mixiユーザー(id:67081405)

2020年06月06日16:07

161 view

一生懸命生きているのを見たら…

わたし肉とか魚が好きだ。
もっともっと食べたいと思う。

でも、その動物や魚が一生懸命生きている姿を見てしまったら、
その動物を殺して食べてしまおう、だなんて思えない。

人間なんて、みんなそんなふうに、中途半端なんだと思う。

わたしこのシカが捕まるの、ニュースで5回くらい見た。
そして、そのあと一時保護施設で横になっているのも何度も見たから、情がうつっちゃった。
「死んでほしくない」って思う。

それって、人間として当たり前の感情だよね。

「無責任だ」とか「じゃあお前が飼え」とか「人の迷惑を考えろ」とか、
そういうふうに言ってる人もいるけどさ。

一生懸命にげて、走って、ジャンプして、
捕まって、取り押さえられて、
そして施設で一人ぼっちで、処分されるのを待っている、
そんなシカの姿を見てしまったら。

「助かってほしい」と思ってしまうのは、
人間として当たり前の気持ちだと思う。


人間ってね、やさしいのよ。


肉をバクバク食って、魚をパクパク食べて、
うんこブリブリしてテレビ見て大笑いして、
蚊やゴキブリをぶっ殺して、
そんな人間はまるで悪魔のようだけれども、
やさしい気持ちも、どこかに持ってるんだよ。みんな。

テレビ越しとはいえ、
一生懸命に生きている何かをみてしまったら。

祈ってしまうでしょ。
そいつの幸運を。

わたしはそこまでやさしくないから、
具体的にはなにもしないんだけど、
それでも祈るだけ、日記を書くだけは、するよ。

情にほだされたバカな人間たちが、
あなたを救ってくれるといいね。

わたしも、あなたがしあわせになれるように、
ちょっとだけ、祈ってるからね。

わたしは祈っている人が好きだし、
シカを助けようとしている人たちが好きです。
そしてそういう人たちを否定している人たちのことが、嫌いです。

人間なんて、つめたくても、やさしくても、
どっちにしても、どうやっても、間違ってしまうものだから。

だったらせめて、やさしくありたい。


■「シカ助けて」「引き取りたい」 足立区に電話殺到
(朝日新聞デジタル - 06月06日 11:44)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6109796
6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 16:43
    溢れるほどの漁の魚や肉を養殖して、わたしたちは憐れみの気持ちもなく毎日お腹いっぱい食べていますからね。其れだけでも「おかげ様です」と手を併せたくなります。
    野にあるものがたまたま街に出てきた姿を見て、食え食えの合唱をしている人たちをみていると不思議になります。肉屋に肉はいくらでもあります。なんでそんなに「食べ」たいのか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 16:51
    > mixiユーザー 
    わたしの知り合いの家族で、うなぎを飼っている人います。
    食べるつもりだったんだけど、食べられなくて、飼うことにしたらしいです。
    わたしそういう人たち、好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 16:55
    > mixiユーザー わかります。「食材」としてだけ見ているなら、「食べよう」という気持ちしか湧きません。でも、矛盾した強欲な人間には、愛着というものもあるんですよね。昔、オットの仕事関係で生きた伊勢海老が送られてきたとき、子どもたちが「かわいそうだから水槽に入れて飼ってあげて」「イセエビの餌って何あげたらいいの」と言われ、困りました。優しい気持ちは大事にしたいんですけどねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 17:19
    > mixiユーザー 
    慣れって本当に怖くて、もしも生き物を殺すことに慣れてしまったら、こんなニュースを見たとしても「助かってほしい」とは思わなくなるでしょうね。
    それはやはり、生き物を食材としてでしか捉えられなくなるからだと思います。

    命を軽く扱うということを繰り返していると、人の心も変わっていくのでしょうね。
    いいことも悪いことも、習慣になってしまうと、なんだか味気なくなるような気がします。

    わたしも子供のころ、おとなりさんからサザエをもらったんですが、
    親の許可を得ずにそのサザエを海に逃がしに行ったりしました。
    だってまだ生きてるし、かわいそうだったんだもん。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2020年
2019年