mixiユーザー(id:67102390)

2021年05月10日05:24

24 view

観た映画 「リーサル・ウェポン2炎の約束」 1989年アメリカ

「リーサル・ウェポン2」は昔観てるはずなのですが、海岸のモーターホームがヘリからの銃撃で穴だらけになるとこと、崖っぷちの家の土台柱を4駆で引っ張って壊すとこの派手なシーン以外は完全に忘れていましたので、しっかり楽しめました。しかし、派手に壊れた赤いBMWから金貨がゾロゾロとか、マータフが家のトイレの爆弾で一晩釘付けだったとか、こんなシーンあったっけというものばかり。いや、「1」以上に凄い作品でしたね。午後ロードは、「1」も「2」も結構カットされている部分が多いので、ノーカット版をちゃんと観てみたいところです。そうそう、パッツィ・ケンジットがすごく魅力的でした。

フォト

フォト

フォト


「リーサル・ウェポン2炎の約束」 1989年アメリカ
メル・ギブソン主演! 人は彼を“究極兵器”と呼ぶ! ロス市警の凸凹コンビが繰り広げる大人気アクション大作の第2弾! 今回の敵は外交特権を利用した悪徳外交官? 原題:Lethal Weapon 2
ストーリー:ロス市警の刑事リッグス(メル・ギブソン)と相棒のマータフ(ダニー・グローバー)は、麻薬組織を追っているうちに、シンジゲートの黒幕が南アフリカ領事館の外交官ラッド(ジョス・アックランド)だと気づく。ラッドはやりたい放題に悪事を働き、私腹を肥やしていた。そして、自分が調査をされていることに気付いたラッドは、リッグスとマータフの存在が邪魔になり、マータフの家に爆弾を仕掛けるが、マータフはなんとか一命をとりとめた。その後、2人は銀行員レオ(ジョー・ペシ)の護衛を命じられる。レオは、ある麻薬組織の儲けた金のマネーロンダリングを担当していたが、その金を少しずつくすねていたことが組織にばれてしまい、命を狙われていた。自身の安全を確保するため警察に自首したレオ。護衛についたリッグスとマータフに脅されたレオは、一度行ったことのあるボスの隠れ家を思い出したと2人に話し、その場所へ案内する。屋敷に乗り込んだリッグスとマータフは、激しい銃撃戦とカーチェイスの末、ラッドを逮捕する。一旦は逮捕されたラッドだったが、治外法権を盾に釈放される。リッグスらに悪事を知られたと思ったラッドは、麻薬取引で儲けた莫大な金を、事件が発覚する前に国外へ持ち出そうと準備を始める。それと共に、自分の正体を知ったリッグスやマータフらロス市警のメンバー殺害を企てるが……。
出演者:メル・ギブソン(リッグス)[声]磯部勉、ダニー・グローバー(マータフ)[声]池田勝、ジョー・ペシ(レオ・ゲッツ)[声]樋浦勉、パッツィ・ケンジット(リカ)[声]井上喜久子 監督:リチャード・ドナー 制作:1989年/アメリカ
映画 2021/05/07(金) 13:40 2時間00分00秒 地デジ 071CH テレビ東京1 ファインロング(HD) 3,346 MB

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

過去の日記

2021年
2020年
2019年