mixiユーザー(id:67238120)

日記一覧

◆女(おみな)女。女性。「妻とすべき好き―を覓 (もと) めて」〈霊異記・上〉 ◆嫗(おみな)老女。おむな。おうな。⇔翁 (おきな) 。「汝 (な) は誰しの―ぞ」〈記・下〉 ◆おみなの意味 - 古文辞書 - Weblio古語辞典名詞老女。「おむな」「おうな」「お

続きを読む

◆八咫烏を神使とする神社、神様  2019-02-09 13:58:36八咫烏とは https://ameblo.jp/inouekoubou-kuukai/entry-12438296411.html八咫烏の「咫」とは長さの単位ですが、この八咫というのは具体的な長さではなく、大きく広いという意味です。また、八咫烏は

続きを読む

◆香道 - Wikipedia    https://ja.wikipedia.org/wiki/香道香道(こうどう)とは、沈水香木と言われる東南アジアでのみ産出される天然香木の香りを鑑賞する芸道である。近年、文化の復興が目覚ましい中国や台湾、韓国などで「中国香道」「台湾香道」「韓

続きを読む

●IME - インプット メソッド エディタ (Input Method Editor)★Microsoft IME - ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_IMEMicrosoft IME(マイクロソフト・アイエムイー)は、マイクロソフトが開発したインプットメソッド(IME)である。M

続きを読む

◆桃栗三年柿八年 - 故事ことわざ辞典http://kotowaza-allguide.com/mo/momokurisannen.html【読み】 ももくりさんねんかきはちねん【意味】 桃栗三年柿八年とは、芽が出て実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかるということ。また、何事も成し遂げる

続きを読む

◆ しの・ぐ【凌ぐ】 の解説 [動ガ五(四)]1 押し分けて前に進む。乗り越えて進む。「波濤 (はとう) を―・いで行く」2 困難や苦境などにじっと堪えて、なんとか切り抜ける。  辛抱して乗り越える。また、防いで、堪え忍ぶ。「飢えを―・

続きを読む

◆賭け麻雀をして辞任した東京高検の黒川弘務元検事長らについて、市民団体が常習賭博の疑いなどで東京地検特捜部に告発状を提出しました。https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200526-00000040-jnn-soci 市民団体が刑事告発したのは、東京高検

続きを読む

●『荒霊(あらみたま)』と『和魂(にぎみたま)』『直魂』(なおみたま)先日頂いたメールです。凄く良い文言で 心静める感じがしました。人の魂とは 触ることが出来るのかな。感じるのも上手く出来なさそう。 人の魂には『荒霊(あらみたま)』と『和魂

続きを読む

●瓢箪(ひょうたん)糸瓜(へちま)◆『瓢箪から駒』◆ひょっこりひょうたん島ヤハリ年だね。それに 脳の周りが1センチ余りしぼんでいる。だから物覚えが悪いはず。千成り瓢箪       ひょうたんブギ    ひょっこりひょうたん島この三つは忘れて

続きを読む

◆「10年後に届いたママからの手紙」11月15日出版 | えかきにっきhttps://ameblo.jp/yuartblog/entry-11399844656.html2012/11/08挿絵と表紙を描かせていただいた本のご紹介です。「10年後に届いたママからの手紙」という本が11月15日から、勝木書店各店 (北

続きを読む

◆バフォメット=サルバドール・ムンディ=人間の救世主説by Hiroshi Hayashi, Japan130 回視聴  2020/05/25  https://youtu.be/FF2RVlJ5QiAHiroshi Hayashiチャンネル登録者数 4.27万人 ◆バフォメット - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/バ

続きを読む

●お富さんの出だしは 粋な黒塀 見越しの松に下に歌詞上げました。今の人では これを言葉としては解説しないと解らない人が多いのではなかろうか。ヒレくらい今では殆ど見掛けないし 使わないものね。下に書いた板塀の解説ページの写真見て 解るかな。そ

続きを読む

★ことのは 【言の葉】
2020年05月25日09:07

●ことのは★ことのは 【言の葉】(1)ことば。「例のいづこよりとうで給ふ―にかあらむ/源氏(帚木)」(2)和歌。「やまとうたは人の心を種としてよろづの―とぞなれりける/古今(仮名序)」★こと‐の‐へ 【言の葉】 デジタル大辞泉「ことのは」の上代東国方

続きを読む

◆何のために描かれたのか?ナスカの地上絵の驚くべき仮説 - TABIZINEhttps://tabizine.jp/2019/05/14/259446/2019/05/14なぜ古代ナスカ人は上空からしか全体像を把握できないような巨大な絵を描いたのでしょうか? 今回は、そんなナスカの地上絵の謎に迫りま

続きを読む

◆「安倍1強」に与党冷ややか 残り任期1年余 漂う「政権末期感」https://www.hokkaido-np.co.jp/article/4237272019/05/24「安倍1強」政権を取り巻く与党内の空気が変わってきた。新型コロナウイルス対策や、検察幹部の定年を延長する検察庁法改正案などの迷

続きを読む

●「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」少年A◆神戸連続児童殺傷事件 - Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/神戸連続児童殺傷事件耳まで切り裂かれた土師淳くんの口には、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」名の犯行声明文が挟まれており、その残虐

