mixiユーザー(id:66952172)

2020年09月29日20:33

97 view

努力のお話

私はこう考えることがある。

努力のお話。


自分と理想とする自分のズレを練習で補うって。

とりあえず、やる。


これはまず、基本。


次に、こういうことができたら良いなって考える。


レベル1のやつがレベル99を見ている感じ。


アホか?お前ごときができる訳ないやん?は?ってツッコミが入り、第一段階の自分は、やっぱりなで、終わらす。


でも!とりあえず、やる!


何が足りていないのかが分からないから、本を漁る。


こういうことができたら良いなと、少し自分を作る。


そして、やる。うまくできない。やり続ける。できない。もう嫌!と言って投げ出すが、また考える。


どんな人でもスタートラインがいっしょ。
だったら、できないのは、自分の怠慢か?

同じ時間生きている人で、できている人がいる。


ああ、あの人にはなれないと考える。だがしかし、同じ時間生きてるのに、なぜ?できない?と考える。


そして、また思う。


私があの人になることはできないが、あの人も私になることができない。


自分が自分自身であることだけが、証明なのだから、逆のことをすれば良いと考える。


やらなかった自分が今までを作った。ならば、やる自分になれば良いと。



成果が出なかったのは、自分を出さなかったから。

それは、嫌なことから逃げたから。


できない自分から逃げたからできなかった。


やってもできないけど、嫌なことから逃げる自分からは逃げなかった。そのことだけはできた。


だから、誰かを傷つけることや誰かに無理強いをすることはしなくて良い。
自分が自分を納得させるための理由を作れば良い。

誰かのせいにしても、変わらない。


なぜなら、変わるということに、怖さを私は持っていた。

これで本当に良いのか?と。


間違っていたら?と。


だから、他人も同じ。なんで、変えられなくちゃいけない?

なんで、強いられなきゃいけない?


なんで、私がやらなきゃいけない?


そう思ってしまうと、人は何かをやろうとは思わない。

させてもらうなんて言葉はない。


私ならやらなくて良いなら避けて通りたい。だけど、それでは、ダメだ。

誰かにやらせている自分が、いるということ。

誰かにやってもらっている自分が、いるということ。


まるで、トイレに行けるのに、おしめをかえましょうと誰かが言っているような気持ちになる。


それは嫌だ。


だから、自分でできるようになりたい。


そして、また訓練する。



絶望からゼロのスタート。


何も知り得ていないところからのスタート。

誰もがそこから始まっていた。

だけど、逃げていたのは、自分。

だから、自分の全部を出すしかない。


できないなんて言わせない。
過去の自分を叱咤激励する未来の自分。


過去できたとしても、今できない。じゃなくて、過去も今も同じようにできる自分を用意する。考え続けなければ、シンクロなんて起きないから。
2 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 21:17
    以前、過去の自分と今の自分が別人のように思えた時期がありました(今でも多少そうかな……)。しかし、それはきっと今の自分が疲れているだけなのだと思いました。過去の自分と断絶したところに今の自分は存在し得ない訳ですし、そもそも人生は前にしか進まないのですから。
    過去にできていて今できなくなってしまったことも勿論あるかと思います。でも、できていた時の感覚は残っているのではないですか。それを失わなければ決してゼロからのスタートにはならないと思います。その差は大きいと思うのです。

    なんかすみません。私のコメント、どれもこれも辛気くさいですね……。
    ミクシィに向いてないかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 21:29
    > mixiユーザー 面白い方ですねー。私の日記にこんなコメントをいただけるなんて。でも、確かに残っているような気はしますが、鈍ってることは確かですね。
    今、吹奏楽で演奏をしても無理ですし、英語を教えるなんてできません。でも、必死で考えると、できやすくはなってる気はします。以前よりは。
    ただ、おそらく、練習するから出やすくなるんでしょう。洗練されたものが。そのように思います。

    それと、いせさんの断絶の話なんですが、私もありますよ!笑
    夢中になると、音消えますから。自分自身の意識すらぶっ飛んでます。それを色々調べたら、憑依体質だって書かれてました。昔、行ってもないのに、友人に昨日、あそこにいなかった?って聞かれて、嫌、昨日そこには行ってないよって答えたこともありますしあせあせあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 21:35
    それはちょっと怖いです……。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月29日 21:38
    > mixiユーザー あ、失礼しました(笑 流してください。でも、あったのは事実なんであせあせあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月30日 05:49
     努力は結果を約束しない。では努力は無駄なのか?否、努力した分だけ確率は動いているのである。そう思うと努力は「わりと」報われる気がします。勿論、努力にも効率ってもんがあって、本人がいくら頑張ってる[つもり]でも確率がちっとも動かない「無駄な努力」も実在するので注意が必要ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月30日 06:57
    > mixiユーザー 納得のいく回答ありがとうございます!その通りです!理想の自分に近づくための努力が必要ってことですね!やり方を間違えれば、努力をやったことにはなりませんから顔(笑)ぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月01日 00:07
    考えながら練習する、いいですね。
    考えずに繰り返してるだけと違い、進むときはグイッと前に進む感じが自分は好きです。

    私論ですが、レベル1でもビギナーズラックはあり得る。でもレベル100ならビギナーズラックと同じ結果を高精度で出せる。要はブレを小さくしていくってのが努力による確実な結果で、そのための自分の身体や頭との都合の付け方を模索していくのが努力だと思ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月01日 04:39
    > mixiユーザー メッセージをくださりありがとうございます顔(笑)
    本当にその通りで、意味のない反復と頭を使って反復するのとでは訳が違います。消耗度も違いますしねあせあせ
    確かにビギナーズラックはあります。
    私の経験上、最初は高いんですよ、その目的における行為が。
    だけど、次第に崩れてくる。どんどん落ちぶれてできなくなるってのが、今までの傾向でしたあせあせあせあせ(飛び散る汗)繰り返せば繰り返すほど、下手になってましたからあせあせお恥ずかしい限りです。こういう流れを汲んでか、人生も同じように、波が激しいですあせあせきっとそれを竜頭蛇尾っていうんだろうなと思ったことがあります。おっと話がズレましたね。話を元に戻して、とんまさんのいうとおり、ブレを小さくして、理想に近づけるって分かります。絵を描いててより深く感じました。模写ほど難しいものはないなとも思いますしねあせあせ同じにするって結構むずかしくて、ほんの一瞬のズレを修正するのが、努力なのかもしれません。身体と頭とのズレがなければ確実な結果が出ますしね顔(笑)とんまさん、確かなコメントありがとうございましたぴかぴか(新しい)手(パー)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年09月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

最近の日記

もっと見る