mixiユーザー(id:67090186)

2021年09月03日14:30

139 view

菅総理や二階氏を許せない人が多いようですが、あの人(〇〇氏)はもっと許せないのではないでしょうか。

なんか総裁選は二転三転で茶番劇臭いですね。

菅総理や二階氏にどうしても目が行ってしまって
とにかくその二人は許せない!みたいに思って
いる人が多い気がします。

もちろん、彼らの失敗・失態はひどいものがあります。
許せるものではないですね。

しかし、もっと許せないのは、安倍氏ではないでしょうか。
安倍前総理です。

安倍氏は総裁選に出るわけではないし、今は表舞台に
いるわけではないので、関係ないでしょ?と思われる
方もいるかもしれませんが、関係大ありです。

コロナで最も国民が不安で混乱していた時期に、
病気を理由に身勝手に突然辞任していながら、すぐに
復帰して、憲法改正の最高顧問に就任しているのは
皆さん、ご存知でしょうか。
そして安倍氏は自民党の最大派閥の長として着々と
地盤固めを進めています。
しっかり、二階氏と並ぶ安倍派の派閥の長となり、
実質的に最高権力者になるために全力を注がれて
いるようです。
つまり、国民のほうを見ず、自分のために一生懸命に
頑張っておられるということで、国民は地の底まで
馬鹿にされているということです。

このように言うと、私は個人的に安倍氏が嫌いなの
ではないかと思う人もいるでしょう。

違います。
私は多くの皆さんと同じように安倍氏のことは
人として、どこか憎めないようなキャラで好意的に
みていることが多かったです。
しかし、政治家としては許せません。
こういう無責任で、深く考えることができない
おぼっちゃま気質の人は、国のトップの政治家と
しては、むしろ非常に危険だと考えます。

というのは、コロナ禍や災害、戦争などといった
有事の時には特に、こういったおぼっちゃま気質の
トップの判断は、深く考えず、格好よく言うだけの
人になり、国民に悲劇をもたらすからです。

もちろん、本人にはそんなつもりはなく、正しい
ことをやっているつもりですが、むしろ、それが
なおさら危険と言えます。
その一つの判断がどういう結果をもたらすのか、
という想像力に欠ける浅い考えが恐ろしいわけです。
その上、自身が下した決断によって、事態が悪化し
問題が複雑になると、本人は逃げ出します。

まさに昨年の安倍氏の総理辞任劇がそれです。
コロナ禍で最も不安な中、先進国の中で自分から
辞任したトップは安倍氏だけです。
体調不良が理由であれば、仕方ないですが、すぐに
復帰して今、コロナ対策とはまったく関係のない
ことばかりに一生懸命されておられるのは何なの
でしょうか。

こういう人がコロナ禍の混乱を利用して民意を
誘導し、国民の命ほど大事な憲法を自身の都合の
よい内容に改変しようとしているわけです。
本当に危険極まりないですよ。
憲法改正の是非はともかくとして、とにかく
混乱の時期に強引に権力者都合で行なうなど
絶対にあってはなりません。

菅氏や二階氏に怒るのもいいですが、まずは
安倍氏に怒るべきではないでしょうか。
こんなことを許しておいてよいのでしょうか。

皆さん、誤解している人も多いですが、安倍氏は
絶対に総理大臣としては復帰しませんよ。
もちろん彼自身が最も嫌いだと思われるコロナの
ことが完全収束したならば、総裁選に出て復帰する
可能性もわずかにあるでしょうが、コロナはこの
先1年以上収束しないため、絶対に復帰しません。

なぜなら、彼はコロナ対策や災害対策といった
国民が最も求めていることには興味がないと
思われるので。

皆さん、安倍氏の雰囲気にごまかされている場合
ではないですよ。
人として好きであるのは構いません。
しかし、政治家として判断するのは別の話です。
なんとなく人がよさそうだとか、なんだか
憎めない雰囲気といったことだけで判断して
いると、本当に痛い目に見ますよ。
実際に行なったこと、発言したことなどで
結果を冷静に判断することが必要ですよ。

今安倍氏は裏に回って、自身の申し子のような
高市早苗氏を総理大臣に送り出したいのでしょう。
ですので、高市早苗氏を支持するということは
安倍氏を支持することと同じです。
高市早苗氏は昔は柔和で知的な女性議員でしたが
安倍政権に入閣してから、非常に険しく怖い表情に
なられた印象しかありません。
総務大臣の時には、電波停止でメディアに脅しを
かけておられましたが、これは非常に危険なこと
だということを皆さんも知るべきです。

もちろん、それを指示していたのは当時のトップの
安倍氏の他なりません。
(官房長官だった菅氏の指示だったかもしれません。)

