mixiユーザー(id:67238120)

2020年06月01日09:07

11 view

●ロボット

●ロボット
★wakamaru(わかまる) https://ja.wikipedia.org/wiki/Wakamaru
三菱重工業が開発したロボットである。
身長100cm、直径45cm、体重30kg。
人間とコミュニケーションするロボットであり、周囲の視覚情報から人間を
検出して顔を識別したり、音声を認識して簡単な対話をするなどの機能がある。
インターネットを通じてニュースなどを受信することもできる

★ロボット(英語:robot) http://p.tl/jdFq
人の代わりに何等かの作業を行う装置、もしくは、「人や動物のような」機械。機械としてのロボットとは、主に以下の意味に大別される。
1.ある程度自律的に連続、或いはランダムな自動作業を行う機械。例・産業用ロボット、軍事用ロボット、掃除用ロボット、搾乳ロボットなど。
2.人や動物に近い形および機能を持つ機械。『鉄腕アトム』や『機動戦士ガンダム』等のSF作品に登場するようなもの。いわゆる「人造人間」や「機動兵器」(広義のパワードスーツ・人間増幅器とも)など。
生産技術製じゃんけんロボット日本ではロボットというと「2」を指す事が多かったが、福島第一原発事故後に日本製原発ロボットの投入が遅れたことや、ロボット掃除機等の分野で日本企業が主役から外れている事などを背景に、実用性の高いロボットの研究開発の重要性が指摘されている。

★AIBO (カテゴリ 犬)  https://ja.wikipedia.org/wiki/AIBO
AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。
ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。
ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという。
姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。

★ロボット(robot)  https://ja.wikipedia.org/wiki/ロボット
人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。
主に以下に大別することが可能である。
本田技研工業製の二足歩行ロボット、ASIMO
1.ある程度自律的に連続、或いはランダムな自動作業を行う機械。例・産業用ロボット、軍事用ロボット、掃除用ロボット、搾乳ロボットなど。
2.人や動物を模した、または近似した形状および機能を持つ機械。現状では主にSFで描かれているもの(自律行動が出来るいわゆるアンドロイドや人造人間と呼ばれるもの(『鉄腕アトム』など)や遠隔操作するもの(『鉄人28号』など)、パワードスーツなども含む人間が搭乗や装着して行動する人の力を増幅するもの(『マジンガーZ』など)が容易に想像されるが、現実世界でも研究用やパブリックなもの(テーマパークやパビリオンなどで案内係を務める)だけではなく、愛玩用のペットロボットや、二足歩行ロボットの実用化以来、ホビーとしての手軽なロボットも広まりつつある。
 近年では無人機「ドローン」を半ば自律化させたものも存在し、自動運転車
 の実現が視野に入ってきており、SFの世界が現実のものとなりつつある。
 生命体に通常以上の力を発揮させる方策として何らかの人工物を埋め込んだり
 置き換えるなどの方策を採った者は一般に「サイボーグ」などと呼ばれ
 区別されることが多い。

★産業用ロボット https://ja.wikipedia.org/wiki/産業用ロボット
(さんぎょうようロボット、Industrial robot)
人間の代わりに作業を行う機械装置である。産業ロボットとも言う。
★主な用途  https://ja.wikipedia.org/wiki/産業用ロボット#主な用途
・自動車や建設機械の溶接・塗装
・電気製品の組立
・部品の搬送
・パレタイジング
★自動化こぼれ話(136) パレタイジング  http://p.tl/0zPo
山梨大学名誉教授 牧野 洋
ロボット関係の用語に「パレタイジング」というのがある。「パレタイジングというのは何ですか?」と、ある人に訊かれた。
「パレット(pallet)というのは藁のマットのことで、
この上に布団や毛布を敷いて寝る。
つまりパレットは一番下の台である。これから意味が転じて、
ダンボールの箱などを積む木製の枠のことをパレットというようになった。
この枠には窓が空いており、そこにフォークリフトのフォークを差し込んで
全体を持ち上げる。
パレタイジングというのは、このパレットの上にダンボールの箱などを
積み上げていく作業のことであり、デパレタイジングはその逆にパレットから
荷物を順次運び降ろす作業のことである。
このような作業に適するように設計され たロボットを
「パレタイジング・ロボット」と言っている。
つまり荷物の上げ下ろし作業専門のロボットである。
ところで、パレタイジングという言葉は、ロボットの制御プログラムを
作る人間にとっては特別の意味を持っている。
例えば20個のダンボール箱を縦横に並べて積む時、もしこれを
ティーチング・プレイバック方式のロボットで行なうとすれば、1個あたり
4点のティーチングを行なうとして80回もの位置の教示を行なわなければならない。
しかし、箱は規則的に積まれている筈だから、適当な計算式を作っておけば、
全体で4点ぐらいの教示ですむ筈である。
このようなソフトを「パレタイジング・ソフト」と言っている。
1点から多点への搬送、その逆の多点から1点への搬送を頻繁に行なう組立用ロボットなどにおいては、なくてはならないソフトである。

