ホーム > mixiユーザー(id:66882541) > mixiユーザーの日記一覧 > 母の人生

mixiユーザー(id:66882541)

2019年05月15日06:15

458 view

母の人生

先日
5月12日の日曜日
母の待つ実家へと行ってまいりました。

折りしも…なんて言い方は
あまりに酷いとは思うのですけど

これまで忘れたことのなかった母の日
そんなことさえ置き去りにしていた忙しない日々を悔やみながら…

一輪のカーネーションと、母の好きなお茶菓子を買って出向きました。

週に二日ほど 
体が思うように動かなくなった母の手伝いに訪れる実家
殊更、特別な感情もなかったのですけど
そこは、この日だから…と
気持ちを作りながら、玄関の引き戸を開ける

少し低めの椅子に 小さく腰掛けながら
テレビを観ていた顔をこちらに向けて
何も言わず微笑む母

ああ、今日も来たんだね…くらいに

持ってきたお花を花瓶に生けると
今日の日を思い出したかのように話しかけてくる母

「悠里子、母ちゃんに気ぃ使わなくていいんだよ。」

「ううん…ごめんね、これくらいしか持って来なくって…」

仏壇に飾られた額縁の中の父も
いつもより笑みを浮かべているよう

そうよ、お父さん
あんなにもお母さんに苦労かけたのだから

一緒に「お母さん、ありがとう」って言ってあげてね…



思えば
私が幼き日の我が家は決して裕福とは言えませんでした。

タクシー運転手の父のお給料だけでは
4人の子供を育ててゆくには厳しかったのでしょう。

毎朝、まだ暗いうちに起き出して
家族の朝御飯と父のお弁当の支度を済ませ
まだ陽も昇りきらないうちに
建築現場の労務作業へと出かけていた母

およそ30年近く
そんな暮らしを続けていた無理が積もっていたのでしょう

ここ十数年は下肢の神経痛に悩まされて
歩くこともままならなくなった母

そんな体でも
日に日に認知症の進んでいく父のお世話を
甲斐甲斐しく続けていた母

元々、父には糖尿病の持病もあり
きちんと食事制限も守らなければならなくて…
そのうえとても気難しく、母の作る食事にも
いつもあれこれと難癖をつけては困らせて…
苦労が絶えなかったと思います。

