mixiユーザー(id:67030402)

2020年07月06日22:20

52 view

『5次元領域・要素を示す論法』:|||||

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|令和2年7月6日『5次元領域・要素を示す論法』:kochi-atago
  Written by, Hamada-Toshihiro 「理学士」|(57歳)|(C)|
◇:今「ブリコラ−ジュ的」な「材料」としては「4次元時空の領域・要素」=「e(4D)」と、「5次元領域の要素」=「e(5D)」{記号的な表記}があるときを1つの「設定」として考察の前準備として置く.
◇:それで、この場合では、例えば「カント哲学的」なる「悟性」へと至る方法論を、こうした「記号論法」を用いて記する行為を考えるならば、端的に「ベクトル外積」の「形状」によって捉えると、
   A(x)×B(y)=C(z) より,
   e(4D)×e(5D)=F(5D) −−−−−
としてー阿里茲Δ雰曽に「認識」して捉える事は可能になるかもしれません。
◇:ちなみに、この時のF(5D)をE(5D)と置き換えてみると、次のようです。
  ∴ E(5D)=∫ε光子(think)dε
         =∫εhν(think)dε −−−−−
:ここで⊆阿蓮孱擬仝砧琉茲砲ける(思考するエネルギ−体)」を表している。
{注}:但し、ここに示した論法は、幾分「抽象的」な感があるために、(認識の枠)を「記号論」とおく場合では「成り立つ」でしょうが、実質「物理学的」には「不十分」な感触は残ります。そして「物理学的」な「視座」を投入しても「過不足」がない為には、やはり「量子力学」を用いての(量子遷移現象を示す)「光子の生成・消滅演算子」による解法が、「物理学的」な立場からは要求されることでしょう。


|「Thank you very much.」|||||























2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031