mixiユーザー(id:67206710)

2020年11月30日19:47

161 view

児童虐待、その背後に潜む性的被害 隠れた傷、苦しみ長期に

■乱交イベント、主催は警察職員「性行為を見たかった」
(朝日新聞デジタル - 11月30日 15:03)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6325317
■児童虐待、その背後に潜む性的被害 隠れた傷、苦しみ長期に

           
フォト

                 厚生労働省

 安心できるはずの家で、養育者やきょうだいから性的虐待を受け、苦しみを抱える子どもたちが大勢いる。全国の児童相談所(児相)が把握した虐待のうち、「性的虐待」はわずか1%程度だが、これは氷山の一角にすぎない。親の暴力などは明かすことができても、性的虐待は最後まで話せない子どもが多く、潜在化しやすいためだ。

 実際、児相の現場では身体的虐待やネグレクトなどで一時保護した子どもが、性的虐待も受けていたと後から判明するケースが相次いでいる。深刻さが明らかになり、行政もようやく重い腰を上げた。 (共同通信=川南有希ほか)

 ▽告白

 「人に言えば、お母さんの心の病気がひどくなる」。関東地方の児相で一時保護された女児は、父親から性的虐待を受けていた。しかも、父親は女児にこう言い含め、娘が他言しないようにしていた。子どもがやっとの思いで児相に訴えても、母親が真実を受け入れられずに否定するケースもあり、虐待の中でも「最も介入が難しい事案」(児相職員)だ。

 2019年度に全国の児相が相談・通告を受けた児童虐待件数は19万3780件(速報値)。最多は心理的虐待の56・3%、次いで身体的虐待25・4%、育児放棄(ネグレクト)17・2%。一方で性的虐待は1・1%にとどまっている。

           
フォト


 ただ、この数字は実態を表していない可能性が高い。統計上、きょうだいや母親の交際相手から性的虐待を受けても、保護者からの「ネグレクト」に分類され、性的虐待に計上されないことも、その一因。米国では性的虐待が全体の約1割を占めるとの調査結果もあり、専門家からは日本の統計で実態を現しているかに疑問の声が上がっている。

 ▽0歳児の被害も

 被害に遭うのは女児が多い。神奈川県中央児童相談所が18年に公表した性的虐待に関する調査報告によると、09〜16年度に確認した性被害約200件のうち、性別は約9割が女子で、中には0歳児も含まれていた。さらに、当時の職員にアンケートできた約120件を分析すると、初めて被害に遭った平均年齢は9歳だった。

 一方で、児相が受理した時点の平均年齢は13歳。被害が5年以上続いた事例もあり、低年齢で被害を受け、潜在化したまま、被害が長期間継続している実態が浮き彫りになった。

 なぜ、潜在化しやすいのか。立正大の鈴木浩之准教授はその背景に「性的虐待順応症候群」があると指摘する。

 父親などの加害者は「お前もいい思いをしただろう」、「お母さんに秘密をつくった」などと言いながら虐待を続ける。これは「グルーミング」と呼ばれる、被害者を手なずける行為。これをされると、子どもは「悪いのは自分ではないか」と責め始め、やがて高学年になり、性的虐待であることに気付いても、被害を訴えることをためらうようになる。

 自分さえ我慢すれば親も逮捕されず、家族もばらばらにならないなどと考え、ひどい環境に適応させられてしまう。鈴木准教授は「被害を受け続ける状況に身を置く方が、楽だと思うようになる」と説明する。

 ▽苦しみ、長期に

 性的虐待で受けた心の傷は、長期にわたって被害者を苦しめるため、実態を把握した後のケアが重要になる。実際、不眠や摂食障害などになり、精神的治療が必要になる子どもが多い。思春期以降の心身に影響を及ぼす「複雑性トラウマ(C―PTSD)」を引き起こす例もあり、中長期の支援が必要になる。