今、菅氏や二階氏に目が行ってしまいますが、
安倍氏のことを忘れてはなりません。
最も引退もらうべき人は安倍氏ではないでしょうか。


■菅首相、自民党総裁選に立候補せず 9月末で首相を退任する意向
(朝日新聞デジタル - 09月03日 12:05)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6653592
2 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月03日 15:49
    そもそも総理大臣まで上り詰めて、
    政治の最高責任者にまでなったのに、まだ政治家でいる
    この日本の政治がおかしいです。

    引退もしくは、権限の無い役職に就かせて、次回は引退

    こんな仕組み作らないと、麻生みたいに
    総理になって、その後大臣でず〜といる
    安部もそう成りかねませんよ


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月03日 16:01
    岸田氏が2日のBS―TBS番組で、学校法人森友学園をめぐる問題について「国民が納得するまで説明を続けることが政府の姿勢として大事だ」と述べていますが、記者が追及すると腰が引けたような態度になって、それ以上は発言せず、同じ言葉の繰り返しだったとテレビを見ていた人から聞きました。森友は赤木ファイルの全面開示を求めている最中で、仮に岸田氏が総理になったとしても、出来るものでしょうか?安倍氏と麻生氏が森友問題は「終わった事」として調査にも応じない様子ですのに、総裁選を語る場で「森友」が出て来た事自体、疑問に思っているのですが、岸田氏のリップサービスだと受け止めていいでしょうか?あまりにも唐突過ぎますし、岸田氏は今、自分が総理になったつもりで周囲にアピールしている最中だと捉えているのですが、自己アピールの手段として安易に「森友」が餌のように使われる事に不快感を持っています。ポコさんは、どのようにお考えでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月04日 02:43
    > mixiユーザー 

    森友問題の追及については、岸田氏が安倍氏と麻生氏に対して
    完全対決の姿勢であれば、一応、ファイル全面開示の可能性も
    あるのではないかと思います。

    ただ、岸田氏は総裁選に立候補した時に、早速、安倍氏に頭を下げに行き、
    自身は護憲派であるにも関わらず、「憲法改正に取り組みます」と言っていました。

    私としては、岸田氏のこの発言は絶対に許せないと感じました。
    国民の命ほど大事な憲法を総裁選の道具として利用する上に
    自身の信念まで簡単に捻じ曲げてしまうとは、情けないと思います。

    こんな姿勢ではとても全面対決などできるはずもなく、勢いよい
    発言に口だけの演出だけといったところになるでしょうね。

    岸田氏はいつまで経ってもそういう姿勢だから、この先も総理大臣に
    なることはむずかしいのではないでしょうか。
    誰かの下で、当たり障りなく、のらりくらりやっていくのが、性に合っている気がします。

    とは言え、菅総理の辞任が決まり、岸田氏にも総理代人の可能性が出てきたとも
    思いますので、自身もそういう空気を感じ、全面対決姿勢を打ち出して
    いく可能性もあるかと思います。

    しかし、岸田氏にはやはり、かつての小泉純一郎氏のような勢いが
    ほとんと感じれません。
    やはり、これは持って生まれた性分のように思います。

    他人と対決するのが苦手な性分というか。
    もちろん、それは良いことでもあるのですが、今はとにかく二階氏、
    それにこのまま放置すると必ず出てくる安倍氏と麻生氏らを引退させるという
    今までにない勢いが必要な時です。
    そんな時には岸田氏のようなタイプだとやはり迫力に欠けます。

    岸田氏は品格はあるかただと思うので、いろいろともったいないなとは思います。

    そのようなことで、non_miyaさんのおっしゃるように森友問題は
    岸田氏なりに、総裁選を勝ち抜く刀として、チラつかせたものの、
    すぐに腰が引けて、さやに収めてしまうのではないでしょうかね。

    ただ、森友問題のことを明確に発言したことは、良いことだとは思います。
    やはり、これは自民党のしがらみの象徴のようなものですので、
    二階氏、安倍氏、麻生氏、菅氏には、しっかり罪を償わせる必要があります。

    とはいえ、今はコロナ問題のほうが最優先なのですよね。
    なので、総裁選で森友問題を全面に出しても、的を得てないと世間から
    思われてしまうでしょうね。
    とにかく、コロナ対策に失敗した二階氏、安倍氏、麻生氏、菅氏には
    引退してもらう、という強い姿勢を打ち出して、党内の若手議員や
    世間からもっと賛同を得ないと、とても岸田氏には勝つことはできないとみています。
    覚醒を期待するしかないという感じですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月04日 02:43
    > mixiユーザー 

