ホーム > mixiユーザー(id:67085616) > mixiユーザーの日記一覧 > Snow halation

mixiユーザー(id:67085616)

2020年02月27日21:09

32 view

Snow halation

以前にもこの曲については記述した事があったのですが、こんな寒い季節なのでまた語りたくなったのでFlyHigh。

私がラブライブの楽曲である"Snow halation"について出会ったのはおそらく7年ほど前。それは友達が乗っていた車の中で、その友達がまた別の人から貰ったという自作アニソンベストCDに入っていたのでした。

当時はアニソンについて詳しくなかったのですが、ガールズパンツァーのDreamRiserとか、Airの鳥の唄などさまざまな名曲の中で、その曲は特に気に入ったのです。
ただし友達に曲名を聞いても分からない、何の作品なのかも知らないとの事でした。
でも友達はまた手に入れるからと、そのCDを私に譲ってくれました。
なので私は家にいる時に、名前の分からないその曲をゆっくり聴く事が出来たのです。




ピアノのイントロからしっとりと始まり複数の女の子のユニゾンが美しく、どんどん盛り上がっていく心が躍るような曲でした。
そして最終サビのソロを取るヴォーカルの可愛らしい歌声。
しかし当時の私に最も衝撃を与えたのは歌詞でした。


(以下歌詞全文)


不思議だね いまの気持ち
空から降ってきたみたい
特別な季節の色が ときめきを見せるよ

初めて出会った時から
予感に騒ぐ心のMelody
とめられないとまらない な・ぜ

届けて
切なさには名前をつけようか"Snow halation"
想いが重なるまで待てずに
悔しいけど好きって純情
微熱の中 ためらってもダメだね
飛び込む勇気に賛成 まもなくStart!!

音もなく 気配もなく
静かに運命は変わる
これからの未来に胸の 鼓動が早くなる

例えば困った時には
すぐ駆けつけて抱きしめたくて
どこにいてもどこでも Fly high

急いで
いつの間にか大きくなりすぎた"True emotion"
夢だけみてる様じゃつらいよ
恋人は君って言いたい
優しい目が とまどってるイヤだよ
このまま一気に愛情 あずけてPlease!!

届けて
切なさには名前をつけようか"Snow halation"
想いが重なるまで待てずに
悔しいけど好きって純情
微熱の中 ためらってもダメだね
飛び込む勇気に賛成 まもなくStart!!



『切なさには名前をつけようか』というロマンある提案とか、『すぐ駆けつけて抱きしめたくてどこにいてもどこでも Fly high』というエネルギッシュな行動とか、とても活動的で青春を思わせるようなイメージを出していたのです。
その中でも私が一番気に入ったフレーズは
『飛び込む勇気にサンセット守るのさ!』というフレーズでした・・・。

  そう、聞き間違いです
  × サンセット守るのさ → 〇 賛成 まもなくStart

しかし私はその夕日を守るという訳の分からないシチュエーションを気に入ってしまいました。何か青春ぽいな〜って・・・。

   フォト
     (筆者のイメージ)

そして、相変わらず曲のタイトルが分からなったのです。『切なさには名前をつけようか』の後の聞いたことのない英単語がタイトルっぽい気もするけど分からない。ならば歌詞の一部をコピペして検索してみよう・・・・
『飛び込む勇気にサンセット守るのさ』と検索・・・・





ちょっとだけずれましたが一応これで"Snow halation"にたどり着けました。インターネットって凄いですね♪

スノーハレーションっていうのもロマンティックな言葉だと思いました。さっきまで夕焼けの海を思い浮かべていたのに、美しい雪が落ちる情景にウットリしてしまいました。
そう思うと、歌が終わった後奏のストリングスの音が降り積もる雪のようで素敵なんですよね・・・。

そして、この曲がラブライブの曲という事を知りました。
それから、ラブライブの世界の魅力にどっぷりとはまったのです。

頑張っている彼女たちの歌声を聞くと、どんな事だって出来るって言う気になってきます。
8 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 23:45
    μ'sの代表曲ですわね。A-RISEに勝利したのもうなずける曲ですわ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月28日 09:51
    > mixiユーザー はい!アニメでも良い使われていましたし、イントロの振り付けからして引き込まれます♪ ダイヤちゃんは最初から「賛成、まもなくスタート」って聞き取れました?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

過去の日記

2020年
2019年