ホーム > mixiユーザー(id:67238120) > mixiユーザーの日記一覧 > ●法医学

mixiユーザー(id:67238120)

2020年01月23日13:19

5 view

●法医学

●法医学
◆ほう いがく【法医学】
裁判など法の運用の際に必要な医学的事項について研究する医学の一部門。特に,死体鑑定による死因・死亡時刻の判定や血液型・ DNA 分析による親子鑑定など,裁判上の事実認定のための証拠を医学的見地から確定することを任務とする。
 
◆法医学 - Wikipedia  http://urx.nu/8q07
 法医学(ほういがく、英語:forensics medicine)とは、犯罪捜査や裁判などの法の適用過程で必要とされる医学的事項を研究又は応用する社会医学のことをいう。
法医学はさらに応用法医学と基礎法医学に分けられる。一般には応用法医学のうち、刑事に関連するもの、特に司法解剖に関連する分野が法医学と認知されていることがおおいが、法医学の領域はこれに限られない。法医学の実務としてはDNA型鑑定、司法解剖、行政解剖、個人情報、親子鑑定、精神鑑定などがある。
現代の医学の進歩はめざましく、それに伴い様々な倫理的・法律的な問題が浮上してきていることから、法学部の科目として法医学を開講する大学も増えている。その一方で、2007年の時津風部屋力士暴行死事件で、当初司法解剖が行われず事故死として処理されたように、医学面から犯罪性を調べる専門法医学者などの育成体制については減少傾向にあり[1]、専門医が不在の県もあるために、警察庁が日本法医学会に体制の充実を求める要望書を提出する事態となっている。
 
◆日本の「法医学者」を取り巻く何とも厳しい現実 | 災害・事件・裁判
https://toyokeizai.net/articles/-/290777
2019/07/14   フジ月9「監察医 朝顔」で上野樹里さん演じる
「法医学とは、死者の尊厳はもちろん、これから生きる人たちにどう役立てていくかというもの。生きる者につないでいく、死者からのメッセージなんです」
こう語るのは、千葉大学大学院医学研究院法医学教室教授の岩瀬博太郎氏。最近は、法医学者を主人公にしたドラマや小説なども増え、彼らの存在が世間に認識されるようになった。
だが、法医学がどれほど社会貢献度の高い仕事なのかは、まだ知られていない。
法医学者は、事件性が疑われる遺体だけでなく、死因不明の遺体の死因の究明を行っている。ほとんどは大学の法医学教室に所属し、警察、検察、海上保安庁、自治体から依頼を受け、解剖のほかにCTやMRIなどの画像検査、薬毒物検査、血液および尿の生化学検査など、さまざまな検査を行い、詳細かつ膨大なデータから自殺か他殺か、事故死なのかといった判断を下していく。
 
◆法医学・人類遺伝学(法医学) | 福井大学医学部
https://www.med.u-fukui.ac.jp/laboratory/forensics/
研究室紹介
私は、2015年10月1日付をもちまして 松木孝澄 教授の後任として福井大学医学部法医学教室教授に就任いたしました。
当法医学教室は、1984年(昭和59年)4月、初代教授として、岸 紘一郎 教授が着任され開講、1995年(平成7年)4月、岸 教授が群馬大学へ転出、1996年(平成8年)3月、第二代教授として、松木孝澄 教授が群馬大学より着任され、2013年(平成25年)3月、停年退官という歴史を辿って現在に至っております。
 
◆法医学
https://en-park.net/words/7492
読み:
ほういがく
別名:
法律医学、裁判医学
用語を保存しました
法医学の意味(法医学とは)
法医学とは医学の分野の一つです。また医師の免許が必要な職業の一つです。
一般的な医師は生きている人を診察し病気や怪我を直したり、直接診察などには携わらなくても病原菌などの研究を行なって医療に役立てたりして働きますが、法医学では「亡くなった方」を相手にした医療技術が使われます。
一般的にドラマや映画でもよく見られる検視や行政解剖を行うのが法医学者で、自然死や病死など明らかな死因が特定できない場合や、事件や事故など異状死のご遺体を解剖してその死因を究明したり、死亡推定時刻を割り出したり、亡くなる直前の状態を推測したりするのが主な職業です。
 
 
◆ドラマ『サイン』の法医学監修が明かす“裏設定”。解剖シーンで、あえてマスクしない理由
https://dogatch.jp/news/ex/expost_66957/detail/
2019/08/2
遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力の熾烈な攻防戦を描く、大森南朋主演ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の第7話が、8月29日(木)に放送される。
『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の原作は、韓国の大ヒットドラマ『サイン』(2011年)。
法医学を基軸に、絶対的権力を誇示する巨悪を相手取った“真実”をめぐる熾烈な戦いを描く同作。韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台とし、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦を描いた。
現在、テレビ朝日で放送中の『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の舞台は近未来。「日本法医学研究院」なる厚労省・警察庁共管の架空組織が登場した世界で、法医学の現場で実際に起こりうる、第三者による解剖結果への“干渉”や“忖度”を国レベルに押し上げ、物語をダイナミックに揺り動かしていく。
 
◆法医学者に対する裁判官の恋心
ー勾留医師死亡事件に見る裁判官の思考特性ー
https://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/fr&justice.html
奈良・勾留医師死亡事件の判決文を見る機会があった。判決文を読む限り,「普通の」裁判官という印象である.「普通」というのは、以下のような裁判官特有の思い込みが明確に読み取れるからだ。
1.民事訴訟での刑事不介入:(民事であっても)有罪率99.9%という業績を上げている組織の言うことをひっくり返すなんて,テレビドラマの主人公を気取るような真似は,本職の裁判官たる者がやるようなことではない.触らぬ刑事に祟り無し。
2.法医学は王、臨床は婢(はしため):医者の世界ではどうなっているか知らないが,法廷では法医学者は横綱,臨床医は幕下未満と相場が決まっている.そう決まっているのは昔からで,私一人がそこからはみ出すには余程の理由が必要だ.
3.裁判官もまた脈の取り方一つ知らない:そんな裁判官に対して,訳の分からない検査値とか病名とか画像までてんこ盛りの意見書なんてお経と同じ。
4.裁判官は忙しい:だから双方の準備書面を読むのが精一杯.とてもお経まで読んでいる暇はない。
 
◆日本法医学会  http://www.jslm.jp/
 
◆Voice  2016/10/26
 https://youtu.be/Jcifs_9WdII
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月