです。是非一度、ご覧ください。

★五重塔に学ぶ建築術
https://www.o-uccino.jp/article/posts/6685
2018/03/05
奈良の法隆寺、京都の東寺に代表される五重塔、あの高い建築物が1000年以上もの長い間、保たれているのにはその建築方法に秘密があります。五重塔の建築は何を現代の私たちに伝えてくれているのでしょうか。

★『●築地塀(ついじべい)』 http://amba.to/TJ8U4r

★神々の系図|神道のおはなし|株式会社 神路社
https://kamijisya.co.jp/story/genealogy/index.html
神々の系図は、第125代今上天皇まで繋がっています。
わたしたちも、おじいさん、おばあさん……とたどっていくと神話の時代まで繋がります。
今生きていることをご先祖様に感謝して家族を大切にしましょう。

★神楽 その起源と歴史 | 神楽の歴史 | 神楽とわたしたちのくらし
http://www.tohoku21.net/kagura/history/kigen.html
神楽 その起源と歴史
・神楽の始まり
そもそも、神楽とは、なんでしょうか。広辞苑によれば、「神座かむくら」が転じたものとされています。かむくら、かんぐら、かぐらと変化していったというのが語源の定説です。また、この場合の神座は、一つの場所そのものを指すのではなく、神座における所作全般を意味しているようです。
神楽を学ぶこと、それは信仰の歴史を学ぶことと密接に結びついています。日本の信仰の始まりは、縄文時代まで遡り、今に残る数多くの縄文時代の遺物からも、自然崇拝や呪術を重視していた古の暮らしを垣間見ることができます。





0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2020年
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月