ホーム > mixiユーザー(id:67206710) > mixiユーザーの日記一覧 > アマゾン依存症は男性に多い? その理由は

mixiユーザー(id:67206710)

2019年11月21日09:18

14 view

アマゾン依存症は男性に多い? その理由は

「アマゾン依存症は男性に多い? その理由は」2019/11/21

今や書籍だけではなく、DVDや生活雑貨、家電に至るまで購入できるネット書店amazonそんな便利なamazonで、商品を衝動買いしてしまう困った習慣「アマゾン依存症」なるものを抱える人が増えている。衝動買いの背景には、クリックだけで購入できる手軽さや、その人の購入履歴からみたおすすめ商品を提示する「おすすめ機能」など、様々な要因があるが、そのひとつとして「当日配送」もあるのではないだろうか。

 注文時に「当日お急ぎ便」を選択すると、アマゾンは当日に送ってくれる。午前中に注文すれば、まずその日のうちに届く。当日お急ぎ便は注文ごとに500円かかるが、年会費3900円の「プライム会員」は、注文ごとの料金がかからない。だが、この便利さも、新たな厄介を引き起こす。

          
フォト

        「二重洗脳-依存症の謎を解く 著者: 磯村 毅」

 「○月○日 ○曜日にお届けするには、今から□分以内に注文を確定してください」と出る。時間が進むにつれ、いつの間にか中身そっちのけで、当日中に商品が届くことを優先する心理になる。気づけばパソコンでクリック、スマホにタッチ。

 「たばこが体に悪いと分かっていても、やめられない人は多い。脳の性質上、行動を起こして『報酬』が得られるまで短時間のものには依存しやすい。たばこは取り出してライターに火をつければ、すぐ報酬(たばこを吸うこと)が得られる」(『二重洗脳─依存症の謎を解く』の著書がある磯村毅医師)

 だが、買い物依存は以前からあったはずだ。アマゾン依存は何が違うのか。『衝動買いさせる技術』の書があるマーケティングコンサルタントの松本朋子さんは、「衝動買いや買い物依存は女性に特徴的でした」と言う。

 ところが、周囲を見渡すとアマゾンにハマるのは男性のほうが多い気が──。この理由を、買い物依存症の患者を長く診てきた精神科医は説明する。

 「女性は、商品を買うまでのプロセスを楽しむ傾向がある。店員からの『お似合いですね』という言葉が聞きたくて買い物するといったようにです。男性は過程ではなく、車や時計など、商品そのものへの関心が強い傾向にある」

「注文即配送」のアマゾンに、このプロセスはない。

「買い物プロセスを省いたネット通販は増える一方。買い物依存の男性も増えるのではないでしょうか」(同)

★*━*━:☆:━*━*★*━*━:☆:━*━*★*━*━:☆

さて、この日記をご覧になられたあなたはいかがでしょうね?
知らない間に同じような経験をしているのではないでしょうか。

 o(´^`)o ウーン…ちょっとYAHOO!のヤフオク!での売買行為の経験を持っている方々ならば、少しは気持ちが理解できるのでは?
毎日、時間があればスマホからヤフオク!の画面を見たりしてはいませんか?

「何か、買うの?」「いや、そうゆうつもりはないんだけどね」
これですね、このパターン、買うつもりがなくても画面を見れば安心する。

 amazonは、女性も多数の人数が占めていますが案外、いざとなればサイフの紐が固くなり、そう、特に最後の「お買い物・確認の画面」になる寸前ですよね。

 でも、「欲しいものリスト」には多数のものが入ってる!
そのリスト内を見るだけでも満足感が得られる。
買ったような気持ちになっちゃうのですよね。
「欲しいものリスト」の中に入れた品物を何度も見ていると、リスト内の品物は、まだ誰も買ってはいない。何を入れたかは、自分だけが知っている。

 「いつかは、買いたい」「いつでも買える」「今日、買っちゃおうかな」「ちょっと待てよ」心中、穏やかならず。いえいえ、あなたの事ではないですよ。

あら、あれ、当たってました?


※AERAより


2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

2019年11月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月