 15年には最高裁で、40代の女性が成人後に発症したうつ病について、幼少期に親族から受けた性的虐待が原因と認定された事例もある。

 しかし、児相が支援できるのは17歳までと児童福祉法で定められ、18歳以降の支援は手薄なのが実情だ。近親者から性的虐待を受けた経験を持つ人の自助グループ「SIAb.」代表のけいこさん(52)は「自分が被害に遭った年齢にわが子が差し掛かったことをきっかけに、隠れていた傷が引き出される例も多い」と明かす。

           
フォト

            「SIAb.」のツイッター画面

 性的虐待の深刻さや潜在化の問題が次第に判明する中、行政も対策強化に取り組み始めた。東京都は性的虐待の聞き取りについて、「専門的な技術が必要」として14年度から社会福祉の民間団体に委託している。

 東京都港区は来年春、区独自の児相を開設する。設置準備担当部長を務める田崎みどり医師は、子どもが口止めされて何年も被害を言えなかったり、打ち明けても一時保護で家に戻れない不安や自分のせいで家族がばらばらになったなどの自責から話を撤回したりすることを踏まえた上で「児相をはじめ性的虐待に関わる機関は、被害を適切に把握するために研修を受け、被害を受けた子どもの特徴を理解して対応する必要がある」と強調した。

 ▽実態調査へ

  厚生労働省は、全国に220ある全ての児相を対象に実態調査に乗り出す。子どもが性的虐待も受けていたのに、児相が介入を始めた直後には把握できず、面談などで追って被害が判明した事例の報告を求める。

 調査のきっかけになったのは、千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が2019年1月に亡くなった虐待事件だ。

 心愛さんは学校アンケートで父親からの暴力を訴え、児相に一時保護された。心愛さんは性的虐待も受けたことを保護中に告白したが、児相側で特別な対応が取られないまま、保護が解除されていた。県の検証委員会からは当時の対応を問題視する声が上がっている。

           
フォト

  虐待死した栗原心愛さんを一時保護した千葉県柏児童相談所=1月、柏市

 厚労省の担当者は「今のままでは性的虐待が把握されず、被害に対する十分なケアを受けられない恐れもある。各機関の職員が適切に対応できる態勢づくりを進めたい」と調査の狙いを話した。

(取材、編集:川南有希、山口恵、三浦ともみ、清鮎子)

※記事元:全国新聞ネットより

 
4 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 20:07
    このような性的虐待の背景には他者の人権を軽視する社会と国家の姿勢があると思います。例えば自由といわれるフランスでも、公衆の目に触れるような性描写は日本と違い制限されているとのことです。

    また、伊藤詩織さんの件は地位が高い人による加害に大変あまい日本の一例にすぎません。

    基本的には男女関係ない問題ですが、被害が多い女性たちが日本では僅かな人しか行動しないのは解せません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月30日 21:11
    > mixiユーザー 同じ虐待でも、地域によって身体への暴力、言葉の暴力、ネグレクト(育児放棄)性的虐待、心理的虐待
    等など、虐待度数が高い分野に分かれていますが、性的虐待はあまりにも陰湿で、最も悪質な行為だと思っています。
    驚いたのは0歳児への被害があった事です。ローマのバチカンでは小児性愛(ペデフィリア)が多数の神父から行われていますが日本でも小児性愛(ペデフィリア)の被害に遭った子ども達が大人になっても言葉に表せず、トラウマとなり、
    さまざまな症状に苦しんでいます。日本は「心の自由」がない国だと思っています。政治の貧しさから、子ども達への
    救済活動、支援などは他国に比べても決して進んでいる、とは思えません。性教育、不妊治療、養子縁組などへの取り組みも遅れていますし、議論はすれども長年、行動に移した事がないのが実情です。「詩織さん事件」での裁判の結果といい
    悪事を働けば出世をする、という誠に卑しい国に成り果ててしまいました。Twitterなどでは、性被害に遭った女性や
    男性への相談口が設けられている事を情報として拡散しています。が、相談をする人達が「いるはず」なのに「いない」
    状態である事に、疑問を抱いています。日本は性に関しては遅れており、未発達国の方が進んでいます。
    安倍晋三の数々と吐いて来た嘘が暴かれ(桜の会:領収書の件で以前のように安倍には友人がいなくなっています)
    山口敬之が民事裁判で証人が真実を述べる事で敗訴になり、それに伴って菅総理も辞めざるを得なくなり、国民が政府を
    信頼出来るようになれば、真の「心の自由」を得られるでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月01日 00:25
    コメントありがとうございます。焼酎のお湯割りで異次元の世界です。あす真面目に読んでコメントさせていただきます冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月01日 13:23
    詳細なコメントをいただき大変ありがとうございました。
    勉強になりました。

