mixiユーザー(id:66952172)

2020年06月10日22:38

11 view

修行って本当に厳しいものなんだと実感する

昨日、あることについて考えていた。

復讐についてのこと。

復讐心って誰にでもあると思う。

こんなシチュエーションを考えてほしい。

自分がほしいものを相手はやすやすと手に入れていて、その手に入れているものをぞんざいに扱っている。


私にとっては宝物でも、相手にとっては、それがあって当然だと主張する。


ムカムカするし、イライラする。

そう、嫉妬心なんだ。


じゃあ、その嫉妬心をあなたは、変えていけますか?って神様は問う。

あなたは、いいえって心では思っているけれど、はいって言う。

そこから嘘が始まったんだ。


頭では、良い子の方が良いって思っている。

でも、心の方は、嫌だ、嫌だと思っている。


笑いたくもないのに、笑う。

そうあのぎこちなさに似ている。


本当は、緊張しているんだ。本当は、固まってしまっているんだ。


そういう心をみんな持っている。


だから、嫌いな人を好きになれっていうのは、本当に厳しいことなんだって実感する。


嫌いなそう、まるで、猛毒を持ったキノコを食べろって言われている気さえする。


食べたくない。まずい。嫌。


そう思うのに、食べろって神様は言う。


食べたくないし、見たくもない。触れたくもないし、考えたくもない。


嫌いな相手っていうのは、本当に、どこかに消えていなくなってほしいって思う。


でも、神様は言う。


みんな本当はいっしょなのに、気付けていないのねって。


そう、私も実は、誰かにとっての毒キノコといっしょで、その人によって合う合わないがある。


自分は好きだけど、相手は好きじゃない。

だったら、他の誰かもあなたのことが嫌いで、あなたのことが好きなのかもしれない。


そう、あるものの正体を見破れば、それがただ事象としてあるだけ。


勝ちも負けも自分自身の中にある。

恐れても良いけれど、怖がっても良いけれど、そういうことがあったこと、忘れないでいてあげてね。

そうすれば、他の誰かの苦しみをほんの少しは、分かってあげられるかもしれないから。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る

過去の日記