★軍事用ロボット(ぐんじようロボット)
https://ja.wikipedia.org/wiki/軍事用ロボット
 軍事的な活動に利用される機械(ロボット)である。
軍用ロボット(ぐんようロボット)、軍事ロボット(ぐんじロボット)ともいう。
本項では、関連する以下に類されるものについても説明する。
戦闘ロボット(せんとうロボット)ないし
戦闘用ロボット(せんとうようロボット)
直接的な戦闘行為に参加するロボット
ロボット兵器(ロボットへいき)や無人兵器(むじんへいき)
高度化され自動化・知能化された兵器
なおサイエンス・フィクション(SF)を含む架空の「戦うロボット」に関しては、
別途架空のロボット兵器の一覧(またはロボットアニメなど)を参照の事。
本項では主に実在の技術ないし兵器や研究分野の存在する技術について説明する。

★架空のロボット兵器の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/架空のロボット兵器の一覧
架空のロボット兵器(かくうのロボットへいき)とは、主に、空想科学作品や漫画、ゲーム、伝説、神話などに登場するロボット兵器を指す。またロボットに類似した人型兵器もここに記す。
作品内にロボット兵器全般を総称する言葉が存在する場合はそれを記すものとする。

★架空の兵器(かくうのへいき) | Japan | Fandom
https://japan.fandom.com/wiki/架空の兵器
架空の兵器(かくうのへいき)とは、主に、空想科学作品や漫画、アニメなどに登場する、実在しない兵器を指す。特に極めて破天荒な設計思想、従来の同種の兵器とは比較にならないほどスケールが大きく、しかも威力の優れたもの、宇宙からの侵略者や大怪獣を撃退する決め手となる様なもの等は「超兵器」とも呼ばれる。主要な架空の兵器には、以下のようなものがある。
基本的に、五十音順で表記。F-○○「某」など形式番号がある場合、固有名詞に「」を付け、読みは固有名詞より番号を優先。また、地上戦艦「○○」など先に機種を表す場合、読みは固有名詞の方を優先する。
架空の兵器が多数登場する作品の一部については別項目に詳細を記したので、関連項目を参照のこと。

★掃除用ロボット https://ja.wikipedia.org/wiki/掃除用ロボット
(そうじようロボット)/ロボット掃除機(ロボットそうじき)
自動的に動いて掃除をするロボットである。家庭用と業務用がある。
ロボット・クリーナーや掃除用ロボットとも

★搾乳ロボット(さくにゅうろぼっと)
https://ja.wikipedia.org/wiki/搾乳ロボット
入室してきた乳牛の搾乳を機械で行うBOX型のロボットである。通常は1日2回(朝・夕方)行う搾乳作業を人の代わりに行い、搾乳作業を自動化する。牛に搾乳ロボットを訪問させるために、搾乳ロボット内で餌を給餌し、牛が餌を食べている間に搾乳を行う。ミルキングロボットとも呼ばれることがある。

★『鉄腕アトム』 https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄腕アトム
(てつわんアトム、日本での英題はMighty Atom)
手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもあり、同シリーズゲームのタイトル名にもなっている。

★『機動戦士ガンダム』 https://ja.wikipedia.org/wiki/機動戦士ガンダム
(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)
日本サンライズ(現・サンライズ)制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。
「ガンダムシリーズ」の第1作である。

★人造人間(じんぞうにんげん) https://ja.wikipedia.org/wiki/人造人間
主に人によって製造された、人間を模した機械や人工生命体のことであり、人型のロボット、アンドロイド、ガイノイド、バイオロイドなどの総称である。
架空の存在としてSF漫画、映画、小説作品などにも頻繁に登場し、人間の良きパートナーとして活躍することが多い。

★人造人間 (ドラゴンボール)  https://ja.wikipedia.org/wiki/人造人間
 人造人間(じんぞうにんげん)は、鳥山明の漫画・アニメ作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空のキャラクターたちである。

★人造人間キカイダー (漫画) 
https://ja.wikipedia.org/wiki/人造人間キカイダー
『人造人間キカイダー』(じんぞうにんげんキカイダー)は、石ノ森章太郎による日本の漫画作品。また、それ以外の漫画作品についても解説する。

★パワードスーツ  https://ja.wikipedia.org/wiki/パワードスーツ
パワードスーツは、人体に装着される電動アクチュエーターや人工筋肉などの動力を用いた、外骨格型、あるいは衣服型の装置である。
SF作品に登場したことから日本で多く用いられるようになった名称であり、英語では一般的にpowered suitではなくpowered exoskeleton(強化外骨格)と総称される。
日本語ではそのほかにも、直訳で強化服、半分だけ訳して強化スーツとも呼ばれているほか、ロボットスーツと呼ばれる物も存在する。医療・介護分野や物流・荷役など重量物を扱う作業で使われているものは、パワーアシストスーツあるいはアシストスーツと呼称されることもある。また近年はマッスルスーツ(東京理科大学発ベンチャー企業株式会社イノフィスの登録商標)という呼称も普及してきている。