    >性に関しては遅れており、未発達国の方が進んでいます。
    知りませんでした。具体例などありましたら教えて下さい。
    未発達国の情報としては、私の知識がないのかもしれませんが、FGMという野蛮な伝統を非難する文脈でしか伝えられていないように思われます。日本の方が進んでいると思ってしまいます。

    >議論はすれども長年、行動に移した事がないのが実情です。
    そうですね。
    例えばご存じでしょうが性教育に関して七生養護学校事件を調査したことがあります。児童生徒にとって必須の教育をしていました。しかし、政治家の主観的な歪んだ性観念を子どもたちや教育者、保護者に強制した事件です。裁判所でさえ加担した産経新聞社に対する訴えを棄却するなど、国家の側が人間性を侵害しています(その後必要に迫られ改善されてきました)。

    性被害は本当に深刻だと思います。
    本来は天真爛漫で活発なのに、消え入るようなキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんにお会いしたときのことも忘れません。
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960872867&owner_id=8012673&org_id=1960972197

    ある方から話を聞きました。小児の頃父親から被害を受けた影響で結婚後も性に関する消極的な心情から抜け出せないことも一因となって離婚させられたとのことでした。彼女を一生支配しています。話しを聞いたとき、私は肩を抱いて一緒に泣くしかありませんでした。
    心を支配し、魂を破壊し、一生を殺します。たった一度きりの人生なのに。苦しむために生まれたのか。

    家族、親族、地域、会社、社会、国家総ての段階での基本的な問題だと思います。

    貴姉がおっしゃるとおり、底には、人間を人間として扱わず欲望、カネ、名誉のための手段と見なす思想と行動があります。

    政治とは、このような思想と行動をなくし、総ての人間を解放して自由にするためにこそあります。そのために政治を「国民から信託」(憲法前文)されています。
    しかし現実は人間を手段化することに利益を持つ人たちがエリートして君臨しています。それゆえ、エリートの層の加害行為は検察、司法さえもが寛大に扱います。最近は官僚のトップである財務事務次官によるセクハラ事件もありました。

    人間を手段化するといえば10月に竹中氏がテレビで「正規雇用はクビを切れないんですよ。だから非正規雇用をだんだんだんだん増やした。」と発言しました。竹中氏を経済ブレーンに登用した菅総理は竹中氏のこの発言について国会で問われましたが、知らない振りをして簡単に逃げ切りました。クビを切る…。今の社会では生活できず最後は切られて死ぬことを意味します。

    安倍首相による桜問題は、事務所による文書不記載という形式犯レベルで決着をつけ、安倍本人は知らなかった被害者的な存在だったということにすることが菅、安倍、検察の間で決められたという噂がメディアの知人たちから飛んでいます。その可能性もあり得ると思います。それでも許すような国民の多数意識が国家によって形成されたことを緻密に計算しているのでしょうが、どのような計算になるのでしょうか。