    あとは石破氏がどう動くかですね。
    彼も少し岸田氏と同じ空気感を持っているといる印象です。
    というか、岸田氏よりさらに、口だけですぐに二階氏、安倍氏、麻生氏らに
    飼いならされるでしょう。
    石破氏は前回の総裁選などからずっとお気の毒な感じではありますけど
    私個人的には、石破氏は総理大臣にしてはいけないタイプだと思っています。

    石破氏はこの先もずっと外野で、あのねちっこい口調で、やんわりと
    やじっているだけが最も性に合っている気がします。

    河野太郎氏も立候補しましたね。
    ただ、non_miyaさんは河野氏が苦手でいらっしゃるのですよね。
    私は河野氏は一応、支持しています。
    しかし、正直、まだ未知数のところが多いとも思っています。
    というのは、能力を買われて安倍政権で入閣したものの、異端児の感が
    邪魔をしているのか、党内での人気が、今もなお、いまいちのままだからです。
    なので、今回、立候補しただけで終わる可能性も高いとみています。

    それと、麻生派の河野氏はどうも親分である麻生氏から、ずっと
    「お前はまだまだ未熟だ」と押さえつけられているように思います。
    確かにそうかもしれないのですが、私は少し違った見かたをしています。
    というのは、麻生氏は菅氏とは性格も考え方も合わないですが、
    安倍氏とは今でも非常に合っているように思います。
    気が合う仲間という感じです。
    一応、アベノミクスを通じて、共に戦ってきた同士でもあるので、
    年代を越えた友情のようなものが芽生えているのでしょう。
    それといろいろと利害関係も一致しているところもあるのでしょうね。

    しかし、麻生氏は、肝心の愛弟子であるはずの河野氏とは、年々、
    疎遠になりつつあるように思います。
    というのは、河野氏は、基本的に、安倍氏と麻生氏とは考え方が
    一致していないからだとみています。

    (安倍氏や麻生氏は、国民のため、というより、自分たちのための
    政策を最優先する考えが基本にあるようなので、今の河野氏とは
    一致するはずがありません。)

    一致していないから、話していてもいつも噛み合わず、ずれていきます。
    そのうち、親分の麻生氏と、疎遠になっていき、今ではもはや
    愛弟子とは言えない他人のような関係になってしまっているとみています。
    なので、河野氏は麻生氏からの協力を得られず、孤立することになります。
    今回の総裁選で負ければ、もはや入閣さえ、難しくなるでしょう。

    とはいえ、non_miyaさんは河野太郎氏が苦手でいらっしゃいますので
    あまりおもしろくない話だとは思います。(笑)

    ただ、正直、河野氏が苦手となると、自民党で推すことができる議員は
    誰もいなくなってしまうのではないでしょうか。

    私としては、もし河野氏が内閣からいなくなってしまった時には
    庶民にとって本当の地獄が始まるとみています。

    ちなみに、河野氏は一昨年に外務大臣、昨年に防衛大臣をされていました。
    各省での河野氏の評判はよく、また戻ってきてほしい、という声が
    多数あったそうです。
    河野氏はやや口が悪く、見た目もやや強面ではありますが、実際の
    仕事は丁寧で、現場の人のことも配慮されているそうです。
    私としては、それは非常に納得できるところがあります。
    というのは、以前から河野氏の政治的な発言を見ていますと、
    特に重要課題(憲法、自衛隊、戦争、エネルギー問題など)では、
    他のどの議員よりも、国民視点というか、庶民感覚で、
    常識的かつ人道的な考えを持っておられると思うからです。