その父が3年前に肺炎を拗らせて急逝したとき
あれほど苦労させられたというのに
亡骸の手を握り締めて
声も出さずに 涙を流していた母


あの日の母の小さな背中と
深い愛の想いを
私は今でも忘れることができません。

「悠里子、あんたも新しい仕事大変でしょ?早く帰って休んだらいいさ」
 
「大丈夫だから…もう少しで夕御飯できるから待ってて」

他愛ない会話でさえ
溢れるほどの愛を感じさせる母の言葉

同居している私の兄は未婚で家事はままならず
妹ふたりは遠くへと嫁いで…
きっと頼れるのは私だけ
それなのに…

「お母さん、御飯できたから…今日は一緒に食べてから帰るね」



家路へ向かう車の中で
私は別れ際の母との会話を思い浮かべていました。

「お母さん、じゃあ今日は帰るね。また近いうちに寄るからね。それから…次の母の日は何か欲しい物があったら教えてね」

「悠里子、母ちゃんはあんたたちが元気だったら何にも要らないんだよ」

こみ上げる感情を悟られまいと
作り笑顔で実家を後にした私

そうなんです
幼い頃からずっと母に言われ続けたことがあるのです。

「悠里子、女はね、愛嬌が一番なんだよ」と
それを真に受けた私は
大人になってからも作り笑顔の癖がなかなか抜けなくて
勤める先々で怪訝そうに見られたものです。

それでも
結婚して何年も経ったある日のこと
主人が私に言ってくれた言葉…

「おまえくらい愛嬌のある女は他には知らんな」と

ああ、母の言い続けていたことは
間違いじゃなかったのだと
その時、深く思ったのです。


暮れてゆく街並みを横目に
車を走らせながら
私は、母の人生を想っていました。

ただひたすら
家族のために
身を粉にして働き続けてきた母

お洒落をしたことも
お化粧をした顔でさえ
私の記憶には無かった…


私が「お母さん」と呼んでも
自分のことを
「母ちゃん」と言う母

きっと母は
母であるためだけに
人生を捧げてきたのです。

そんな母の人生は既に
この暮れゆく空の色と同じ

そういう私でさえ
もう黄昏の入口へ近づいている

あと何度
この日を迎えることができるのでしょう

残された日々を
娘として
出来る限り尽くせたなら…

今はただ
そう思うばかりなのです。








33 37
  • << 前の日記
  • 次の日記 >>

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 07:42
    小生の母は99歳、酷い認知症で要介護5。
    自分の息子も判別出来ません。
    それでも手を握ってやると、しっかり握ってくれて時には笑みも…
    小生が母の手を握ってやる回数と幼い時から母が小生の手を握ってくれた回数は比べものになりません。
    お二人が一日でも長く共にあり、そして健やかでありますようにクローバー
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 08:03
    > mixiユーザー 
    御言葉をお寄せくださって、ありがとうございます。
    お母様、とてもご長寿でいらっしゃるのですね。

    薄れゆく記憶の中でも
    失われることのない絆に
    お母様の深い愛を感じます。

    お二人の今世の絆が
    永く続きますように願っております(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 09:06
    はじめまして。すばらしいブログですね。目には涙です。亡くなった母親の
    顔が浮かびました。ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 09:50
    お袋も酒乱で働かない親父が亡くなった時に取り乱して号泣した時は理解できなかったです。5人も子供が居るのに年に2ヶ月位しか働かなかったからお袋が働いたお金が生活費になって貧乏のしどおしで苦労させられたのに…それなのに号泣って夫婦には人にはわからない夫婦愛があるって知りました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 10:12
    長年ご自分の大切な人々のために頑張ってこられたお母様は、どうしても『来てくれたんだ。すまないね』の気持ちが先に立ってしまうかもですが、ご本人も気づいていない無意識下ではとても嬉しいと思います。

    とても心優しいお母様ですね。
    ただただ平坦ではなく、逆に険しいことが多かったであろうお母様の人生。。
    それが幸せかどうかはお母様ご本人にしか決められないことだけど、その背中を小さい頃から見つめて優しく思いを馳せる悠里さんがいるということは誰の目から見ても幸せだと思います。

    女は愛嬌と言われ育ち、相手のために気持ちに反してついつい笑顔を作ることもあった悠里さんは時には忸怩たる思いをなさったこともあったかと思いますが、旦那様の一言は救われますね。

    派手なものではなく(お母様もそれは望まないような気がします)暖かい幸せを感じられる親孝行が続けられますように。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 11:45
    少し前に99の母を亡くしました…。私が送りたかったのに。
    みていた弟の方の事情があって、会いに行くこともならず、手紙も断られたのです。

    母は、歩けなくなっても頭のクリアな人でしたのに。私を待っていたのに。

    好きなもの一切から遠ざけられて、結局、施設で亡くなりました。
    癌の末期だった弟が最後の親孝行で、母の死を待ってから逝きました。

    悠里さん、・・・通える限り通って下さいね。

    それができる貴女も、貴女に感謝を伝えることができるお母様もサイワイだと思います。

    泣けてきそうです。・・・ありがとう。私の母にしてやりたかったことを。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 20:53
    立派に暮らしてくれてるご本人様他お子様たちが、お母様の頑張ってきた軌跡です。娘と母の立場の私はそう思います。私は距離があるんで自分の母とよく電話でしゃべります。お忙しいでしょうが、お母様との時間を出来るだけ持って下さいね。良いお話をありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 21:27
    突然の足跡でごめんなさい。
    年代がたぶん近いのでしょうか。
    同じような気持ちで暮らしていますので、
    コメントしてしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 21:36
    > mixiユーザー はじめまして(^^)
    お返事が遅くなりましてすみませんあせあせ(飛び散る汗)
    御言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。
    それから
    お辛いことを思い出せてしまいまして
    本当にごめんなさい…
    お母様想いのモンシェールさんの涙に
    天国のお母様も、きっと愛の涙で瞳を潤ませていらっしゃると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 21:48
    > mixiユーザー こんばんは(^^)
    御言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。
    そうですね…
    仰るように、夫婦の間でしか分かり得ないこともあろうかと思います。