    世論の作り方を研究する社会心理学も含めた各方面の専門家をそろえた「統治エリートグループ」は庶民よりも格段の知恵があります。菅内閣の大臣メンバーによるニセ情報作りの過去の罪状にリベラルな新聞でさえ触れようとしません。売り上げ減を死活問題として抱える新聞界は内閣によるしっぺ返しが怖いのでしょう。統治エリートによる新聞、テレビ、ネットの支配が強化されています。善良な国民へのなりすましも含めて。

    悲観的なことばかり書いて、削除しようか迷いました。
    でも、貴姉は強い方だと思われ、このままにさせていただきます。

    書くスペースはありませんが、希望の芽も多彩にあります。性被害のことも含めて人間の尊厳を実現する各方面の行動があります。10数個の団体に関与していて、そう感じます。

    しかめっつらでなく頭を上げて笑って前に進みましょう。歴史の流れと世界の民衆の動きを見ると(研究会で議論しています)人間の尊厳のための行動が活性化しています。これと連動して国内の諸問題を解決したいものです。日本ならではのこともでき、日本は絶好のポジションにあると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月01日 15:33
    > mixiユーザー ご自身の日記を紹介して頂きまして有難うございました。日本が「性」に関しては未発達国の方が、進んでいる。と記載しましたのは、伊藤詩織さんがジャーナリストとして作成された動画を見たからです。
    最初はFGMを止めよう、勇気を出して「NO!」と言いましょう!から始まり、途中で子ども達への「性教育」の様子を丁寧に撮っています。男子、女子と分かれて「それぞれの性について」「自分の性と異性の性との違い」女子には「見せたり触らせたりしてはならない身体の部分」男子には「女子の身体で触れてはならない部分」これらを歌の中で身振り、手振りをしながら歌う様子を動画の中に入れ込んでいました。この時点で既に日本とは全く異なり「性」に関して進んでいる。と思いました。この動画は以前はYouTubeにあったのですが、探して見ましたが今現在はなくなっています。世界中に発信出来るように何カ国語にも訳されています。伊藤詩織さんの公式サイト、Twitter、ドキュメント作品などを紹介しているURL.を記載しておきますね。作品を紹介しているサイトでは5作品が挙がっています。その内の2作品は、FGMを拒否している女性の生き方、子ども達にもFGMを拒否するように勧めている様子などが撮影されています。彼女はジャーナリストとして数々の賞を受けています。
    お暇な折りにでも覗いてご覧になって頂きたいと思います。

    Twitter:Shiori Ito
    @photograshiori
    https://twitter.com/photograshiori

    「身体を傷つける儀式を9割の少女が受ける国で。撮影したジャーナリストの思い」

    https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/shioriitofgm?fbclid=IwAR0sXiVbOLVgoQK5zDTULn0ThRWnXHJ6ycDql_5AWsnQEKD7IfQ-nRNxzkw

    「伊藤詩織作品一覧:5作品」

    https://creators.yahoo.co.jp/itoshiori

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月01日 18:42
    FGMの2作品を視ました。
    どうもありがとうございました。

    私の問題意識はコメントで記載したとおり、被害が多い女性たちが日本では僅かな人しか行動しないのは解せないことです。me tooにしても刑法改正問題にしても女性は欧米の女性と違って起ちあがりません。なぜなのだろうかと思います。
    男性社会であることと並んで女性のこの現状が伊藤さんのような方を生んでいるのに、伊藤さんを今なお孤立させていると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月01日 19:48
    > mixiユーザー 日本では性被害者達の人数が多いにもかかわらず、ほんの少人数しか訴えたり、自ら行動に移さないのは
    性被害に遭った事を恥ずかしい事だと思ってしまう、自分が甘かったから被害に遭った、復習が怖くて告白出来ない、
    等など、加害者が悪いのに、自分を責めてしまう傾向が多数、ある事は確かですね。
    伊藤詩織さんも、日本で激しいバッシングに遭い、今現在は国外に居住されていますよね。
    国内での最近の記事で、女性議員が町長からセクハラを受けて訴えましたが、議員達に相手にされず、メゲすに議会に出たら、男性議員達が(女性議員は1人・初めての女性議員)揃ってヤジを飛ばしたり、暴言を吐いたりするそうです。
    勇気を出して訴えても、日本では権力を持った者が醜い手段でウソだと言い張り、本物をウソだとしてしまう傾向が、
    とても強い事に憤りを覚えています。今日のmixiニュースでは、子ども達が自宅に居場所がない、と施設に来るそうですが18歳までしか預かる事が出来ないが、児相は17歳までが限度。子ども達を救う手立てが無きに等しい事を嘆いています
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月02日 07:37
    コメントありがとうございます。
    確かに、被害者についてはそのような傾向が強いですね。
    では、なぜそうなのかが問題なのだと思います。この問題を議論しないと日本はいつまで経っても変わらないか、差別をする側は権力を持っているので一層事態は後退するかもしれないと思われます。