    ただ、non_miyaさんは、おそらく、河野氏の違った一面(悪い面)を
    知っていらっしゃるのでしょうね。
    そのあたりをまた聞かせていただければ嬉しく思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月04日 03:45
    > mixiユーザー 深夜遅くに申し訳ありません。失礼をお詫び致します。お返事を頂きまして有難うございました。岸田氏に付いては自己アピールをしている最中だと捉えています。陰険な菅総理が総理候補に出ないとなりましたので永田町は大騒動。
    思いもかけず早目の退任となりました。残るは正直言って「この人!」と言うような魅力的な人物がいませんね。菅総理が候補に出ないと知って、他の議員さん達が我も、我もと集まっている様子ですね。まるで議員さん達の筑前煮状態だと思っています。何でもかんでも入れればいい、入ってしまえば後はどんなにかなる、と安易な考えで総理候補に出ようとしている人達も中にはいるようです。女性が2名、野田聖子氏と高市早苗氏ですが、高市氏は先ほど、日記に政策などを挙げています。大した事はなかったですね。野田市はまだ、政策も出ていませんので、追々出て来る事と思っています。野田市は今回で4度目の総理候補に出る事になりますね。元夫が暴力団員と認定されましたので(今年の3月頃だったと記憶しています)すっきりとは行かないまでも、この夫の事で毎回、落選していましたので裁判所が元夫は10年間暴力団の組にいたと断定しました事で、野田氏自身も晴れて活動に力を入れる事が出来るのではないでしょうか...何度もの不妊治療を得て確か、体外受精で子どもさんを出産されていますが、先天的な障碍があり、議員の仕事をしながらの育児は大変だっただろうと察しております。野田氏にしても高市氏にしても、今回は落選をしても、話題作りには効果があると見ています。初の女性総理ですね。河野太郎氏は麻生氏の反対を押し切って候補として出るようですね。行動派、何事も積極的、逆から見れば、どうもじっくり考えてから動くタイプには思えないのですよね。思いついたら即・実行に移す、移したいタイプだと見ています。非常に分かりやすいタイプですね。喜怒哀楽が激しいようですが、一つ間違えば「アンガーマネージメント研修」を受講する側になりそうですね。良く言えば、素直、幼稚な部分もあり、周囲の色に染まらない自分自身の強烈な個性を持っている人物。この個性が曲者で好き嫌いが別れる所となっているのでは?と思っています。褒めれば伸びるタイプだと思うのですが、褒め過ぎると図に乗るタイプだとも。河野氏のブログを拝見しました。自分に与えられた仕事はきっちりする方だと思います。
    せっかちな所がありそうなので周囲の人達からは落ち着きたくても、河野氏がそれを許さない雰囲気があるのではないかとも感じています。これは上に立つ者としては致命的な欠点でもあると思っています。年齢が若い?からでしょうか...いつも緊張をしているように見受けられます。ですので他者にも緩和を許さない所があるのではないかとも感じています。温和な雰囲気とは、かけ離れていますね。これらが私が個人的に気になっている所です。あぁ、それと権力に弱い所が多々、ある。言い換えれば権力志向だと見ています。ポコさんからご覧になられた河野氏とは随分と異なった分析をしてみました。良い所があるのは、充分、分かってはいるのですが、個性が前に出過ぎているように思えますので「損をしている」人ですね。あまり並べ立てましたら、自分の事を差し置いて、となりますのでこのあたりでお許しをば...m(__)m
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月05日 12:49
    > mixiユーザー 

    コロナ禍で大変な時に、総裁選のお祭りというのはなんとも複雑な気分になりますね。

    今、立候補(予定)は岸田氏、高市氏、河野氏、野田市、石破氏、あたりでしょうか。

    菅総理は寂しく辞退した感じですが、残り任期で何か変な気を起こさないか心配なところもあります。
    たとえば、防衛大臣の岸信夫氏(安倍氏の弟)を通じて、中国になどに異常なほど威嚇行為をするなど。
    実際に、今、英米を中心とした軍が、日本に集結しています。
    特に欧米では中国およびアジア人への憎悪が増しているため、中国および東アジアで戦争が起こることを
    むしろ望んでいるのではないでしょうか。
    そのため、実は今現在も非常に緊張状態にあります。
    それを逆手にとって、菅総理は最後に大きな打ち上げ花火をあげるようにやらかしそうな印象があります。
    昨日、健康診断も受けられたようで、体調万全を確認された上で、最後に一つやってやろう、みたいな。
    もちろん、そうならないように願うばかりですが。

    話を総裁選に戻しまして、non_miyaさんのおっしゃるように、女性初の総理というのは大きな話題に
    なるでしょうね。
    ただ・・・
    野田氏は二階氏の操り人形。
    高市氏は安倍氏・麻生氏の操り人形。
    に過ぎないという庶民にとってはどちらになっても最も悲惨な二人だと思います。

    しかし、自民党としては、支持率が最低となっている今、流れを変える意味では
    女性初の総理を強く推す可能性もあると思われます。

    今のところは、流れ的には岸田氏かなと思いますが、やはり岸田氏は、コロナ禍という有事の
    日本を先導するトップとして、弱さを感じるので、国民受けはよろしくない気もします。
    あと、やはり護憲派にもかかわらず、票集めのため、改憲派に寝返るという点も許しがたいです。

    石破氏は論外だと思います。
    案の定というか、前回の総裁選で負けた後、早速、二階氏にすり寄っていますね。
    今回、二階氏の手足となり、出馬する可能性もあるようで、論外中の論外です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月05日 12:49

    あとは河野氏ですね。

    河野氏は正直、個人的には総理大臣になるには今回はちょっとタイミングが早い気がしています。
    以前に書かせていただいたように、今回は岸田総理、河野官房長官という形がしっくりきます。
    そこで、河野氏はどのような手腕を発揮されるのか、明確になるかと思います。
    その上で、安全、安心であれば、総理大臣の道を目指されるほうが、理想的かと思います。
    (菅総理の後の総理大臣は、おそらく、安倍政権から続く、負の遺産があまりにも大きく、
    その処理に大変で短命で終わってしまう可能性大だと思われます。
    そういう意味でも、河野氏は今回は官房長官のポジションがよいと考えています。)