    そして私が思いますことは
    それは、お母様の、おんなの性(さが)であるとも思うのです。
    そこには、妻として、母としての性もあります。

    愛する夫が、なんらかの理由でお仕事をしなくなっても
    やはりお母様はお父様のことを愛してらしたのだと思うのです。
    夫の代わりに、私が頑張らなければというお気持ちは、責任感だけではなく
    やはりお父様の存在が、その頑張りの支えになるほどの愛があったからこそだと思うのです。

    お父様がお亡くなりになった時
    きっと、お母様は
    頑張ってきた心の支えを失ったことで
    堰を切ったように涙を流されたのでしょう。

    私も同じ状況なら
    そうなったのではと感じ入りました(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 21:57
    > mixiユーザー こんばんは(^^)
    いつも御言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。

    そうですね
    私が花を生けるまでは
    本人もなんのことだか気づかなかったようです。

    先月85歳になりましたけど
    まだ頭は、はっきりとしているのですけどあせあせ(飛び散る汗)

    もし私が
    これまでの人生について問うても
    きっと母は
    「幸せだったよ」としか言わないと思うのです。

    そんな人なんです。
    たしかに辛いこともあれこれあったとは思いますけど
    とても楽天的な人でして
    過ぎてしまえば…ということなのでしょう。

    私は、そこだけが親譲りなんですけどw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 00:08
    はじめまして
    素敵な・・って言ったら、余りにも軽いかもしれませんが
    読み行ってしまった日記でした
    私の母は84歳で認知症がだいぶ進んできています。要介護2
    口うるさい夫を亡くし、翌年102歳の義母を見取り
    「私はどうしたらいい」が口癖でした

    私は優しい娘になれません
    その「私はどうしたらいい?今から何をしたらいい?」って何度も繰り返される言葉が
    鬱陶しくてしょうがないのです
    替える時に見送ってくれる姿を見ると
    何でもっと優しくしてあげなかったのかなぁ・・っていつも後悔してしまいます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 00:09
    しまった。「替える」ではなく「帰る」です、すみません
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 01:13
    > mixiユーザー 
    お返事が遅くなってしまってすみません…
    お言葉を寄せてくださって、本当にありがとうございます。

    なにか複雑なご事情がおありだったのですね
    弟さまのことも含めて
    お辛いことを思い出させてしまって…申し訳なく思っています。

    悔やまれることが多かろうとは思います。

    けれど、そのお気持ちは
    きっと天国のお母様に伝わっていると思うのです。

    「思い出してあげることが一番の供養になる」ということを
    時々耳にいたしますけど…

    それはきっと
    あおいとっとさまの心の中で
    お母様が永遠に生き続けているということなのではと思うのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 01:27
    > mixiユーザー 

    お返事遅くなってごめんなさい…
    いつも温かいお言葉を本当にありがとうございます。

    お母様…大変なご苦労をなさったことと思います。

    けれどそれは
    同じようにでれくさんも同じ想いをされたということ

    お母様への想いは勿論ありますけど
    そのようなことを全く表すことなく
    いつも優しく爽やかでおられる でれくさんのお心に
    私は涙せずにはいられないのです。

    そうですね…
    私たち世代にとっての母親は
    本当に我慢強い方々ばかりのような気がします。

    忍ぶ忍ばず無縁坂

    この曲の母親のように
    いつも控えめで、陰ながら誰かを支え
    笑顔の裏側に心を隠すかのように耐え忍ぶ

    もしかしたら
    私の作り笑いは
    そんな母からの教えであり
    贈り物なのかもしれません(^^)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 01:34
    > mixiユーザー 

