mixiユーザー(id:67102390)

2021年03月31日05:38

9 view

ドウダンツツジ(灯台躑躅) Enkianthus perulatus

例年の場所のドウダンツツジも、早々と咲きそろっていました。白くて可愛い小さな鐘のような花がいっぱい咲いているのは、楽しいですね。

フォト

フォト

フォト


ドウダンツツジ(灯台躑躅) Enkianthus perulatus
日本が原産のツツジ科ドウダンツツジ属の落葉性低木。別名は満天星躑躅。枝分かれする形が、昔夜間の明かりに用いられた「燈台」(燈明台、または、結び燈台、燭台)に似ていることから「とうだいつつじ」になり、さらに次第に変化していって「どうだんつつじ」になったといわれる。漢字表記の「満天星」の方は、中国名に由来する。白い花が咲きほころぶ様を満天の星に見立てた。4月上旬から5月中旬に1cm以下の小さな壺状の花をつける、落葉低木で樹高は3mまで。秋の紅葉も美しい。本州、四国、九州の温暖な岩山に生えるが、自生地は少ない。庭木や植え込みとしてはごく普通に植えられる。花序は散形花序である。花は、白色、釣り鐘のような感じで、5mm程の大きさ。葉は、菱形に近く、大きさは通常約2cm、大きなものは、約5cmになる。ドウダンツツジの品種に葉が広いヒロハドウダンツツジがあるが、自生地ではむしろヒロハドウダンツツジのタイプが多く、同一場所に両者やその中間型が混在して見られる。花言葉は「節制」「返礼」「上品」「素直な告白」など。

フォト

フォト

フォト

フォト

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

過去の日記

2021年
2020年
2019年