    ただ、non_miyaさんは河野氏がもはや生理的に受け付けない、という感じのようですね。(笑)
    おそらく、河野氏は特に女性受けがよくないのかもしれないと思っています。

    河野氏は比較的、表情豊かですので、よく怒りながら質疑応答している動画などが
    切り取られて公開されていますね。
    ああいうのを見ると、なんとなく権力志向で怖いと見えると思います。
    大臣になって下の者を恫喝しているようにも見えることもありますが、かなりの
    部分で誤解となっている気がします。
    というのは、外務省、防衛省では、当初は大臣となった河野氏に戦々恐々であったようですが
    退任される時には、辞めてほしくない、また戻ってきてほしいという声が多数だったようです。

    あと、河野氏が外務大臣をされていた2年前、中国や韓国との関係が劇的に改善していた
    ことも記憶に新しいかと思います。
    非常に人道的で日本のためになる外交力も持っておられます。
    (安倍氏のとってつけたような恰好だけの外交力とはまったく質が異なります。)

    あと、河野氏が防衛大臣に就任したその日、内閣改造のお披露目があたりましたが
    ちょうどその時に、千葉の台風災害がありました。
    菅総理やその仲間たちは、お披露目に気を取られ、まったく対策に気が向いていなかった中、
    河野氏は既に自衛隊を千葉県に派遣要請し、しっかり手配していました。
    そのおかげで、救助活動などが最短で行なわれ、千葉県は救われました。
    もし、防衛大臣が今の岸信夫氏などだったら、どうったでしょうね。

    ちなみに私は河野氏を初めて意識したのが、5、6年前だったと思うのですが
    当時は入閣されておらず、経済産業省などの原発推進の考え方に苦言を呈されていたことで
    彼のブログなどを見て、これまでにない、柔軟で国民目線の政治家だと認識しました。

    やはり、その後もその印象は変わりませんでした。

    よく入閣してから意見を変える、という点を指摘する人もいますが、それは組織の中で
    ある程度は仕方ないことであり、それでも他の政治家に比較しても、非常に民意に近い考えで
    バランスの取れた判断を下すことができるタイプだと思われます。

    しかし、non_miyaさんが河野氏に対して危惧されていらっしゃることも分かります。
    権力を得た場合、河野氏はガラッと変わってしまうという可能性も、現段階では
    未知ですからね。

    そのためにも、今回はできれば、岸田総理、河野官房長官という形を望んでいたのですが
    それはかなわないようです。

    non_miyaさんは今の候補(予定)の中では、誰が最もよいと思いますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月05日 22:47
    > mixiユーザー 今現在、名前が挙がっている人達の中で総理に相応しい人物...6名の画像を並べて眺めていましても、誠に残念ながら「いない」のです。個人〃の裏側にある事情などを考えながらでしたら尚の事、「いない」のですよね。皆さん、脛に傷を持つ人達ばかり、清廉潔白を望んでいる訳ではありませんが、皆さん中途半端で帯に短し襷に長し、ですね。
    今回は派閥を考えていると正直な所、頭が混乱して来ます。例えば、河野氏が総理候補に出る事自体、麻生氏は最後まで首を縦に振りませんでした。菅総理が麻生氏に河野氏を二階氏の後に...と挨拶に行った時に麻生氏は怒って菅総理に向かって「お前と一緒に沈められねえだろ」と菅総理を突き放しています。菅総理は「2あ」安倍氏と麻生氏2人から見捨てられたようになり、この事が菅総理が自ら辞任をするに至った原因だと記事にも書かれています。二階氏を煙たがっていた「2あ」安倍氏と麻生氏は菅総理が二階氏を切った事で気を良くしたのも束の間だけで、菅氏は利用された様子です。麻生氏は河野氏が自分が反対をしたにも関わらず総理候補として出ましたので自分は支援はしないが若手の中には票を入れたいと思っている人達がいるであろうから、同じ派閥から2人の候補者に票を入れる事になると思うので派閥割れをするような結果となるだろう。何処の派閥も思いもよらなかった人達が候補として出ているので派閥のみを頼りには出来ないので誰に一番、票が入るか全く分からない状況にある。これらは麻生氏の言葉です。どの候補者を選んでも同時に親同様みたいな長が付いていますし、それを思うとだいたいの政権が目指す方向が見えて来るように思えますので尚の事、より慎重に考えざるを得ませんね。可もなく不可もなく問題も起こさないだろうと、ごくごく無難な線から行くと総理になった途端に自分で挙げていた政策を翻し真反対の行動に出るかも知れない不安を思わせる人物は岸田氏ですね。ポコさんご指摘のように前回とは異なった改憲が第一の政策に挙げられており、それを事もあろうに安倍氏にいの一番に宣言した事が今後は安倍氏に諂いながら、利用されながら行く姿が情けなく思えますし、危険だとも捉えています。安倍氏、麻生氏、二階氏、このトリオから距離を置いている人物となれば限られた人物しか、いない様子ですので、その人物でさえ曰く付きですので今後を任せられるかと問われれば全面的に肯定が出来ない所が非常に辛い所ですね。こうして文字を打っている間にも候補者の顔が浮かんで来ますが、やはり「この人!」と断言出来るような人物は「いません」ね。長々と失礼をお詫び致します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月06日 12:56
    > mixiユーザー 

