ホーム > mixiユーザー(id:67093109) > mixiユーザーの日記一覧 > ああ、いつもの馬鹿弁護士の難癖だ、

mixiユーザー(id:67093109)

2019年10月24日09:50

88 view

ああ、いつもの馬鹿弁護士の難癖だ、

ああ、相変わらず日弁連は糞だな、何故犯罪者に人権なんだよ、お前らはそれだけの事をしたんだから、刑期の間は我慢しろよ、被害者には人権はないのか、馬鹿弁護士は加害者に味方ばかりしてるけど、
6 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 10:53
    ニュースより失礼します。

    「日弁連が駄目だ」という主張は否定しません。

    しかし、その根拠が日記本文ならば、以下の点で反論されると思いますから、それに対する反論を考える必要が出てきます。

    ・「刑期の間」と言うのなら逮捕・勾留中は「刑期」ではない。
    ・「犯罪者に対する人権の有無」は1つのテーマとなり得るが、仮に犯罪者に人権が無いのが妥当だとすれば、殺人犯も赤信号無視での横断歩道通行歩行者もショートカットで他人の土地を許可なく通行する者も等しく人権を失うはず。程度(大小)はあるものの、いずれも明らかな「犯罪者」であることに変わりはないから、この点についての整合性を考える必要がある。
    ・「被害者に人権はないのか」という主張に関して、では「被害者の人権」とは何か。加害者のあらゆる人権を制限することが「被害者の人権を尊重すること」であるのかということを考える必要がある。
    ・「弁護士は加害者の味方ばかり」と言うが、刑事事件における加害者(被疑者)は弁護人(弁護士)付けることができるの我が国の最高法規である憲法によって規定されている。弁護人は加害者の「代理人」であるから、加害者の味方というより、加害者の意に反することはできない。一方で、被害者(遺族)が弁護士を付けることは法令の定めが無いから、付ける付けないは自由だから弁護士を付けようと思えば付けられる。そうすれば、被害者(遺族)の味方として依頼者(被害者(遺族))の為に尽力してくれる。この点を考慮したうえで、「弁護士が加害者の味方をしている」と言えるかを検討する必要がある。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月25日 18:09
    日弁連は死刑廃止を訴えるトンデモ団体だが、今回は彼らの言う通り。刑が確定して収監されるまでは推定無罪が適用される。逃げようという意志のない者を不当に拘束するのはおかしい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の日記

2019年