    仮説かもしれませんが、被害者本人については、性被害に限りませんが自立心の不足や皆に関わる公共の利益に連なっていることの認識がかなり不足していることかなと思われます。

    ではなぜそうなのでしょ
    社会や国家がそのような人間を育成してきたしこれからもそうだからと言えそうです。
    社会や国家を変えなければなりません。
    すると、変える行動を起こすには個々人が公共の事柄への関心と行動を強めるという上記と同様の問題になりそうです。

    次に、被害にあった本人以外の第三者の問題です。
    被害者のことを自分のことのように考えて行動するという思いやりと公共的な観念が不足しているのでしょう。

    フラワーデモ等々、行動が広がりません。コロナ禍以前のことですが以前のようにデモの途中から加わる人もいなくなりました。集会参加者も先細りです

    伊藤さんは、バッシングを受けたことともに、行動が盛り上がらないことに絶望して外国に去ったのかもしれません。

    自立心、思いやり、公共性となると大変深刻な問題であり、もしかしたら現在よりも後退する可能性さえあります。
    30代以下は特に深刻です。この点を指摘すると、「個々の小さな問題を批判するのではなく、大局を見るべきだ」と逆に反論されるケースが増えてきたようです。大局をみると権力は悪くないという認識です。

    なお、被害者本人については、自分を責めてしまうのは、性の問題より広げて考えると、自己責任の観念が日本は世界で断トツに1位であることを指摘できるかと思います。2位のアルゼンチンを10%以上引き離し、国際的には不可解だと驚かれています。政治や行政が粘り強くしてきた自己責任の意識を作る教育が大成功しているのかもしれません。メディアや教育システムもそれに乗っています。

    草津町の問題を書いておられるのかと存じますが、これについては女性議員とその他の議員・町長の主張のどちらに真実性があるのか、それなりに調べましたが私には判断できませんでした。移住、結婚、政党の変化、初当選以後の得票数の変化、周囲とのやり取り等々時間的なプロセスをみると女性議員の側にも問題が相当あるのかもしれません。従って私はこの方を擁護する署名をしませんでした。女性議員支持のコメントを見るとあまり調査していない印象を強く持ちました。
    思いやり、公共性が問題になりそうですが、同情し支援できるファクトが乏しいと感じました。

    但し、草津町のことは大変前に署名要請があったときに見ましたので、その後の事態の変化の有無は調べておりません。

    居場所の問題は本件とどのように関連するのか思いつきません。

    いずれにせよ、全力を尽くしましょう。それぞれの方法で、歓喜の歩みを。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月02日 20:37
    活発な発信に敬意を表します。
    幾多の問題の中でも性虐待は貴姉のご関心が大きい分野かと推察しコメントさせていただきました。

    お読みいただきましたでしょうか。
    かなり飛躍して厳しめに書きましたので違和感が沢山あるのは承知しております。
    どのようなご批判も甘受いたします。ご遠慮なく。