★サイエンス・フィクション(英語: Science Fiction、略語:SF、Sci-fi、エスエフ)
サイエンス・フィクション(英語: Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。

★パワードスーツの登場するサイエンス・フィクション一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/パワードスーツの登場するサイエンス・フィクション一覧
主にサイエンス・フィクション作品に登場するパワードスーツを中心に、類似する機能を持つ、あるいは概念的に類似するものを列挙する。それら作品に出てきた物品の性質や内容については簡単に説明するが、詳しくは各々の作品の項を参照。
なお、ここで取り上げられる「パワードスーツ」とは、機械・科学的に着装者の動きをフィードバック、再現するものに限られ、魔法・神秘的な未知の力を用いたり、操縦して動かすものは含まれない。また、用語自体が本来は一作品に登場する動力付き外骨格(英語ではPowered exoskeleton)の固有名詞であり、日本では類似するメカの代名詞となっているが、他言語版のWikipediaのページではそれ以外の色々な名称で呼ばれている。

★サービスロボット サービスロボットサービスロボット
主にサービス業で使われるロボットを指す。汎用的な産業用ロボットとは区別することが多い。
・ レスキューロボット
災害時に人命救助などを行うロボットである。「クインス」などがある。
・ 医療用ロボット
医療関係分野で使用されるロボットである。
・ 清掃ロボット
無人で床を掃除するロボット。ワックスがけ機能があるロボットもある。富士重工業と住友商事が2001年に実用化に成功した「ロボット清掃システム」や、フィグラ社が2009年に製品化したエフロボクリーンなどがある。また業務用とは別に、ラクリートやルンバなどの家庭用ロボット掃除機もある。
・ 壁面作業ロボット
壁面をペタペタと登って窓や壁の掃除や補修をする。
・ 警備ロボット
ビルなどの設備を警備して回るロボット。
・ 案内ロボット
人の形をして人工知能で会話をするものから、タッチパネルのコンピューターを搭載したものにロボットと名づけている製品もある。
・ 車いすロボット
センサーやナビ機能、人工知能などが搭載された車いす。
・ すしロボット
すしを握るロボット。自動的に銀シャリを固める装置である。
★家庭用ロボット(かていようロボット、英: domestic robot)
https://ja.wikipedia.org/wiki/家庭用ロボット
家庭で用いられるロボットのことである。

★サービスロボット事例紹介 |(一社)日本ロボット工業会
https://www.jara.jp/various/example/service/index.html
「サービスロボット事例紹介」は当会の正会員、賛助法人会員が開発/実用化※ したサービスロボットの事例を用途別に紹介しています。(用途によってはまだ事例が掲載されていないものもあります。)
それぞれの分類をクリックすると、事例の名称と会社名の一覧が表示されます。WEB、YouTubeのバナーをクリックして動画をご覧いただけます。
なお、各事例の内容については各社にお問い合わせ下さい。
また、正会員、賛助法人会員におかれましては、該当する事例の紹介の希望がございましたら、お問い合わせのページからご連絡ください。
※ 開発/実用化事例の対象:開発(プロトタイプ)が終了したもの。または、実用化されたもの。

★レスキューロボット(Rescue robot)
https://ja.wikipedia.org/wiki/レスキューロボット
地震や水害などの災害で被災した人間を救助したりすることなどを目的として設計されたロボットである。現在開発が進められているものの多くは、要救助者の探索を目的としており、瓦礫や建物内の中を移動するための特殊な移動機構や、人間を発見するためのセンサ技術などの開発が焦点となっている。
なお日本では2011年の東京電力・福島第一原子力発電所事故(以後「福島第一原発事故」)をきっかけとして、従来より行われていた原発事故時に発電所施設内の情報収集や、危険箇所での作業を行うためのロボットの研究・開発もより強化されている

★エンタテインメントロボット(英語:entertainment robot)
https://ja.wikipedia.org/wiki/エンタテインメントロボット
利便性を求めた実用的な機能よりも、動作する事によって人を和ませたり、楽しませるよう設計されたロボット。家庭向けのものはペットロボットとも呼ばれる。

★ロボット競技(ロボットきょうぎ、英語:robot competition)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロボット競技
ある目的を達成するように製作されたロボットを使って行われる競技である。参加するロボットは参加者が製作するのが基本であるが、大会によっては市販品をそのまま、または改造する場合もある。マイコンなどを用いた自立型ロボット以外にも、無線・有線による手動操作の競技も含まれが、模型航空競技やラジコン模型自動車による競技はロボット競技とは言われない。ロボットコンテスト、ロボコンとも呼ばれる。





0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2020年
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月