    総裁選で挙がっている6名の中には、誰もいないというのはよく分かります。
    その答えももちろんアリだと思っています。
    もう絶望的な気分になりますよね。

    私としても、一応は河野太郎氏推しになるとは思いますが、それでも
    今回はまだ河野氏は一歩早かったという感が否めず、全面的に推せるか
    どうか、と言えば今は微妙です。
    正直なところ、たとえば、河野氏と並び、どちらか迷うくらいの候補が
    いればよいのですが、それさえもいない状況にがっかりします。

    そして何より、今回、バックに二階氏、それと安倍氏・麻生氏が
    ベッタリ張り付いているという構図に、本当に嫌気がさします。

    データ改ざん、公文書黒塗り、領収書の破棄といった不正やもみ消しは
    本当にいい加減、ここで終わらせないといけないと思います。

    そのためには、二階氏、安倍・麻生氏が送り出した候補は絶対に
    選ばないことが必要です。

    つまり

    野田氏・石破氏(二階氏の操り人形)
    高市氏(安倍・麻生氏の操り人形)

    この3氏だけは絶対に選んではいけないということです。

    となると、残るは岸田氏と河野氏だけということになります。
    しかし、岸田氏はどうも安倍氏とのつながりが強く、しかも
    既に「憲法改正」に同調する姿勢を見せているので、信用ならないと
    思われます。

    となると、河野氏ということになってしまいます。
    ただ、河野氏はたとえば、コロナ対策をどう考えているのか、
    といった考えを聞かないことには、分からない部分が多いですね。

    とはいえ、河野氏は今、ワクチン担当大臣という窓際のさらに
    窓際のような、責任だけを押し付けられたようなポジションにいて
    正直な考えを発言するのがむずかしい立場にあります。
    ですので、河野氏は言いたいことを発言できないまま、総裁選を
    迎えることになるのではないでしょうか。
    かなり不利ということですね。

    菅総理については、彼のことだから、任期1年で終えるということは
    想定の範囲内だったのではないかと私はみています。
    というか、むしろ続投の考えは薄かったのかなと。
    もともと、菅氏は総理大臣にはなりたくなかった人であり、彼の
    妻も総理大臣になることは反対だったと思います。
    ですので、彼は続投のポーズはみせつつも、内心はこのシナリオは
    想定の範囲内だったと考えられます。

    菅氏と麻生氏とは安倍政権の時から、折り合いが悪かったですね。
    考え方が合わないのと、それ以上に性格が合わないのだと思います。

    麻生氏は菅氏に対して、愛弟子の河野氏を道連れにさせるわけには
    いけない、といった発言をされたということで、一見、麻生氏は
    愛弟子思いの親分、といったイメージですが、実際にはそうでも
    ないと考えています。

    というのは、麻生氏は安倍氏とすっかり仲良しになったからです。
    安倍氏と一緒にアベノミクスをはじめ、憲法改正やら経済のことなど
    この先もやっていきたいと考えているからです。
    つまり、安倍氏と一緒にやっていくのが麻生氏にとって楽しいわけですね。
    一方、愛弟子の河野氏は、どうも考え方が合わないことが分かってきて
    少しずつ距離を置くようになったのではないでしょうか。
    今回の総裁選の件などでも、麻生氏は河野氏を突き放すような言葉を
    連発されていますが、それが真実を物語っています。
    つまり、今の麻生氏は河野氏は愛弟子でもなんでもなく、むしろ
    自分とは考えの違う厄介な存在になつつつあるという感じです。

    ですので、河野氏は本来、後ろ盾となってくれるはずの親分が
    すっかり安倍氏に心酔してしまって、まったく後ろ盾がないという
    状態に陥っているという感じです。
    逆に菅氏が非力ながらも、河野氏を推すようですね。
    変に権力をチラつかせないのであれば、菅氏が河野氏を推すことには
    私は賛成です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月06日 12:57
    > mixiユーザー 