    お返事遅くなってごめんなさい…

    それから
    なにか嫌なことを思い出させてしまったのなら
    本当に申し訳なく思います。

    それなのに
    こうしてお言葉を寄せてくださる一夜さん

    その御心遣いに
    私は涙で応えるほか術もなくて…

    そうですね
    仰せの通りに
    家族の数だけ家庭があるのでしょう

    きっと私は
    恵まれた環境に生れたのだと感じます。

    そのことへの感謝を忘れることなく

    今を生きる

    その想いもたいせつにてゆけたらと思っています(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 01:39
    > mixiユーザー 

    お返事遅くなってしまってごめんなさい…
    お言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。

    そうですね
    私のきょうだい4人のうち3姉妹は結婚して
    それぞれに問題は抱えつつも
    今をしっかりと生きております。

    そのことが母の生きた軌跡であるのなら
    そうですね…
    少しは親孝行になっているのかなと思います(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 01:48
    > mixiユーザー 

    お返事遅くなってしまってごめんなさい…
    お立ち寄りとお言葉をありがとうございます。

    私はこの秋に55歳になります。
    そうですね…この世代なりに感じること…
    いくつか共通項もあるかと思います。

    捨ててしまえば 楽なのかもしれないのに
    なかなか捨てられない
    自分の中の おんなであるとか

    あ、にふけちさんはきっとそうではないですよねあせあせ(飛び散る汗)

    ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 02:15
    > mixiユーザー 
    お返事遅くなってしまってごめんなさい…
    いつもお言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。

    お母様、その後お具合はいかがでしょうか…
    このところ急に気温が上がったりで
    ご高齢の方々には気をつけていただきたいですよねあせあせ(飛び散る汗)

    それでも、いつもお元気なまぶさまのお母様ですから
    きっと大丈夫(^^)
    まだまだお気持ちもお若いのでしょうねぴかぴか(新しい)

    優しく叱ってあげてくださいませねぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 02:31
    > mixiユーザー ご丁寧にありがとうございます。兎に角,母より後に人生を終えたいと思ってます。又、子よりは先に逝きたいとも思ってます。甘やかされて育った私です。悠里さんのようにしっかりしない私は思いも行動も劣ってますが、私の子も親は何時までも生きてる位の感覚です。悠里さんのお母様は真剣に生きて来られたのがよくわかりますし、こんなに思われててお幸せです。ずっと仲良くなさって下さいね。それが一番の親孝行です。お邪魔しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 02:32
    > mixiユーザー はじめまして
    お返事が遅くなってしまってすみません…
    お言葉を寄せてくださってありがとうございます。

    かおりさんのお言葉の
    末尾のお言葉

    その後悔こそ私には かおりさんの優しさのように思えるのです。

    ただ、向き合っているときには
    その想いがなかなか言葉にすることがままならないことって
    きっとあると思うのです。

    私の母は85歳で
    今のところ認知症の気配はありませんけど

    もしも、かおりさんの置かれた状況と同じようになれば
    私も今のような気持ちでいられるか…自信はありません。

    認知症なのだから仕方ない…なんて
    なかなか割り切れないところもあろうかと思います。

    実は、主人の父親が、かおりさんのお母様に近い状況でして
    同じようなことの繰り返しに
    どうしても母へのそれとは違う接し方になることも多々あります。

    これに関しましては
    進行を少しばかり遅らせることが出来ても
    やはり改善はありませんから

    自分の気持ちの切り替えや
    心の保ち方というのでしょうか…

    そのことを考えていく方がいいのかな?と思っています(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 03:08
    > mixiユーザー 
    再びのお言葉、本当にありがとうございます。

    いえ…私なんて日々大なり小なり失敗ばかりでしてあせあせ(飛び散る汗)
    とてもしっかりなんてしてないのですあせあせ(飛び散る汗)