    なお、今日はたまたま下記のニュースに目が留まりました。
    先週は日本の資本主義経済における人間の商品化について勉強会に参加しました。
    そこでは採り上げられなかった重大な問題に触れています。
    上の方でフランスとの比較を記載しましたが、欧米との違いにまで拡大しているニュースです。

    第13回「初体験、誰に捧げる?」アイドル夢見る少女への性暴力
    https://digital.asahi.com/articles/ASND135N9NCZTIPE024.html?ref=webpush1201b

    抜粋
    「ライブ会場で未成年の少女のグループに中年男性が群がる光景は不自然で異様だった。フランスをはじめ欧米では社会が許さない」と語る。母国では未成年のアーティストはいても、性的な対象とみなすことはない。」
    「日本では子どもが性的に描写された漫画やアニメが合法とされるが、海外では容認されない」。小学生アイドルに熱狂する男性ファンが抵抗感なく受け入れられるのは、子どもを消費の対象とすることに寛容な文化のあらわれとみる。」

    性被害者もそうでない男性を含めた非当事者も性被害をなくす行動に消極的なのは、商品化の氾濫も要因の一つになっていると思われます。欧米どころかご指摘の後進国にもない日本の特徴ではないでしょうか。
    性の商品化は資本主義における人間の商品化の具体例の中でも人格の核心部分に関わり極めて犯罪的だと思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月02日 22:35
    > mixiユーザー こんばんは。
    急な事情で申し訳ありませんが、家人が心臓の発作で緊急入院となりました。ICUに入っています。私は先ほど
    やっと帰宅しました。コメントを頂いてますのに、お返事は少々時間を頂きたいとお願い致します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月02日 23:07
    それはご心配ですね。ご快復をお祈りいたします。私も同じ病気で救急車で入院したことがあります。最後の勤めはそれで退職しました。安静に努めて下さい。ご覧いただくだけで、コメントいただかなくても結構です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月03日 15:44
    > mixiユーザー 多数のコメントを頂きまして有難うございます。お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
    >居場所の問題は本件とどのように関連するのか思いつきません。
    言葉足らずで申し訳ありませんでした。mixiのニュースから【相談、コロナ禍で2・5倍 家出「少女の問題ではない」】https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6325778
    家出をした子どもが、SNSやネットゲームで知り合った男の家などで保護される事件が相次いでいる。
    「記事内容」
     子どもを保護者に無断で家に泊めると、状況によって未成年者略取誘拐罪などに問われる。警察庁によると、未成年者が被害者となった略取誘拐と人身売買事件の認知件数は2018、19年ともに260件以上で、180件前後だったそれ以前から急増している。また、家出をしたとして行方不明者届が出た20歳未満の少年少女は、ここ3年は年間1万7千人ほどで推移している。
    困難を抱える子どもが搾取や暴力に行き着かなくてよい社会を目指して活動する一般社団法人「Colabo」代表の仁藤夢乃さん(30)は、家出をしたり、家に居づらいと感じたりしている少女たちの相談を数多く受けてきた。

    少女たちは、家や学校、児童相談所(児相)で何らかのSOSを出しているものの真剣に向き合ってもらえず、大人への不信感をもって自暴自棄になっているという。「大人から何度も諦められ、自分も自分を諦めている。自分が悪いと思っているから、ひとりで何とかしないといけないと思っている」と仁藤さん。「相談は15〜18歳が中心で、ほぼ全員、SNSで居場所を探し、男の家に泊まって性被害を受けている」

