ホーム > mixiユーザー(id:67211516) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:67211516)

日記一覧

目次はじめに 二一世紀に入り、世界のグローバル化、情報化は加速的に進んでいます。「極東の島国」である日本にも多くの外国人が訪れるようになり、日本人も旅行、勉強、ビジネスなど様々な理由で外国を訪れたりそこで暮らしたりするようになりました。外国

続きを読む

興津弥五右衛門の遺書                            森鴎外 某(それがし)儀明日年来の宿望(しゅくもう)相達し候(そろ)て、妙解院殿(みょうげいんでん)(松向寺殿)御墓前において首尾(しゅび)よく切腹いたし候(

続きを読む

興津家の系図は大略左の通りである。 |ー九郎兵衛一友○石兵衛景通ー弥五右衛門景一ー|ー○弥五右衛門景吉                 作太夫景行ー弥五太夫                 四郎右衛門景時ーーー 

続きを読む

 興 津 弥 五 右 衛 門 の 遺 書                              森  鴎 外 、 某儀(それがしぎ)明日年来の宿望相達候(しゅくぼうあいたっしそうろう)て、妙解院殿(みょうげいんでん)御墓前に於いて首尾好(しゅ

続きを読む

和の舞
2019年11月27日01:38

和の舞 和の舞 in 京都テーマ:ブログ      先住民文化の核となっていた世界 かつて先住民の人々がもっていた精神文化の核が、あるいは、現在もごく限られた少数民族が維持している調和的な社会を成り立たせ、維持する柱が、アニミズム的輪舞の中に

続きを読む

老子と暮らす
2019年11月27日01:30

老子と暮らす 知恵と自由のシンプルライフ「信州の伊那谷に暮らす」『求めない』思想の原点!加島祥造光文社知恵の森文庫 人は陰を背に負い、陽を胸に抱いて行く 老子文庫本のためのまえがき第一章 大いなる谷へ故郷との出会い水の出ない蛇口雪の茶会空を

続きを読む

癒す心 治す力アンドルー・ワイル上野圭一郎 訳角川文庫目次はじめに治癒思考と健康志向/ヒュギエイア派の戦略/この本の構成第一部 治癒系(ヒーリング・システム)一章 熱帯雨林からのプロローグシャーマンをたずねて/「抗」医学の限界/巡礼の果てに治癒

続きを読む

 全国神社遙拝詞
2019年11月27日01:22

       全国神社遙拝詞掛巻母畏介礼抒母伊勢之國清伎水乃流礼乃五十鈴川乃川上神路山乃麓乃大地爾大宮柱太敷立弖高天原爾千木高知里鎮座寸天照皇大神宮乃大御前乎始米奉里弖 高倉山乃麓山田原乃清伎森乃大宮地爾宮柱太敷立弖千木高知里鎮里座寸豊受大

続きを読む

生と死の境界線「最後の自由」を生きる岩井 遏仝述松岡正剛 構成講談社はじめに◎汽ンと失明の間 ー目が見えなくなった?命の勘定 ーどのくらい生きられるのか死とロマンの誘惑 ー「いま」と「あと」意味の実現 ーガンと闘うのではない食卓を囲んで

続きを読む

人はなぜ悩むのか岩井 邱崔娘匕渋綽圭顱。僑坑殻棔  ー‖莪貍蓮’困澆箸呂覆砲  1ー悩みと、不安と、恐れ悩みはだれにもある     だれだってあるんだよ、ひとにいえない       苦しみが     だれだってあるんだよ、ひとにいえない 

続きを読む

心身自在アンドルー・ワイル上野圭一郎 訳角川文庫目次第一部 変える力一章 人は変われる二章 健康と治癒の基礎知識治癒の物語 ー 予後の告知に耳を貸さない三章 健康の全体像治癒の物語 ー 霊性が健康を支える治癒の物語 ー 呼吸のしかたを変える

続きを読む

「朝はかならずやってくる」ー私の軌跡あとがき 柴田トヨ 百歳心からのありがとう飛鳥新社「あふれるような気持ちを詩にして 人生の終わりに花を咲かせる ことができました」おめでとう、百歳の詩集 詩人・新川和江

続きを読む

くじけないで
2019年11月27日01:13

柴田トヨくじけないで 心を救う言葉 飛鳥新社 トヨさんのように生きてゆこう     詩人・新川和江目次 母  亡くなった母とおなじ 九十二歳をむかえた今 母のことを思う 老人ホームに 母を

続きを読む

13章   新・天地創造     魂の新転生空間をつくれ! 「新空間創造」ーこれがわれわれの魂を救う唯一の道である。  それを成すのは、たまたま神界が開いている今このときをおいてない。 魂は、もともとは創造主によって創造された。創造主によって

続きを読む

神界からの波動   魂 世 紀                             田岡 満                               学 研目次プロローグ   妻・英子の自殺1章   無明の網の中で     妻の遺体