    そうですね…
    あおいさんのお言葉にあった お子様の感覚
    よくわかります。

    3年前に父が亡くなるまでは
    私もそんな感覚だったかもしれません。

    体調を崩して、母に付き添われて病院へ行って
    肺炎と診断されて入院
    そのまま1週間で帰らぬ人となってしまいました。

    持病もあり、認知症も進んでいたのですが
    お気楽にも私は こんなことになるなんて全く思いもしていませんでした。

    それからなんです。
    これまで以上に実家へ足を運ぶようになったのは…

    寡黙で気難しかった父は
    私が家へ寄ったときも殆ど言葉を交わすことはありませんでしたけど
    今となっては
    もっとこちらから話しかけておけば…なんて
    悔やむばかりです。

    そうですね…
    私も持病持ちなので
    あおいさんの仰ること…胸に沁みるものがあります。
    母より先に…それだけは無いようにと…

    この先、実家へ通いつつ
    あおいさんの仰る親孝行
    それを手探りしながら、母と接してまいりたいと思っております(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 03:33
    > mixiユーザー 私は遠方に嫁いだ時に、親の死に目には会えないだろうなと思ってました。父は急性心不全だったんですが、やっぱりそうなりました。初孫を数回見たくらいですが見せる事ができたのは親孝行ですかね。主人の方は両親とも入院数週間だったんで死に目には会えました。舅姑さんにはお陰様で嫁としてのお役目を何とか全うさせて頂き感謝です。私の母には会えなくても、もう腹はくくってます^^;元気に好き勝手言ってる母が大往生さえしてくれたらいいと思ってますが、やはり元気で長生きはして欲しいですね。私も二か月に一度は帰省してます。やはり嬉しいみたいです。主人も良くしてくれます。母への孝行はこれくらいです。弟が同居してくれてるので感謝ですし内孫は大きくなっても可愛いみたいです。いくつになっても健康が大事です。悠里さんもご自愛くださいね。悠里さんのお陰で改めて色々振り返る事が出来ました。長々と失礼しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 03:47
    > mixiユーザー 
    色々とお話くださってありがとうございます。

    そうですね…
    嫁ぐ先が遠方ですと、どうしようもないことありますものね…
    お父様もそのことは覚悟なさっていたのかもしれないですね

    お互いに、嫁として
    そして娘として
    あれこれ役目もあるのでしょうけど

    あおいさんも
    そして私も
    健康第一で元気に過ごせたらいいですね(^^)

    私の拙い日記が
    なにかのきっかけになってもらえるなんて
    嬉しい限りです。

    本当にありがとうございました(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 04:04
    > mixiユーザー こちらこそありがとうございます。実は先ほどプロフィールを拝見しました。再登場なんですね。最近はミクシィも人が減ってしまい、私のミクさんもご無沙汰さんが多くなってしまいました。悠里さんは文章能力が高い方ですね。これからも良い方と繋がってミクシィ楽しんで下さいね。こんな夜中に起きてる私は異常ですが(笑)悠里さんは大丈夫だったんでしょうか?お返事気にかけて無理なさったのでは?異常な私はこれから揚物して主人のお弁当作って休みます。今日は仕事も休みなんでまったりしたいです^^!では失礼します乙女座
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 16:48
    初めまして。
    世代的にグレープの無線坂なのですが、母は偉大です。無償の愛そのもの。
    虐待をする人でなしの親が叫ばれる今日この頃ですが。
    優しい母親の子どもとして生まれ育った事は当たり前のようでいて実は幸運なのだということなのでしょうね。
    俺も母親を泣かせたことが若気の至りでありましたが、母親の涙を見た時にこれじゃいかんと本気で改心しようと誓って、うん十年・・・後どれだけ孝行できるのだろうとふと思うことがある俺です。喫煙( ̄ー ̄)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 18:54
    > mixiユーザー 
    今日は遅くなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
    実はmixi黎明期といいますか、招待制の頃に初めて入会しまして…
    だいぶ後になって再入会したのが4年くらい前…

    その時は酷くつまづいてしまいましてあせあせ(飛び散る汗)

    今回は心に期する再登録なんです(^^)