     ヒロキさんからご紹介頂きました朝日新聞の記事に多数の相談窓口や救済をして貰える場所が記載していましたが、
    その中にも挙がっていた場所です。

    **********************************************************

     自立心、思いやり、公共性、確かに日本の子ども達は他国と異なり、学校の授業でもディベートなるものを取り入れていません。家庭内で好き勝手に自己主張(自分本位)はしますが他者と論じる、という行動は苦手な分野だと思っています。他者を思いやる行為はまず、自分自身を思いやる事から育つものだと思っています。区別はしても差別もする。
    声を挙げれば挙げるほど、公に晒す事にもなり得ます。親からの愛情を子ども達に与えられない親達の多い事。
    愛情表現が苦手な民族ですが、これらの事態は「負の連鎖」だとも捉えています。
    悲しい事に子ども達は自分の親達よりも「甘い言葉(愛情で溢れている、と錯覚しています)」で獲物をおびき寄せる
    第三者に身体を提供し魂をも売る手段でしか偽物の愛情であっても近寄って行きます。
    「性交同意年齢」は他国と異なり、日本は13歳です。驚くべき事態ですが被害当事者団体や支援団体も16歳に引き上げようと運動をしていますが2017年の性犯罪刑法改正で引き上げは見送られています。
    このような状態で大人達は子ども達を守っているとは言えないと思います。

     私が性犯罪を厳しく取り上げるのは「詩織さん事件」が発端です。
    権力をフルに使い、1人の女性の人権を踏みにじり「魂の殺人」をしておきながら未だに知らぬ振りをしている人達を許す事は出来ないですね。人間の尊厳というものが全く無きに等しい。昔から少々正義感が強い方でしたので弱者をあの手、この手で自分の意のままにする動きを見逃す訳には行きません。
    「魂の殺人」との言葉は実際はアダルトチルドレンの実態を書籍化しているタイトルです。
    (スイスの精神分析家であるアリス・ミラー著)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月03日 16:00
      群馬県草津町で起きた町議セクハラ事件ですが、被害者よりになれば記事の内容も「女性目線」になっています。

    【まるで現代の魔女狩り? 性被害を訴えた草津町議会女性議員へのリコール〈dot.〉】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ceb4739c34ff680cfeba7388c14e7528db6380d

     【草津町長をセクハラ告発の元町議 過去には「美智子さま」直訴騒動も】

    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/01070559/?all=1

     【「セクハラ」訴えの前草津町議、県が除名処分を一時停止】

    https://www.asahi.com/articles/ASN2D7DD6N2DUHNB00W.html

     だいぶん前に、署名運動があった様子ですね。
     署名をするのも考えものですね。
     以前に署名をした出来事があったのですが、署名をしたと同時に金銭が絡む事に気が付き、
     少額ですが協力をさせて頂きました。
     その後、次から次へと署名を勧めるメールが届くようになりました。
     すべてが、金銭絡みの署名でしたので、キリがないと思い、それからは無視をする事にしました。
     いい機会でした。学ばせて頂きました。

     お返事になりますか、否か、的がズレてしまったかも知れません。

     (お礼の言葉が遅くなってしまいました。昨夜は、お気遣いを頂きまして有難うございました。
     今現在も、ICUに入って治療を受けています。ペースメーカーを入れているのですが、
     「完全房室ブロック」の上に「狭心症」があるので最近は脈が止まったら自動的に器械が回復してくれる、
     大き目のペースメーカーが出ているそうです。落ち着きましたら、新たに大きなペースメーカーと
     入れ替える手術をする予定になっています。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月03日 18:24
    完全房室ブロックですか。重体ですね。手術が成功されることを祈ります。

    記事のご紹介ありがとうございます。

    大久保記者の連載は心を打ちます。朝日はいい仕事をしています(こういうところが朝日バッシングの重要な背景になっている恐ろしい日本です。この種の記事は名指しで非難できない背景です。)

    朝日の11月30日のデジタル版では14歳で家出して男の間を放浪した女性が20歳になった今年に支援団体に出会って自分は被害者だったと気付いたとの記事がありました。
    6年間もかかったことに日本の現状が集約されていると思います。この間、周囲の大人は気付かせてくれなかったし、女性が自力でつかむ情報も社会にはなかったということです。