    いずれにしても、今、正直、日本はかなり危険な状況になって
    きていると思われます。
    ほとんどの人は気づいていないようですが、欧米のアジア人への
    憎悪は増しており、この先もさらに増すと予想しています。
    今現在はコロナ発祥の疑いのある中国に対しての憎悪が最も
    大きいと思われますが、欧米からすれば、中国も日本も韓国も
    台湾もあまり変わらないのではないでしょうか。
    それぞれ、どこがどこの国なのか分かっていない、興味もない
    という欧米人も多いだろうと思います。
    とにかくアジア人は駆除しないといけない、という憎悪が増して
    いるのは直感しています。

    実際、今、日本に英米などの海軍が終結しつつあります。
    対中国をにらんだものと思っている人が多いでしょう。
    日本人の多くも、中国や韓国が憎いと思っているので、
    英米の軍事力が日本に集結しているのは、むしろ心強く
    「いいぞ、やれ!やれ!」と思っている人が多いのでは
    ないでしょうか。

    私はあえて言いたいですが、それは非常に愚かだと思います。

    というのは、欧米は東アジアのどこかで戦争が起こって
    くれればいい、と考えている可能性があるからです。
    そのへんで起こる戦争など彼らにとっては、どうでもよく
    むしろ泥沼の血まみれの戦争になってくれれば、彼らの
    経済はよくなって、気分的にもよいガス抜きになるといった
    ところだと思われます。

    今、欧米や日本でも、政治家の連中はワクチンでなんとか
    ごまかしているというのが実情ではないでしょうか。
    おそらくですが、欧米でもやはりワクチンなんて効かない
    じゃないか!ということが明るみになってくるとみています。
    感染者や死者が増えることによって明るみになります。
    そうなった時に、さらに中国、東アジアへの憎悪が
    増していくと思われます。

    そして、実際にもし、中国と台湾もしくは日本で有事と
    なったとします。
    そうなると、間違いなく日本には英米を中心とした軍隊が
    続々と送り込まれ、全国が基地となり、戦場となります。

    つまり、東アジアが欧米によって戦場に使われてしまうわけです。

    無責任に中国なんかやっつけてしまえ、と鼻息荒くしている
    日本人の輩には、そう思うなら、自分が最前線に行く覚悟を
    持ってから言え!と言いたいです。
    もちろん、その場合、格好のよい戦闘機や戦車に乗るのは
    おろか、まともな武器さえも持たせてもらえない、足軽や
    雑兵よりさらに下の自衛隊の下での下働きの戦闘要員でしか
    扱ってもらえない、ということも知っておく必要があります。

    意外と思うかもしれませんが、東アジアで戦場になる
    可能性が最も高いのは日本だとみています。

    というのは、日本は長年、戦争がない上に、徴兵制もないので
    ほとんどの誰もが自分が戦争に駆り出されることはないと
    思っているので、安全なところから身勝手な強気の考えで
    意見するからです。
    「自衛隊がやってくれる!」と思っているわけですよね。
    そのため、日本は東アジアで最も民意が暴走する可能性が
    高いと考えられます。
    (ちなみに徴兵制を推奨しているわけではありません。)

    そのような状況にあり、この先も続きますので、
    有事に冷静に逃げることなく、よくよく考えバランス感覚を
    持って対応できる人材が、総理大臣になる必要があります。