    あおいさんは永く続けてらっしゃるのですねぴかぴか(新しい)
    今日はゆっくりお休みになられたのでしょうか

    そうですね
    再登録後に感じたことは
    やはり、あおいさんの仰るようなユーザー離れねよるものでしょうか
    少し活気が無いように感じます。

    あと、皆様の投稿が、とても様変わりしたようにも感じます。

    以前は人様の日記を読む楽しみがあったのですけど
    みんなの日記を検索しましても
    なにかしら批判的な内容のものが多いような…

    あ、そう言いながら
    私も批判しちゃってますね(≧∀≦)

    私は遅筆で、言葉の引き出しも乏しくて
    なかなか思うように書けないのですけど

    時々こうして
    皆様の御心に寄り添えるような日記を書いてゆけたら
    そう思っています(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 19:12
    > mixiユーザー はじめまして(^^)
    御言葉を寄せてくださって本当にありがとうございます。

    私もこの秋には55歳になりますので
    世代的にはグレープの方になります(^^)

    今回はオリジナル盤で音質の良い動画が見つからなかったことと
    林部さんバージョンが若干テンポがゆったりしてて、しっとりとした感じでしたので
    こちらを選ばせていただきました。

    そうですね
    私たち世代の親御様達は
    本当に見返りのない愛を子供達に注いでくださったと思います。

    私にも社会人の息子がひとりおりますけれど
    なにかしら
    「もっといろんなこと話してくれないかな」とか
    「もっとにこやかに出来ないのかしら」とか
    そんなことを考えてしまいますあせあせ(飛び散る汗)

    人様に迷惑をかけず、健康でさえいてくれたら
    それでいいのですけど…

    まだまだ親として未熟なのでしょう。

    若気の至り…ですか
    そうですね
    誰しもそのようなことのひとつはあると思うのです。

    リトルさんのように心を改められて
    今、このように想いを馳せる

    とても立派なことだと思います。

    お互いに親孝行の時間は
    残り多くはないのかもしれませんけど

    リトルさんのような想いを胸に刻みながら
    日々を過ごしてまいりたいと思います(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 22:54
    > mixiユーザー まったりゆったりでいいと思います。うちも様々な人がいますが、某メンタルに難ありさんは毎日大量のつぶやきに大きな写メこちらは他の人のつぶやきを見逃してしまって困ってたら急に消えてしまい、又現れてW最初はそういうのがわからなくて戸惑いましたが、今はご自由にって感じです。今はお隠れ状態です^^;でもミク友さんって有り難い存在です。私のようなものでも仲良くしてくれて感謝してます。量より質でと思います。また気が向いたらこちらへもお立ち寄りくださいませむふっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月18日 08:44
    > mixiユーザー 
    大変遅くなりましてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

    先ほど少しだけ覗かせていただきました(^^)

    マイミクさま33名もいらっしゃるのですねあせあせ(飛び散る汗)
    不器用な私では、とても対応できないほどですあせあせ(飛び散る汗)

    きっと、あおいさんなら
    皆様と上手にお付き合いされておられると思います。ぴかぴか(新しい)

    そうですね
    私もマイミクさまには、日々感謝の気持ちでいっぱいです(^^)

    機会がありましたら
    また立ち寄らせていただこうと思っています。

    ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月18日 09:15
    > mixiユーザー 

    いつもお言葉を寄せてくださって
    本当にありがとうございます(^^)