    日本は人権後進国です。
    と、ここまで書いて、上記女性と同じようなもんだとふと思いました。
    日本人は国内の権力者やエリートに性の問題に限らず踏みつけている被害者なのに(多数派の国民)はまだ気付いていません。昔から繰り返し繰り返し国連(いわば「支援者」)からこの点を警告されているのに国民自身が無視しているのは上の女性以下とも言えそうです。
    上のコメント記載のように日本人は自分が悪いという自己責任意識は世界で断トツの一位です。記事の女性がリストカットなど自殺未遂を繰り返し自分を責めるのと似ています。「リストカット国民」…。

    政府が云々以前の私たちを含む社会自体の問題が第一段だとすると、
    そのような社会に利益を見出している財界の問題、すなわち先に書いた性の商品化という経済の問題が第二段(木村花さん事件は女性の性どころか人格の商品化ですが、フジテレビという政府に近い企業は木村さんの責任にしています)、
    その財界の利益を優先して貴姉ご指摘の性犯罪の緩さの是正に反対する国会の多数派と内閣という政治の問題が第三段です。

    国民は財界人や政治家の抜け目のなさや鋭さに比べて圧倒的に勉強不足です。
    これらの重層構造に国民が気付かないと変わらないと思います。
    今私がしている仕事の一部はこの点に関係します。

    国民の正義感自体は健在です。そこを基点に深い構造を学び前進すれば未来は開かれると思います。というかそれしかありません。

    草津町の件は今日のAERAのデジタル版で北原みのりさんが町議会を傍聴したレポートをしています。あの北原さんでさえ新井議員側の主張を支持する文章は書けず周辺的なことでお茶を濁しています。AERAは何を考えているのか?
    なお、私見はあくまで状況証拠にもとづく主観に過ぎません。事実は分かりません。

    署名はたしかChange.orgだったかと記憶しています。
    これはデラウェア州にある民間企業で、だれでもここを使って署名を集められるようです。真実性は署名者に判断させるのでしょうが、真実だとどこかで判断済みだという錯覚を利用した営業かもしれません。すると、トランプ、安倍、菅ラインのフェイクを批判できるのでしょうか。
    私はきちんと調査していないので暫定的な判断です。
    「批判」の欄等、参考になります。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Change.org
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月03日 18:42
    書き出すと止まらない悪癖があり、いつも長くなって恐縮です。
    貴姉とは、自分の考えも俄か整理ですがそれができたり発展できて有難いです。
    考え方をきちんとまとめられたら公開も視野にあります。
    なお、他のマイミクさんの所でもしばしば長文のやり取りをしております。
    (自分の日記で書けばいいのに、自分の所ですとコメントを早くしなければという思いなどから怠け気味で失礼しております。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月03日 19:03
    > mixiユーザー 署名は、Change.orgでした。最近になってやっとメールが来なくなりました。あまりのしつこさに、
    しばらくの間、無視をしていたのであきらめたのでしょう。「批判」の欄、全くもって「その通り」です。
    疑問を抱いても不思議はないですね。数々の参考情報を頂きまして誠に有難うございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月04日 17:14
    いいね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月04日 18:50
    > mixiユーザー コメントを頂き、有難うございます。PC.の具合はいかがでしょうか?アップグレードをされてから
    具合が良くない、と以前に記載をされてましたね。Windows10は欠陥が多数、あるようで特に、辞書関係には、
    困っています。文字が×印になってしまい全く画面に表れないのが面倒極まりなく(これがWindows10の欠陥の1つ)
    絶えずメモ帳を起動しておけば文字は出た状態になります。冷え込んで来ましたのでお身体をご自愛下さいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月05日 19:03
    > mixiユーザー お気使い有難う御座います。ver20H2 にバージョンアップしましたが大きな不具合は有りません。
    おっしゃる通り辞書関係のコピペ等が面倒臭くなりましたが、少し細工をすればOKです。

    政治的発言はしない主義なのでコメントしませんが『応援しています』(^O^)/

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月