mixiユーザー(id:67030402)

2020年06月17日19:59

39 view

|『「感性」・「直観」・「悟性」・「包摂」等について』:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
|[テーゼ]:『なぜ、感性の対象である直感的なものが、悟性にとって包摂されるのかをカントは問題にした.両者は全く異質なものであるから、感性の対象の悟性による包摂、すなわち、現象へのカテゴリーの適用はどうして可能となっているのか?異質な両者を橋渡ししているものがあるはず?』:これに関して:⇒
|[ans]:今、「感性」と「直感」と「悟性」と「包摂」という犂岨文字”について、私の「理学士」の「視座」から拝見いたしました結論の「返答」を、何かの例えに狃爐─匹泙垢
次の様です.すなわち、
 {犖臉”4という「収束値」へと猜饑檗鼻△垢覆錣繊峙蘓瑤龍妨唾佑愡蠅襦廚箸いΑ級数的な犲束現象”の様に見られます.よって、例えば、
|(例):
  a1x^1+a2x^2+a3x^3+・・・+anx^n+・・・
 =爨薦側叩鼻 Б{収束値}:
:ここでは、犲束値”である「αβγ」=「悟性」に「同値」と見なす事が出来て、途中過程の「級数の加算行為」が「包摂」に狒蠹する”のでしょう.そしてまた、一般に関数「y=F(x)」の形式に「相当」する事象が、置き換えて、準えてみますと、
  y:x=(感性):(直感), つまり,
  y=F(x) より, ∴ 「感性」=F(直感),
という様な「対応関係式」が、妥当性を帯びてくるように考えられる訳ですね.

{「カント」はこの「連続性」を「時間」という猴彖如匹法崔屬い拭廚修Δ任垢、その「結論」は、猜理学”における「超弦理論」と「軌を一にする」様に見られます!}.

|「Thank you very much.」|||||















2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月17日 21:38
    [1部訂正]:(×)・「連続性」:::(〇)・「関数の関連性」,と置き直してお読みください!「I peg your parden?」|||||
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月18日 13:42
    > mixiユーザー カントは経験の可能性の条件を「純粋理性批判」で考えようとし、経験の背後にあり経験を成立させる「物自体」を内からいったん引きはなしたうえで、感性(時間/空間)ー悟性(12のカテゴリー)ー理性(記号操作・論理)と諸機能を明確にしました。数学においては悟性というよりも記号操作のレベルでできることなので、私などは理性ではないのかと考えますが、いかかでしょうか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930