ホーム > mixiユーザー(id:66917652) > mixiユーザーの日記一覧 > 加藤諦三の本

mixiユーザー(id:66917652)

2019年09月05日20:18

15 view

加藤諦三の本

加藤諦三の本は、30代の半ばごろによく読んだ。
同じころかな?
田口ランディの本もよく読んだ気がする。

あの頃はかなり倦んでた。

それでも不思議と外に目は向かなかった。
なんでかな。なんでだろうね。
きっと、わたしはずっと夫の愛情を求めていたからなんだろうな。

そのくせ、わたし自身は彼の求めるものを与えられなくて苦しかった。
苦しかったから、与えられない自分じゃなくて彼を憎んでた。
彼を憎んでいたから、とげとげしく当たっていた。
わたしがどれだけ苦しんでいるかわからないの!?
わかるわけがない。
わたし自身を癒すのは、他者ではなく自分なのだ。

今ならわかるけれども、渦中であったころにはわからない。
わからないからこそ、早く別れればよかったんだけどね。


渦中にはわからないことが多すぎる。


しかたない。



加藤諦三の本は、今読み返すと刺さりすぎる。
刺さりすぎて。泣きながら読んだ。
いまのわたしにはもうなにもできないけど

あの頃のわたしに
うずくまって涙すら出なくて
疲弊しすぎて誰かに助けを求めることもできなくて
ただ子どもを必死になって育ててたわたしに


不義理を働かなくて本当によかったと思う。

それだけは、本当によかったと思う。



1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年09月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2019年