    間違っても安倍氏のようなタイプが総理大臣になっては
    ならないですし、彼が支持する候補(高市氏)なども論外です。

    東アジアでの戦争の可能性の話を含めてnon_miyaさんは、どう思われますか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月06日 22:53
    > mixiユーザー こんばんは。仮にも、台湾問題などで中国が戦争を始めたとすれば、米国が黙ってはいないでしょうから当然、更に戦争になると思うのですが、その際、米国から日本への要求もあるだろうと思っています。日本は攻撃する事は今の所は出来ないでしょうから、物資の輸送だとか、費用の面での負担を強いられる事となるだろうと思っています。日本は悲しい事に米国の飼い犬「ポチ」ですからね。日米地位協定を何とかしなければ永遠に「米国の飼い犬ポチのまま」でしょう。米国の植民地も同然ですねげっそりあせあせ(飛び散る汗)気になっている事は多々、あるのですがこれは陰謀論になるので、どうかとは思うのですが、安倍や麻生などははっきり言えば日本よりも朝鮮の方に資金も提供し、力も入れている状況ですし、更に人口減少を望んでいるので日本の人口を減らす為の策として色々な事を考え出しているのだとの情報を得ています。高齢化、少子化を望み、自分達富裕層だけが生き残る為には、どんな手段も選ばす実行する事のみ、考えているので、あのようなヒットラーを崇拝したり、ナチスの例を挙げたり、軍国主義を今の時代に唱えたり、教科書に教育勅語を入れたがったりして、実は戦争をしたいと思っている人物の集まりが、「美しい国・日本」を目指している「日本会議」だとも言われています。自民党の稲田朋美氏の以前の問題発言としては次の言葉があります。「国民は祖国のために命を捧げろ」「英霊たちの後に続くと靖国に誓え」「安倍首相の言葉は神の言葉のようだ」
    「国民の生活が大事などという政治は間違っている」「子ども手当の予算をすべて防衛費に回せば日本もまともな国になる」これらの言葉をまともだと思い込んでいる事自体、恐ろしいですね。最近の稲田朋美氏は少しだけですが、以前とは変わって来ているようです。夫婦別姓問題会議に出席をしたりして自ら問題提起をしています。この様子を知った自民党内の人達からは距離を置かれているようですが...防衛庁にいた頃には地元福井県の名産網タイツを穿いたり、眼鏡をかけたりしていましたが、最近は網タイツは穿かず、眼鏡だけを使用しているようです。以前より服装のセンスが悪いと評判でしたので気にして変えた様子です。この人も総理候補として挙がっていましたが、今回は名前すら挙がらず、まるで「何もなかった」かの如く静かなものです。今の総理候補者の中に参加をしていれば、面白い事になったかも知れません。どうせ安倍がバックに付いているでしょうが...戦争となればよく分からないのが本音です。勉強不足で申し訳ありません。m(__)m
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月07日 20:04
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。

    そうですね。
    確かに日米地位協定を見直さないことには憲法改正しても
    自衛隊などのことに関してはほとんど意味がないですね。

    安倍氏それを継承する菅氏による外交は危険極まりないと思っています。

    安倍氏は口先だけ恰好いいことばかり言うだけの危険な政治家ですね。
    戦前戦時中の日本に憧れを抱いている感じが、なおらさ危険です。

    稲田朋美氏は安倍氏を女性にしたようなタイプだと思います。
    稲田氏、それに高市早苗氏は安倍氏と一緒に森友問題やその他不正の
    説明責任を果たし続けて去っていただきたいところです。

    しかし、残念ながらどうも高市早苗氏が総裁選では頭一つ抜け出しつつ
    あるような気がします。
    絶対に総理大臣にさせてはならない人ですが、世間は彼女のことを
    しっかりものが言える誠実で強い女性初の総理大臣として期待を
    している流れにある気がします。

    このような雰囲気に飲まれる流れは本当に危険極まりないのですが
    歴史は繰り返すのでしょうか。

    結局、もう一度、〇爆を落とされるまで分からない国民なのかと
    残念な気持ちでいっぱいになります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月07日 22:18
    > mixiユーザー テレビで高市氏は立て板に水の如く持論を話していました。自信あり気に見えるのは安倍が後ろにいるからでしょう。河野太郎氏が少しですが怪しくなって来ましたね。あちらこちらから河野氏の個人的な事で、総理候補に出るにはそぐわない人物だと言い始めた人達が出て来ました。石破氏は撃沈しましたね。もう、今回がダメなら生涯、総理候補として出る事はないでしょうね。周囲がやきもきしていましたが、本人は至って呑気に構えていました。外野の私から見ていても歯痒く思うのですから支援をしている人達でしたら尚更でしょう。岸田氏は可もなく不可もなく、と言うような感じで今の所、支障が出るような邪魔は入って来てはいないですね。高市氏は憎たらしいほど、目立って既に「初の女性総理」は私だ!と勝ち誇ったような態度に見えます。日本が崩壊、壊滅すると言うのに、高市氏を支援している人達は、そんな事には気づいてはいない様子です。高市氏も若い時の写真を公表したりして過去の男性遍歴も暴露しています。自叙伝でも執筆しているのでしょうね。安倍の女性版コピーだと思うと顔を見るのも拒否したい位です。口の悪い人達は高市氏の事を「般若顔」と言っています。議員に成りたての頃は新鮮で目付きも今のような吊り上がった「狐」のような目付きではなかったのですが長年、政治に関わって良くない事もしているようですので、目付きも変わったのでしょうね。年齢を経る度に人生の過ごし方が顔に出て来るものだと思っていますのでそうはなりたくありませんので「反面教師」のように高市氏を見習いたいと思います。いやぁ〜全く決められませんね。野田聖子氏も未だに出て来ていませんし、候補に出るだけの推薦人が20名集まってはいないのでしょうね。二階氏が支援していますのに...派閥関係なしの思いも寄らない人物が出てくればいいですのに、このままグダグダ言いながらの当日とは厳しいですねぇ...げっそりあせあせ(飛び散る汗)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する