mixiユーザー(id:66952172)

2020年06月10日22:56

10 view

虎穴に入らずんば虎子を得ず

今日、本当、クイズノックを見ていて、本当に良かったって心の底から思えることがあったので、それをちょっと日記に書き起こそうと思う。

今まで、私は、夏目漱石の坊ちゃんで言うところの坊ちゃんだったように思う。

親譲りの無鉄砲で

(笑

これ、本当、私だなって今考えても思う。

それから、色々あって、世間の冷たい風にさらされながら、今に至るんだけれども、考えるって行為をしばらくやっていたら、どんどん訳が分からなくなっていった。

何が欲しいのかも分からないし、何が必要なのかも分からないくらい神経が衰弱していった。

もちろん、そんな状態で、食べるご飯は、鉛のようなごはんだった。


本当は、おいしいご飯が食べたいのに、なぜか食べられていなかった。


それくらい、真剣で、それくらい、本気だったんだ。


武器は、増えていったはずなのに、まだしっくりこない。


なんだろう、って考えているうちに、時間がすぎる。


焦る気持ち、苛立つ気持ち、持っていたくない気持ちが、全身を覆う。


そして、また一日が終了する。



そういう時に自分が今、一番、欲しい言葉を探す。

無意識に探している。



そして、見付けたときの喜びは本当にひとしおだった。


クイズノックメンバーが、「は」から始まる会いたい人みたいな動画をとっていて、編集長が、「はんちょう」だったかな。

班と超えるだったと思う。


その人をあげていた。

虎穴に入らずんば虎子を得ず


ああ、そうか。私は、虎の子が欲しかったのかってなぜか、腑に落ちたんだ。


そしたら、やる気に満ちてきて、明日どうやって生きようかって考えるようになった。


私がしょうもないと思っていた言葉の中に真実があるとするならば、それを探し求めないと見つかりはしないって。



欲しいと思わなければ、手に入らない。逆に無欲の時は、自然と何かが沸き起こったように、欲しいものが自動的に分かるようになっている。


だから、震える足で、虎の子を取りに行こうと思う。


仲良くしたいんだ。仲良くなりたいんだ。

本当に、それだけなんだ。

それができないなんて、まるで、人の形をしたけだものだろう。

そんなものを相手にするほど、人生に暇な時間などない。

そう今日は思えたんだ。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記