続きを読む

◆ て‐こ【梃子/梃】
2020年05月24日09:17

◆ て‐こ【梃子/梃】 の解説1 棒の途中に置いた支点を中心に棒が自由に回転して、小さい力を大きな力に、小さい動きを大きな動きに変える仕組み。また、その棒。重い物を動かすときや鋏 (はさみ) ・滑車などに応用。槓杆 (こうかん)R

続きを読む

●福井弁●木製の棒  方言ではどう言うかな★ぼっこ  北海道方言辞書  ぼっこ【棒子】[名] (比較的小さな主に木製の)棒。〈全〉★ぼっこ  津軽語辞典方言    意味ぼっこ   棒★【ぼっこ】 ぼっこ 茨城弁大辞典  棒★ぼっこ  甲州弁辞典甲

続きを読む

●『ヒマラヤ聖者の生活探究』その2 | ぴっころと愉快な仲間たちhttps://ameblo.jp/london-piccolo/entry-10335341804.html1巻に仏陀の言葉があったので、書いておきますね。<以下『ヒマラヤ聖者の生活探究』1巻p.53より引用>努めて子供心を持つようにす

続きを読む

◆ニンフ・・・・ギリシア神話で、女の姿をして、おもに川や泉の辺に出て来る精霊。・・・・妖精(ようせい)。・・・・美少女のたとえにも使う。・nymph ◆ニュンペー・-・Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/ニュンペーニュンペー(古代ギリシャ語:

続きを読む

●いやし(癒やし)
2020年05月22日07:49

●いやし(癒やし)★癒し(いやし)http://ja.wikipedia.org/wiki/癒しヒーリング(英語:healing)は、心理的な安心感を与えること。またはそれを与える能力を持つ存在の属性である。 ★用法  http://ja.wikipedia.org/wiki/癒し#用法医療人類学の立場で

続きを読む

◆火曜時代劇『怪談百物語』https://www.fujitv.co.jp/b_hp/kai100/index.html2002年12月3日(火)放送終了放送内容詳細 戦国時代も終るころ。牡丹が咲き誇る武家屋敷で、出陣を前にした武士(北村一輝)と奉公人の娘(瀬戸朝香)がたがいに見つめあっていた。

続きを読む

◆桜を見る会めぐり安倍首相らを刑事告発 弁護士と法学者ら600人以上https://news.livedoor.com/article/detail/18292971/2020年5月21日 12時4分ざっくり言うと 全国の弁護士と法学者ら600人以上が21日午前、東京地検に告発状を提出した 2018年の「桜を

続きを読む

◆黒川検事長辞意で対応急ぐ 後任調整、態勢立て直し 政府https://news.yahoo.co.jp/articles/5015acd5fb1699f532004f7d1eea6095d9485a7d2020/5/21(木) 10:32配信 時事通信 賭けマージャン疑惑を報じられた東京高検の黒川弘務検事長(63)が辞任する意向

続きを読む

●その道の専門家ではない人【門外漢】★もんがい-かん【門外漢】その道の専門家ではない人。その道に直接関係のない人。「法律に関しては―だ」★★はたけ-ちがい【畑違い】(1)専門とする領域と違うこと。「―の職につく」(2)兄弟姉妹のうちで、母を異にする

続きを読む

●だんらん【団欒】以下のような事は 今ではマボロシで 死語になっている。小学校 低学年以上は 今度のコロナで食事したりして 久しぶりのことだろう。逆に 四六時中一緒みたいだからストレス溜まり 虐待が増えたと言うこと。これから マダマダ 続く

続きを読む

●おなべ
2020年05月20日07:19

●おなべ★おなべ 【御鍋】(1)なべを丁寧にいう語。(2)江戸時代、女中・下女の代表的な名前。「―が父親(てて)でござります/浮世草子・諸艶大鑑 1」(3)夜する仕事。夜鍋。「―をばせよ、水をくんでおいてせよと法を定ぞ/蒙求抄 7」★★おなべ  甲州弁辞典 

続きを読む

●日本語と言霊(ことだま)◆語根創造https://yousei.arc-academy.net/manbow/index.php/term/detail/497ごこんそうぞう用語詳細ある意味を表す語を新しく造ることであり、その方法を「造語法」という。これは「語根創造」と「既存の語彙資料の利用」に大別さ

続きを読む

◆日本人のルーツ
2020年05月19日08:31

◆日本人はどこから来たのか? 〜MYCODEセミナー「ミトコンドリアDNAでたどる日本人のルーツ」【レポート】https://mycode.jp/topics/genes/genetic-test/discovery_190526.html2019/06/12最先端の遺伝子研究や最新の健康トピックに関して、第一線で活躍する

続きを読む

●はいけん【佩剣】【拝見】【拝絹】【燕尾服】★はいけん【佩剣】腰にさげる剣。   ・・・・・・・・・・・はいけん 【拝見】(名)スル見ることをへりくだっていう語。つつしんで見ること。「お手紙―いたしました」   ・・・・・・・・・・・はいけ

続きを読む

<2020年05月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

過去の日記

2020年
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月