    そうですね

    自分の家庭を持ってしまうと…
    特に子供の小さいうちは
    そのことで精一杯になてしまいますものね…

    私も この歳になってようやく
    親の人生について語り合えるようになりました。

    思えば
    私にとっては親でしかなくても
    その親にも親がいて、子供のころがあって…
    想像もつかないのですけどw

    母も今になって初めて
    そんな幼い頃の話などをするようになったんですよね
    電気も使えなかったような頃のことを
    懐かしげに話すんです。

    そしてこう言うんです
    衣食やその他の物が有り余るほどの今は
    その当時からすれば
    まるで天国か夢のような世界だと

    本当に幸せな世の中だと…

    かといって
    幼い頃が不幸せだったかなんて
    母はそんなことを 一言も言わないのです。

    学校も満足に通えず
    いつも農作業や家事の手伝いばかりで
    そして
    あの戦争まで体験して

    歩んできた過酷さが
    あまりにも違い過ぎるのですよね…

    それなのに
    その全てをひと括りにするかのように

    「母ちゃんはずっと幸せだったよ」と
    そう言うのです。

    たとえば
    もしも私が今日これから
    当時の母と同じ暮らしをしなければならなくなったとしたなら

    私は母のように
    幸せを感じることができるのでしょうか…

    とても自信なんてありません。

    この日記を書きながら
    あれこれと思いを巡らせておりました。

    母の人生って
    一体なんだったのだろう

    母の幸せって
    一体何なのだろうと…

    私ではとても
    答えなど出せませんでした。

    けれど

    たしかなことが ひとつだけ分かったのです。

    母は
    「今を生きるひと」だったのです。

    今、その瞬間を
    懸命に
    ひたすらに
    生きるひとだったのです。

    自分の幸せってなんだろう…なんて
    悠長に考える暇も無かったのでしょう。

    きっと母は

    不幸せになる暇が無かったのだと思います。

    懸命に今を生きて
    ただひたすらに生きて

    そして
    全てから解き放たれようとしている今

    頑張ってきた充足感に包まれながら
    穏やかに過ごしている

    その充足感こそが

    母にとっての幸せではないのかと

    私なりにそう思うのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月18日 15:47
    ご訪問,ありがとうございます。大半は冬眠中のくまさん、放浪中のくまさんですw でもたまに帰還して来るくまさんもいるしでそのままに^^実際は数人とのやり取りですが、それで十分です。その人達とのお付き合いは長いです。ネットならではのお付き合いもいいもんですね。つぶやきには過激な発言もあるかもですが、何時でもお立ち寄りくださいませ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月28日 22:05
    すんません!
    なんやろー涙がでてきたー
    なんなんやろーー!!

    やっぱり、おかんのことになると、涙がでてくる!ほんま、なんもしてない、、、遠く離れたふるさとにおる、おかんになんもしてへんです!

    母の日あったのに、照れくさくて電話もかけれない自分がいてて、、、
    それでも、温かくずーっと見守ってくれる!!
    おらも、心から

    おかん、ありがとう!!
    てなりました!

    そして、この日記が読めたことに、
    ありがとう!!です(^-^)/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月29日 12:56
    ふら〜りと立ち寄っただけですが、こんなにステキな文書に出会えました。

    (o^^o)ゞ 私の母のことが心配になりました。
    今から施設に行ってきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月13日 23:47
    >あおいさん

    大変遅くなってしまってすみませんあせあせ(飛び散る汗)

    このところ体調を崩しがちで
    ログインもままならなかったものであせあせ(飛び散る汗)

    また機会があれば足を運ばせていただきますね(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月13日 23:53
    > mixiユーザー 

    お返事が遅くなって本当にごめんなさい…
    そして、お言葉を寄せてくださってありがとうございます(^^)

    そうですね
    実は私にもひとり息子がおりまして
    もう社会人なんですけど
    滅多なことでは連絡なんてして来ないですw

    それでも
    便りの無いのは良い便り…なんていいますから

    元気で頑張っていると信じていますわーい(嬉しい顔)

    きっとヒゲダンサーさんのお母様も一緒だと思うんです。
    とくに言葉がなくても
     
    とにかく元気でさえいてくれたら

    そう思ってらっしゃるのではないでしょうかぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月13日 23:56
    > mixiユーザー 

    お返事がとても遅くなってしまってごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
    そして
    お言葉を寄せてくださってありがとうございます(^^)

    お母様、施設に入所されているのですね
    ご様子やお具合はいかがでしょうか?

    この日記が
    りんクスさんのなにかのきっかけになってくれて
    心から嬉しく思っていますぴかぴか(新しい)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年05月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る

過去の日記

2019年