続きを読む

吉田松陰『士規七則』
2019年11月27日01:00

    吉田松陰『士規七則』冊子を披繙(ひはん)すれば、嘉言(かげん)林の如く、躍々(やくやく)として人に迫る、顧(おも)ふに人読まず、即(も)し読とも行わず、苟(まこと)に読みて之を行えば、即(すなわ)ち千万世と雖(いえど)も得て尽くすべからず、然りと雖

続きを読む

遺歌集堰の会 合同歌集第三集ー十八周年記念ー京極明子有るがままに車中より座して観る桜美しと笑みて云ふ姑八十五歳母の脚白きを揉めば柔らかく張りの失せしを吾が指に知る有るが儘に母の活けたる万年青まりその赤き実は確かな位置に郭公の声に目覚めし清里

続きを読む

三村さんよりのレター           122余命六ヶ月あゝそうか!六ヶ月生きられるんだ!どう行きよう??無理せずあるが儘かなあ〜娘達の云われるままに 左から手を遠し 次は右手だよ・・・しっかりごはん食べてね毎日五・六人から十人の見舞客が来

続きを読む

ひづきの  ひとりごと
2019年11月27日00:56

ひづきの        ひとりごと 京極明子  ありがとういいことばです全てを含んでいるんですありがたいですねみんなみんな ありがとうを口から出したらこの世はすてきです25、12、30 夜”ひづぎ”ってどうして ひづき流なの「父が な

続きを読む

13章   新・天地創造     魂の新転生空間をつくれ! 「新空間創造」ーこれがわれわれの魂を救う唯一の道である。  それを成すのは、たまたま神界が開いている今このときをおいてない。 魂は、もともとは創造主によって創造された。創造主によって

続きを読む

神界からの波動   魂 世 紀                             田岡 満                               学 研目次プロローグ   妻・英子の自殺1章   無明の網の中で     妻の遺体

続きを読む

看取り士
2019年11月13日20:51

死と向き合う時、 人生の目的が見えてくる人は幸せに生まれ、幸せに生き、幸せの中で逝きます コスモス21まえがき 目次第1章 看取りの瞬間●看取りの瞬間に親子になれた、千代さん●心と心が重なる旅立ちの時・・・マサさんとの12年の歳月●ただ

続きを読む

「AWG」は魔術か、医術か?俊成正樹 プロローグ 闘病情報の気になる「根拠」第1章 乳房全摘からの「乳房の蘇生」症例と出会う ◇くろぐろとした髪の主婦 *写真 「はまなこ健康ビアーラ」 ◇全摘手術を受けた四十八歳主婦

続きを読む

   大 祓 詞    「伯家神道」(中臣祓)  高天原爾神留坐寸皇親(すめむつ)神漏岐神漏美命以知手八万神等乎神集(あつ)米爾集米給比神議里爾議里賜比手吾皇御孫之命以手豊芦原乃瑞穂之國乎安國止平介久所知食世登事依左志奉里伎斯久依左志奉里

続きを読む

  幸(しあ) 福(わせ) 呪 文 ついてる ついてる つきっぱなし 夢と希望を 胸に抱き きたない言葉は 使わない いやな時には ありがとう

続きを読む

大 祓 詞(おおはらへのことば)高天原に神留り坐す 皇親神漏岐 神漏美の命以ちて 八百萬神等を神集へに集へ賜ひ 神議りに議り賜ひて 我が皇御孫命は 豊葦原水穂國を安国と平けく知ろし食せと 事依さし奉りき 此く依さし奉りし國中に 荒振る神

続きを読む

十種祓詞
2019年11月12日18:47

十種祓詞(とくさのはらへこのば)高天原に神留坐す 皇親神漏岐 神漏美の命以ちて皇神等の鋳顕し給ふ十種の瑞寶を 饒速日命に授給ひ天津御祖神は言誨詔給はく汝命この瑞寶を持を以ちて豊葦原の中國に天降坐して 御倉棚に鎮め置て蒼生の病疾の事あれば 

続きを読む

 御祭神乃木将軍生誕百五十年紀年 み あ と し た ひ て 那 須 乃木神社鎮座の跡をたどる 那須 乃 木 神 社         目 次 一、序 文・・・・・・・・

続きを読む

将     軍
2019年11月12日18:42

        将     軍 一 第三軍司令官、陸軍大将乃木希典(のぎまれすけ)の次男で、友安旅団長副官をしている乃木保典少尉(やすすけしょうい)戦死の報が司令部に届いたのは、明治三十四年十一月三十日の夜

続きを読む

    大江新太郎年譜ー執筆=崔 康勳明治十二年、(一八七九年)一歳  ◎十月二十六日、京都府愛宕郡上賀茂村字上賀茂に父大江蘇一、母初尾子ー   岡本清忠の娘ーの長男として生まれる。大江家は遠く鳥居橋家にい出、数   代後に大江氏を継ぐ。父

続きを読む

2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月